07 September 2005

大手PLM業界アナリストCIMdata、UGSをPLM業界リーダーおよびcPDm分野トップ・ベンダーとして評価

【2005年9月7日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするプロバイダUGSは本日、大手PLM業界アナリストのCIMdataが発表した市場分析レポートの中で、UGSをPLM業界のリーダーであり、かつcPDm分野でトップ・ベンダーであると評価したことを発表しました。cPDm(コラボレーティブな製品開発管理)は、PLM業界の中で最も著しい成長が期待されている分野です。

CIMdataの市場分析レポートでは、CIMdataが2005年3月に発表したデータに基づいて、PLM市場の動向を詳しく分析しています。CIMdataのレポートによるPLM市場分析では、2004年のcPDm分野における主要企業として、UGSが第1位にランキングされました。また、同レポートでは、UGSパートナー・プログラムの堅実性と成長性についても強調しています。

「UGSのTeamcenter製品は、PLM市場とcPDm分野におけるUGSの強みを象徴するものです。各ベンダーの直接売上高の違いや市場への総合的な影響(市場でのプレゼンス)を分析すれば、UGSがTeamcenterのcPDmソリューションでその地位を確立したように、強力なパートナー・プログラムを通じて一貫した製品とサービスを拡販していくことの重要性は明白です。有効なパートナー・プログラムを確立、維持していけないベンダーは、将来の市場リーダーになることはできません。PLMテクノロジーのベンダーは、必ずしも排他的な関係である必要はなく、パートナーと常に協力関係を維持し、より完全なソリューションを顧客に提供できるように努力しなければなりません。」

CIMdata社 社長
Ed Miller氏

CIMdataの分析によれば、cPDmはPLM市場で最も著しい成長が期待されている分野であり、今後15%の年間成長率を維持し、2009年には105億ドル超の市場規模に達すると予想されています。一方、PLM市場全体は、CIMdataの予想によると、8%の年間成長率で拡大し、2009年には約250億ドルの市場規模に達します。

「市場アナリストは、PLM市場のcPDm分野におけるUGSのリーダー的地位を再認識しています。CIMdataは、UGSとそのパートナーによる良好な収益がオープンなビジネス戦略の有効性を示唆するものと分析しています。多くの主要なシステム・インテグレータやソフトウェア・ベンダーと戦略的で有利な提携関係を確立できるかどうかが、ビジネスの成功にとって重要な要因です。UGSはパートナーと顧客の成功を約束する義務を担っています。」

UGS社 グローバル・マーケティング担当エグゼクティグ・バイスプレジデント
Dave Shirk

cPDm分野におけるUGSの強み

UGSは設計アイデア管理と包括的な製品ライフサイクル管理との間のギャップを埋める世界初の統合ソリューションとして、Teamcenter 2005をリリースしました。Teamcenter 2005は、設計アイデア管理、要件プランニングを完全なデジタル・ライフサイクル管理プロセス、デジタル製品開発プロセス、およびデジタル製造プロセスに組み込むことにより、コンセプト設計から製品化・発売まで、新製品の設計・開発の全プロセスを強力にサポートします。Teamcenter 2005は、新製品開発と市場投入(NPDI:New Product Development and Introduction)、グローバルな製品開発、法的遵守(コンプライアンス)など、PLM業界の最も重要なビジネス課題に焦点を当てたソリューションであり、インテル、HP、マイクロソフトとの強力な提携関係によってバックアップされています。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Teamcenter、Transforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。