本文へ移動

29 September 2005

UGS、世界で最も汎用性の高いPCベースのCAEアプリケーションFemapの最新バージョン9.1を発表

【2005年9月29日 米国オハイオ州CINCINNATI発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアと関連サービスにおいて世界をリードするプロバイダUGS(本社:米国テキサス州プラノ、会長、社長兼CEO:Tony Affuso、以下UGS)は本日、Femap®バージョン9.1のリリースを発表しました。Femapはプリ処理およびポスト処理対応の強力な有限要素解析(FEA)モデリング・アプリケーションであり、UGSが昨日発表したUGS Velocity Seriesの重要なコンポーネントとして機能します。

UGSは、2005 Solid Edge User Summit and Executive Symposiumでこの発表を行いました。

Femapは、UGSの中規模製造企業向けのUGS Velocity Series製品ポートフォリオに含まれている有限要素解析(FEA: Finite Element Analysis)のコンポーネントです。UGS Velocity Seriesは、デジタル製品設計機能、解析機能、データ管理ソフトウェアを融合したPLM業界初の総合的なソリューション・パッケージです。

「Femapの主要な目的は解析プロセスと設計プロセスを密接に関連付けることです。Femapでは、解析の整合性を維持しながら、解析の専門家はもちろん、解析専門ではないユーザーでも有限要素解析(FEA)モデリング機能を簡単に使用することができます。FemapにはWindowsベースの新しいユーザー・インターフェイスが用意されていること、新たに開発されたFemap ExpressがSolid Edgeバージョン18に組み込まれて高速で正確な解析が可能になること、UGSがCAEアプリケーションに新たな重点を置いていること、UGSが新しいグローバル・チャネル・プログラムを開始することなどの理由から、Femapは今後数年間で爆発的に普及することが予想されます。」

UGS社
Femapマーケティング担当マネージャ
Alastair Robertson

Femap バージョン9.1には詳細な有限要素解析(FEA)モデリング機能があり、Windowsネイティブ環境で高度な解析ソリューションを利用することができます。Femapのユーザー・インターフェイスは、最新版のWindowsのルック&フィールに合わせて更新されるため、使い勝手と生産性がさらに高まります。Femapは業界最先端のソルバ技術であるNastranと高度に統合されているため、広範で包括的なCAEソリューションになっています。

Femap バージョン9.1には様々な新機能や機能強化が加えられていますが、特に下記の強力なカスタマイズ機能と自動化ツールが搭載されています。

  • Solid Edge V18と密接に連携したインターフェイスを使用して、解析の準備段階におけるジオメトリの効率的な転送、設計プロセスと解析プロセス間でのデータの整合性の維持を実現できます。
  • CATIAのユーザーには、新しいCATIA V5のダイレクト・トランスレータによってジオメトリ転送機能が強化されています。Femapには既にCATIA V4、Pro/Engineer、SolidWorks、任意のParasolidジオメトリまたはACISジオメトリ、およびSTEPとIGESのための変換機能が組み込まれていますが、この新しいトランスレータ・モジュールによって他のCADデータとの統合機能がさらに充実します。
  • Femapに完全に組み込まれたBASIC開発環境では、FemapのOLE/COM APIの他に、他のOLE/COM互換アプリケーションに直接アクセスすることが可能です。
  • 独自のアクセス・ウィンドウを備えた新しいマクロ型プログラム・ファイル環境では、記録機能、編集機能、再生機能を使用して反復的な作業を自動化することができます。
  • NX Nastranとの統合が強化され、線形サーフェス間接触機能が新たに追加されました。
  • 臨界境界領域周囲のメッシュ品質が向上し、四角形要素のメッシュ・オプションがストレス・レイザーに追加されました。
  • JTファイルを直接出力する新しいオプションが追加され、解析結果のビジュアライゼーション機能とコラボレーション機能が強化されました。
  • Nastranでスポット溶接要素がサポートされるようになり、板金部品ファスナーのモデリングが容易になりました。

Femapバージョン9.1の最初の米国出荷は、2005年第4四半期を予定しています。詳細については、こちらをご覧ください。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGSおよびNXは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。

Have Questions?