本文へ移動

02 December 2005

Aerotech、航空エンジンや産業用ガスタービンのコンポーネント生産計画にUGSのSolid Edgeを標準システムとして採用

【2005年12月2日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、航空エンジンおよび産業用ガスタービン向けの複雑かつ高応力なコンポーネントの製造企業である、DROSTEN-Group傘下のAerotech Peissenbergが、業界をリードするUGSのメインストリームPLM市場向けバリューベースの3次元CADシステム、Solid Edgeソフトウェアを標準システムとして採用したことを発表しました。Aerotech Peissenbergは、顧客が設計した3Dモデルをベースに、タービン・ディスクやローテーティング・エアシール、スタティック・エアシール、ケーシング、シャフト、ハブなどの製品計画にSolid Edgeを使用します。

Aerotech Peissenbergは、Solid EdgeとSolidWorksを広範囲に比較検討した結果、ツールや取り付け具の設計を含めたすべての新規生産計画にSolid Edgeの採用を決定し、16ライセンスを取得しました。採用の決め手となったのは、高度な自動化、ラピッド・プロトタイピング、コンカレント・エンジニアリングなどによってワークフローを加速化するSolid Edgeの性能でした。Aerotech Peissenbergは、非常に耐熱性の高いニッケル合金やチタンを原料として、複雑なジオメトリを持つタービンやコンプレッサ・コンポーネントを製造しています。製品はすべて異なり、ミスの許されない特性をもつ製品ばかりであるため、日々の設計作業には困難が伴います。しかし、Solid Edgeの優れたコア・モデリングおよびプロセス・ワークフローを利用することによって、Aerotech Peissenbergは、特殊かつグレードの高いコンポーネントを顧客に提供することができるようになります。

「Aerotech PeissenbergがSolid Edgeを標準システムとして採用決定したことを嬉しく思います。3D CAD市場において卓越した実績を持つSolid Edgeは、企業が設計サイクルを通じてイノベーションを推進できるよう、精密かつ迅速に作業を行うために必要な技術をお客様に提供し続けています。」

UGS社
ドイツ・Solid Edge担当ビジネスユニット・マネジャー
Berthold Miekautsch

Solid Edgeは、UGS Velocity SeriesのCADコンポーネントです。UGS Velocity Seriesは、PLMミッドマーケット向けに、製品のデジタル設計、解析、データ管理ソフトウェアがあらかじめ構成された業界初の総合的な製品ポートフォリオです。

Aerotech Peissenbergは、UGSのグローバル・テクニカル・アシスタンス・センターとドイツのUGS認定代理店ISAP AG ( www.isap.de)の両社からサポートを受けています。

Aerotech Peissenbergの詳細については、同社のウェブサイト( www.aerotech.de)をご覧ください。

Solid Edgeについて

高性能な3次元CADソフトウェアであるUGSのSolid Edge(http://www.ugs.jp/product/solid-edge)によって、製造企業はDesign with Insight(先を見通した設計)をベースに、高い収益性を重視しながらコスト削減を行うことによって競争優位性を確保することができます。CADシステムに設計管理機能を直接組み込んだSolid Edge Insight技術により、設計意図を組織全体で共有させ、連携を高めることができます。Solid Edgeの卓越した基本モデリングやプロセス・ワークフローとともに、このInsightによって、ますます複雑化する製品の設計を容易にし、日々変化する市場ニーズに応えることができます。アルコア、日本電気エンジニアリング、ボルボ等、世界で何千もの企業にSolid Edgeは使用されています。また、Solid Edgeボイジャ・プログラムには200種類の統合されたエンジニアリング・ソフトウェアや、コンピュータ・ハードウェア・ソリューションが含まれています。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Solid Edge、およびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。SolidWorksは、SolidWorks Corporationの商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。

ご質問はありますか?