10 February 2006

Lockheed Martin Aeronautics社、F-35統合攻撃戦闘機計画(JSF)にUGSのTeamcenter 2005 PLMソフトウェアを展開

【2006年2月10日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、Lockheed Martin Aeronautics社が、同社の多国籍共同プログラムであるF-35統合攻撃戦闘機計画(JSFプログラム)全体の全製品データ管理を行うソフトウェアとして、世界で最も広く利用されているPLMソフトウェア製品ポートフォリオであるUGSのTeamcenter 2005を導入することを発表いたしました。

軍需関連で世界のトップをいくLockheed Martin社は、同社がこれまでに米国防総省から委託を受けてきた中でも最大規模であるJSFプログラムにおいて、Teamcenterを過去8年以上にわたり、重要なデジタル・バックボーンとして活用してきました。Lockheed Martin社は、世界をリードする航空宇宙・軍需関連企業各社からなるこのグローバルなプログラムにおいて中心的な役割を果たしています。このたび、同社が保有する7,000のTeamcenterライセンスのすべてを、UGSが昨年6月にリリースした最新バージョンのTeamcenter 2005へ移行する計画を立てています。Teamcenterは、世界130以上の拠点で、5,000人以上のJSFパートナー・ユーザと1,500人以上のサプライヤ・ユーザに使用されています。

JSFプログラムは、主要な製造業パートナー3社と、30ヵ国1,000社を超えるサプライヤからなるグローバルなコラボレーション・ネットワークで構成されており、Teamcenterはこのプログラム全体の円滑な連携を支えています。このコラボレーションを通じて、少なくとも3モデル、合計5,000機の航空機の設計・製造が行われています。これらすべてのモデルおよびシリアル番号の航空機を完璧に定義する過程では、実に総量20テラバイトを超える膨大なデータが生成されると予想され、Teamcenterはこれらすべてのデータを管理します。

Teamcenterが支援するLockheed Martin社のネットワークでは、JSFプログラムのパートナー企業間とサイクルタイムの短縮に関する目標を設定するこが可能になりました。すなわち、F-35の製品設計で35%、製造で67%短縮し、交換部品点数を50%、ツーリング点数を90%削減するというものです。Teamcenterはまた、JSFプログラムにおいて製品データと構成情報の管理のほか、製品ビジュアライゼーション、そしてITAR(International Traffic in Arms Regulations:武器輸出規制)完全対応のグローバルなリアルタイム・コラボレーションまでを一手にこなす唯一のツールになっています。

優れた機能、抜群のスケーラビリティ、ユニークなオープン・アーキテクチャ

Lockheed Martin社は1997年に、F-35の広範で複雑な開発業務を処理できる最高のソリューションという観点から、Teamcenterを選択しました。Teamcenterはその後も機能、スケーラビリティ、オープンなアーキテクチャ、そして実績の各面において進歩を続け、現在はデータ管理の中枢として、多種多様な製品データの管理・編成と安全な配布を保証する責任を担っています。扱われるデータには、多数の部品表や部品カタログ、材料仕様書などのほか、複数のCADシステムが作成した詳細な製品ジオメトリに至るまでの多種多様な製品データが含まれています。Lockheed Martin社はこのような機能のいっさいをTeamcenterに委ねており、ITARをはじめとする国内規制と国際規制の完全遵守を達成するためにもTeamcenterを活用しています。

「F-35のような壮大で重要なプログラムにおいて中核的な役割を果たせることは、UGSにとって光栄なことです。世界で最も大規模かつ複合的なPLMシステムの導入を進めている数多くの企業が、イノベーションのプロセスの管理にTeamcenterを採用していています。Lockheed Martin社が率いる優れた多国籍チームの成功は、この傾向を説明してくれる数多い事例の1つです。」

UGS社
会長、社長兼CEO
Tony Affuso

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Teamcenter、およびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。