14 September 2005

UGS、CAEに新たな変革をもたらすNX Nastran 4を発表

【2005年9月14日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするプロバイダUGS(本社:米国テキサス州プラノ、会長、社長兼CEO:Tony Affuso、以下UGS)は本日、UGSのCAEソフトウェア・ソリューションの最高峰であり、かつデジタル・シミュレーションの包括的な戦略において重要な地位を占めるNX™ Nastranソフトウェアの最新バージョン(NX Nastran 4)を発表いたしました。NX Nastran 4では、各種の機能強化が図られ、さらに最新の64ビット・コンピューティング技術を導入し、業界をリードするUGSの統合PLMを強化することで大規模モデルに対する性能も大幅に向上します。その結果、製品開発プロセス全体にわたってCAEの価値を最大化します。

「今日の多くの産業において高度な製品開発プロセスを成功させるには、デジタル・シミュレーション技術をどこよりも早くかつ広範に採り入れることが重要です。包括的な製品開発環境に統合されたCAEソフトウェア・ソリューションを利用すれば、こうした目標への到達を妨げる障壁が低くなります。数々の新機能が加わり、NXシリーズに完全統合されているNX Nastran 4は、CAE市場におけるUGSの製品ラインナップ全体の競争力を一段と強化するに違いなく、ユーザーにもたらされるビジネス上の効用はますます大きくなるでしょう。」

Spar Point Research社
マネージング・パートナー
Bruce Jenkins氏

先進的な64ビット・テクノロジーの性能

NX Nastran 4のリリースに伴い、UGSではメモリ管理において大幅な改善を実施しました。64ビット・アーキテクチャが持つメモリの利点を最大限に活用することが可能になり、大容量メモリを搭載したコンピュータを効率的に利用して複雑な製品性能シミュレーションを行うことができます。

NX Nastran 4は、高性能ソリューションにおけるNX Nastranの主導的な地位をベースに開発されています。このリリースでは、その他の先進機能として、クラスタ・ハードウェア・システム上で並列処理が行える高い拡張性とパフォーマンスが挙げられます。最大64台のコンピュータからなる大規模モデルを同時に運用して生産性を飛躍的に向上させることができます。

「CAEの性能の最大化に向けたUGSの試みは、私たちの共通の顧客に対して先進的なプラットフォーム性能とソフトウェア・ツールを提供する点で、Intelの方針に合致するものです。UGSがNX Nastran開発でIntelの64ビットLinuxコンパイラを使用していること、性能強化のためにIntelのマス・カーネル・ライブラリを使用していること、これらは両社が同じ目標を目指していることを裏付けています。Intelは、過去8年間にわたり性能と最適化を向上させるべく、UGSのアプリケーションについて緊密に作業を進めてきました。このたび、64ビットのIntel® Xeon™プラットフォームとIntel® Itanium®プラットフォーム上で優れたNX Nastran 4の性能を実現する一助となれるのは喜ばしいことです。NX Nastran 4の素晴らしい性能は、64ビットXeonプラットフォームへの早期対応によって、また当社の32ノード、64ノードおよび128ノードの64ビットXeonやItanium 2プラットフォーム/クラスタへのリモート・アクセスによって実現したもので、開発、試験、性能の最適化が可能になりました。」

Intel社
HPC/ワークステーション・アプリケーションズ担当ディレクター
Paresh Pattani氏

業界随一の統合PLMを補完する堅牢な機能拡張

NX Nastran 4では、機能強化に向けた最新のハードウェア技術の活用とともに、ソフトウェア面でユーザーのニーズを重視した多くの機能拡張が行われています。ロータ・ダイナミクスアドバンストや非線形機能(陽解法ソルバなど)といった新しい物理現象への対応により、デジタル製品開発におけるCAEの役割を大きく高めています。また、NX、I-deas® NXシリーズ、Femap®などのUGSのデジタル製品開発アプリケーションで構成されるデスクトップ環境への密接な統合が行われている上、UGSのTeamcenter® PLM製品群との連携もさらに強化されています。このようなUGS製品ライン全体の統合性の強化によって、ユーザーはプロセスベースの垂直ソリューションを従来より一層容易に活用でき、CAEによる製品開発サイクルの短縮、コストの削減、利益の増大を実現することが可能になります。

「NX Nastranは解析の性能と拡張性においてさらに大きく前進しました。当社の開発チームは、お客様にとって最重要なソリューションの開発に主力を注いでいます。Nastranを発表してわずか2年間のうちに、私たちはアーキテクチャの基盤を強化し、最先端のマルチCPUハードウェア・プラットフォームの活用を可能にしました。NX Nastranは今や、エンタープライズ向けに最高の価値を提供するだけではなく、他の追従を許さない最速のソリューションになっています。」

UGS社
PLM製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Chuck Grindstaff

顧客志向の機能拡張

UGSは顧客のニーズの声を積極的に集めています。顧客が最も求めている価値の高い機能は何かを見きわめて、優先的に製品に採り入れています。NX Nastran 4では、こうしたお客様の声をもとに、さまざまな機能強化が行われており、その強化点を3つのカテゴリーに分けて以下にご紹介します。

パフォーマンスの向上

  • HDMP(Hierarchical Distributed Memory Parallel)ソルバへの機能拡張:分散並列型のソリューションを改善したことにより、複雑な大規模モデルの処理性能が格段に向上し、動的応答解析がサポートされるようになりました。NX Nastranでは最大64台のコンピュータによる並列処理により非常に大規模な製品性能シミュレーションの解析が可能です。競合他社の各種ソルバと比較して、生産性が大幅に向上します。
  • メモリ管理の改善:NX Nastran 4ではメモリ処理のアーキテクチャが新しくなりました。アクセス可能なRAM容量が100万テラバイト以上と劇的に拡大されました。これで利用できるメモリ量に関しハードウェア・システム以外の要素で制限されることはなくなりました。大規模解析における総合的なパフォーマンスが大幅に向上し、これまで実行不可能であった大規模モデルの解析が可能になります。
  • ランチョス法固有値解析ソルバのパフォーマンスの向上:標準のランチョス法固有値解析ソルバを改善したことにより、シェル要素の割合が大きい大規模モデルの解析時間を15~25%短縮できます。
  • NX Nastranでは、対応可能なすべてのプラットフォーム上でHP-MPIテクノロジーを活用し、スケーラブルなパフォーマンス、堅牢性、プラットフォームの柔軟性を向上させています。

分野別の拡張機能

  • 高度な非線形ソルバの機能拡張:超弾性材料モデルの追加、解析アルゴリズムの改善、非線形要素モデルの拡大などの追加機能により、シミュレーションの適用範囲がさらに拡大されました。
  • 陽解法非線形解析ソルバ:高速衝撃現象のシミュレーションや板成形解析が効率的に行える新しいソルバ機能が追加されました。
  • ロータ・ダイナミクス:回転系が不安定な危険動作速度で動作しないように、エンジニアの設計開発を支援する新しい動解析能です。
  • 線形接触:従来の線形解析を用いるシミュレーションにおいて、サーフェス間接触の解析を高速かつ効率的に実施する新しい機能です。
  • 曲線ビーム要素機能の強化:フランジ管やマイター管の設計に対する最新のASMEボイラ・コードおよび圧力容器コードに対応しています。ASMEのガイドラインは原子力、発電、化学などの業界で広く用いられています。
  • モーダルエネルギー法:新しいモーダルエネルギー出力機能により、エンジニアはシステムの動的挙動をより明確に把握できます。
「モーダルエネルギー法の採用は、NX Nastran 4の最も注目すべき特徴のひとつです。これまでのNX Nastranの充実した解析ツールに、今回さらにモーダルエネルギー法が追加されたことは、UGSがお客様のニーズに敏感であることの証明です。」

Daimler Chrysler社
Manfred Wamsler氏

プロセスの改善

  • 強制運動機能の改善:動的制運動シミュレーション機能の拡張により、精度が向上します。
  • 複合材料の温度依存性モデリング:複合材料構造におけるより正確な熱応力解析サポートする最新の機能です。
NX Nastran 4は上記のような各種機能の強化に加え、UGSが提供するPLM製品全体における緊密な統合化への動きをさらに推し進め、UGSのすべてのアプリケーションに対応する標準ソルバとして、市場競争力をさらに強化するソリューションになっています。

NX Nastranは、UGSのデジタル・シミュレーション戦略において重要な役割を担うものであり、ユーザーは自らのベスト・プラクティスを実践し、設計におけるデジタル・シミュレーションの価値を高めることができます。NX Nastran 4は、UGSの総合デジタル製品開発ソフトウェア・ソリューションであるNX 4と同時発表されました。NX 4の発表内容については、別のプレス・リリースを参照してください。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Tecnomatix、Teamcenter、Solid Edge、NXおよびParasolidは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。NASTRANはNASAの登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。