28 September 2005

UGS、製品ライフサイクル管理(PLM)のリーダーとしての地位をミッドマーケットにも拡張

【2005年9月28日 米国オハイオ州CINCINNATI発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするプロバイダUGS(本社:米国テキサス州プラノ、会長、社長兼CEO:Tony Affuso、以下UGS)は本日、高成長を続けるミッドマーケットをサポートする斬新で革新的な戦略を発表しました。この戦略の主な目的は、エンタープライズ・レベルのPLMテクノロジーを、導入しやすいパッケージ製品として中規模製造企業に提供することです。UGSのこの新しい戦略では、広範なITサポートが不要な方法で革新的なPLMテクノロジーを導入することによって、中規模製造企業の設計/製造プロセスを変革し、総所有コスト(TCO)の低減を図ります。

この新しい戦略は、本日から金曜日まで開催されている2005 Solid Edge User Summit and Executive Symposiumで発表されました。Solid Edge®デジタル製品開発ソフトウェアは、中規模製造企業市場向けの新しい製品ポートフォリオです。

UGSの中規模製造企業市場戦略は、次の2つの主要コンポーネントによってサポートされます。

  • 新しい製品ポートフォリオ:UGS Velocity Series™製品。UGS Velocity Seriesは、業界で高く評価されているデジタル製品開発ソリューションと、Teamcenter®製品ラインに見られる比類ないテクノロジーとが融合した、中堅企業向けの初めてのソフトウェア・ソリューションです。簡単な導入・運用と使い勝手を目指して開発されたUGS Velocity Seriesは、UGSの新しいグローバル・チャネル・プログラムを通じて販売・サポートされます。(グローバル・チャネル・プログラムは、広範な代理店・パートナーと卓越した販売促進体制によって営業力を強化する戦略です(詳細は、本日付けの別のプレスリリースを参照してください)。
  • 新しいグローバル・チャネル・プログラム:このプログラムは、新規および既存のパートナーに対してエンタープライズ・レベルのPLMテクノロジーを中規模製造企業に導入することを主な目的としています。UGSはこの新しいグローバル・チャネル・プログラムを活用して、世界中の既存のパートナー網を拡大し、最終的には2006年末までにパートナー数を50%増加させる予定です(詳細は本日付けの別のプレスリリースを参照してください)。

「UGSはPLM業界のリーダーであるため、競合他社が太刀打ちできないレベルのテクノロジーとサポートで中規模製造企業のニーズに応えることができます。UGSは既にデジタル製品開発ソフトウェア NX™およびSolid Edge®の数多くの導入実績を通じて中規模製造企業市場での実質的な地位を確立していますが、今回の新戦略は早期導入、効率的な配備、総所有コストの低減に重点を置いた世界クラスのPLMソリューションを通じてUGSのリーダーシップをさらに拡大するものです。中規模製造企業はエンタープライズ・レベルのPLMソリューションを利用して設計/製造プロセスを変革し、豊富なリソースを自由に操る大企業と同レベルで効率的に競争することができます。」

UGS社
会長、社長兼CEO
Tony Affuso

中規模製造企業市場の成長の原動力

大規模製造企業と同様に、中規模製造企業も世界的なアウトソーシング、製品のカスタマイズ、正確で迅速な見積り、プログラム管理、設計プロセスと製造プロセスの統合、法律や規制への対応などの問題に直面していることをUGSは認識しています。中規模製造企業は従来、スタンドアロン型の設計/製造/データ管理ソリューションに重点を置いていましたが、今日では統合化された単一のPLMパッケージ製品を求めています。

また、UGSは、中規模製造企業が大量の3Dデータ処理に直面しているものの、問題に対処するには十分なリソースを持っていないことも認識しています。例えば、ほとんどの中規模企業は、ITスタッフの人数が少ない、プロセスがほとんど文書化されていない、トレーニングのためのリソースが不足しているなどの問題を抱えています。UGS Velocity Seriesがリリースされるまで、これらの中規模製造企業は、別々のベンダーによる孤立したソリューションを使用してこれらの問題に対処するしか手段がなく、拡張性もサポートされませんでした。

AMR Researchの調査によれば、中規模製造企業はPLM業界で最も急成長しているセグメントであり、年率12%の成長率を示しています。また、AMR Researchは、cPDM(コラボレーティブな製品データ管理)など、CAD以外のPLM分野への投資が中規模製造企業市場の成長の主要な原動力となると予想しています。

「中規模製造企業におけるテクノロジーへの投資は今後3~5年間にわたって堅実な成長を維持し、いくつかのセグメントは2桁の成長率を示すであろうと、AMR Researchは予想しています。中規模製造企業は引き続きイノベーションに力を注いでいくでしょう。ほとんどの中規模企業は大企業と同様の課題に直面しています。革新的な企業におけるテクノロジー戦略と投資は、堅実なビジネス戦略、および継続的なイノベーション文化をサポートするものでなければなりません。中規模製造企業は、導入が簡単かつ迅速で、強力なテクノロジーに安全にアクセスできる手段への投資を模索しています。」

AMR Research社
バイス・プレジデント
David O'Brien氏

AMR Researchのレポートによれば、中規模製造企業(AMRの定義では、年間売上高が3,000万ドル~9億9,900万ドルである企業)は、CAD/PLM業界で最も急成長のセグメントであり、市場全体の平均である9%よりかなり高い年率12%の成長率を示しています。

このデータに基づき、UGSは中規模製造企業(年間売上高が7億5,000万ドル以下)市場の規模が2004年の38億ドルから2009年には64億ドルに拡大すると予想しています。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Teamcenter、NX、Solid Edge、Velocity Series、Transforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。