08 September 2005

UGSのNXデジタル製品開発ソフトウェア、新しいマルチコア・プロセッサ技術を利用して最高50%のパフォーマンス向上を実現

【2005年9月8日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするプロバイダUGSは本日、NXデジタル製品開発ソフトウェアについて、IntelおよびAMDの新しいマルチコア・プロセッサ上で動作する特定のタスクで最高50%のパフォーマンス向上を実現したことを発表しました。UGSはIntelおよびAMDとの長期間にわたる密接な提携関係を通じて、UGSのNXソフトウェアは、最新のアーキテクチャを利用してマルチコア技術を即座にサポートできるようになりました。

「UGSのお客様は、NXソフトウェアを利用して、複雑な設計、解析、製造を効率的に遂行・管理することによって、デジタル製品開発技術の限界を押し上げています。新しいマルチコア・プロセッサ技術を出荷当日から即座に完全サポートすることによって、UGSはPLM業界をリードし続け、世界最先端の革新的な製品を開発するために必要なパフォーマンスをすべてのお客様に提供していきます。」

UGS社
PLM製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Chuck Grindstaff

最新のNXアーキテクチャがもたらす直接的なメリット

マルチコア・プロセッサ技術を利用するためには、ソフトウェア・アプリケーション内部で最新の「マルチスレッド」アーキテクチャを採用する必要があります。NXソフトウェアは、UGSの幾何モデリング用マルチスレッド・コンポーネント・ソフトウェアであるParasolidに基づいて構築されているため、新しいマルチコア・プロセッサ技術を即座に利用することができました。社内テストでは、NXの次のような機能について、最高50%のパフォーマンス向上が実証されています。

  • ジオメトリ作成機能(ブール演算など)、複雑なサーフェスのオフセット処理、コンポーネント上でのドラフトやテーパーの作成(キャスティングなど)

  • ジオメトリ解析機能(質量特性計算、ジオメトリ検証など)

  • ビューイング機能(隠れ線の除去など)

マルチコア技術では複数のプロセッサを単一のチップ上に配置するため、シンメトリック・マルチプロセシングの利点を手頃なコストで享受することができます。現在、IntelおよびAMDのマルチコア・プロセッサを搭載したワークステーションが利用可能です。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Tecnomatix、Teamcenter、Solid Edge、NXおよびParasolidは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。