04 August 2005

UGSのNXデジタル製品開発ソフトウェア、64ビットの高性能HPワークステーションをサポート

【2005年8月4日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするプロバイダUGSは本日、同社が誇るNXデジタル製品開発ソフトウェアについて、Intel EM64TプロセッサまたはAMD64プロセッサ搭載のHPパーソナル・ワークステーション上でMicrosoft Windows XP Professional x64 Editionのネイティブ・サポートを追加することを発表しました。この高度なサポートの追加により、64ビットのHPワークステーションを現在のシステム環境に導入したときに、既存の32ビット・アプリケーションを引き続き使用しながら、64ビットの新しいNXアプリケーションを利用できようになります。

「UGSとHPは17年以上にわたる密接な協力関係を続けており、高品質・高性能の製品をすばやく顧客に提供して、最高レベルのサポートで顧客を支援することを共通の目標として掲げています。本日発表した64ビットのサポートにより、NXの現在のユーザーは、大型アセンブリの操作、複雑な製品設計、高度なエンジニアリング解析やシミュレーション、多軸加工シミュレーションなど、CPU集約型のさまざまなタスクの実行性能を改善できるようになります。しかも、64ビット対応の新しいワークステーション上で32ビットの既存のオフィス用アプリケーションを使い続けながら、このような性能改善を享受できるのです。」

UGS社
パートナー・プログラム担当バイス・プレジデント
Chris Kelley

強力なサポートでユーザーの成功を約束

過去10年以上にわたり、UNIX上で64ビットのコードを提供し、Windows上で32ビットのコードを提供してきた実績を持つUGSとHPは、ユーザーのニーズにすばやく対応できる有能なサポート・チームを持っています。HPはUGSのユーザーに対して最高水準のサポートを継続的に提供するために、専用の現場サポート・リソースをUGSの設備に配備し、迅速で確実な保証サービスとワークステーション・サポートを提供しています。

「HPはUGSのお客様に対して業界最先端の強力なソリューションを提供し、お客様の製品開発プロセスの効率化を継続的に支援しています。64ビット環境でのUGSのアプリケーションに関して、HPは他のプラットフォーム・ベンダーよりも豊富な10年以上の経験と実績を持っています。HPの豊富な経験や知識と実証済みのワークステーション技術を利用することにより、HPはUGSのお客様に対して64ビット・アプリケーションへのスムーズな移行手段を提供すると同時に、既存の32ビット環境への投資も保護します。」

HP社
ワークステーション・グローバル・ビジネス・ユニット
バイスプレジデント兼グローバル・マーケティング・マネージャ
Jim Zafarana氏

機能上のメリット

Microsoft Windows XP Professional x64 EditionをインストールしたHPパーソナル・ワークステーション上で動作するUGSアプリケーションには、次のようなメリットがあります。

* 次世代のアプリケーションに適した高性能プラットフォーム:64ビットのネイティブ・アプリケーションに必要な次世代の高性能コンピューティングを可能にする強力なプラットフォームが提供され、クロック・サイクルあたりのデータ処理能力が向上するため、次世代のアプリケーションを高速かつ効率的に実行できるようになります。
* 大容量のメモリのサポート:最大16 GBのRAMと16 TBの仮想メモリがサポートされるため、アプリケーション内部で容易に大量のデータセットを操作できます。
* 互換性:64ビットのテクニカル・アプリケーションと32ビットの既存のビジネス・アプリケーションを統合する柔軟なプラットフォームが提供されるため、32ビットのソフトウェアやWindowsテクノロジーに対する既存の投資を犠牲にすることなく、64ビットのコンピューティング環境に容易に移行できます。
* マルチプロセッシング:マルチコア機能とマルチプロセッシング機能をサポートするように設計されており、最高レベルのパフォーマンスとスケーラビリティが実現されます。テスト結果によれば、NXの一部の機能はマルチコア環境で最高50%速く動作することが確認されています。したがって、自動車産業、航空宇宙産業、コンシューマ製品産業などで通常必要となる複雑なアプリケーションで大きなメリットが期待されます。

リリース予定

UGSによるWindows XP Professional x64 Editionのサポートは、2005年第4四半期に米国出荷開始を予定している次回リリースのNXで利用できるようになります。UGSのユーザーは、HPアップグレード・プログラムを通じて64ビットのプラットフォームに移行することができます。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGSおよびNXは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。