本文へ移動

20 February 2006

UGS、Teamcenter for Simulationを発表、解析分野特有のニーズに対応する世界初のエンド・トゥー・エンド(PLMの全てのプロセスを包括)のシミュレーション・データ管理環境を実現

【2006年2月20日 米国マサチューセッツ州DARATECH SUMMIT 2006発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、解析分野に向け、製品ライフサイクル全体にわたる解析データ管理の価値をさらに高めるTeamcenter® for Simulationソフトウェアを発表しました。TeamcenterはUGSのデジタル・ライフサイクル管理ソリューションで、世界で最も広く利用されているPLMポートフォリオであり、IndustryWeek誌の2005年「Technology of the Year」賞を受賞しています。

この発表は、UGSの会長、社長兼CEOであるTony Affusoが「Daratech Summit 2006」の基調講演で発表するUGSのライフサイクル・シミュレーション戦略の重要な柱となっています(詳細については、別に発表されるプレスリリースをご覧ください)。

「世界で最も広く利用されているPLMポートフォリオを持つ当社は、製品ライフサイクル全体にわたるシミュレーション・データ、プロセス、そしてワークフローの管理ソリューションを提供する最高のポジションを得ています。当社は、この新たな戦略を通して、ライフサイクルの中でこれまでシミュレーション技術が利用されていなかった部分にもシミュレーション技術を取り入れ、必要不可欠なプロセスとワークフローの管理機能に加えて、ベスト・プラクティスのフレームワークを提供することにより、お客様の主要な解析ニーズに対応していきます。当社のオープン戦略は今後も、UGSを他社と差別化する鍵となります。当社のお客様は、このオープンな技術を通して提供される広範かつ大規模なデータ管理フレームワークを必要としています。」

UGS社
会長、社長兼CEO
Tony Affuso

市場ニーズへの対応

Teamcenter for Simulationは、小規模な解析チームを擁する製造業者はもちろんのこと、自動車、航空、防衛関連企業などのニーズにも対応します。Teamcenterのポートフォリオが有するパワーと柔軟性を活かしたこの製品は、エンド・トゥー・エンドの解析データ管理へのニーズに対応する唯一のソリューションで、下記のような機能や特徴を活用することで、CAEプロセスを管理し、改善することができます。

  • ベスト・プラクティスの自動化
  • 解析するコンポーネントとサブシステムの定義
  • データ再利用の有効化
  • 設計の検証と正確な解析手順の確認
  • パフォーマンス情報へのアクセス性の向上

ライフサイクル・シミュレーションのためのユニークなビジュアル環境

Teamcenter for Simulationは、ライフサイクル・シミュレーションのためのユニークなビジュアル環境を提供します。TeamcenterはUGSのNXデジタル製品開発環境とも統合されるため、ユーザーは、NX Simulation Process Studioのビジュアル化されたワークフロー定義を利用してベスト・プラクティスを迅速に定義し、体系化することができます。これにより、より多くの設計をより短時間で検証できるようになります。NX Simulation Process Studioを利用した設計者のための新しい解析ウィザードは、第2四半期中にNXと併せて提供される予定です。

広範かつ大規模なソリューション

CAE業界のニッチ・プレイヤーとは違い、UGSは、広範なデータ管理システムの強みを生かして解析データ管理に対するニーズに対応します。Teamcenter for Simulationは、複数のデータベースで膨大な量のデータを管理することができ、解析コミュニティの複雑なニーズに応えます。その一例として、UGSは先ごろ、共有メモリの並列パラダイムで8つのプロセッサを利用し、4.2テラバイトの入出力を処理する2億自由度モデル(MDOF)の解析に成功し、高性能コンピューティングの新たな標準を打ち立てました(詳細については、別に発表されるプレスリリースをご覧ください)。

詳細については、ウェブサイト http://www.ugs.jp/product/nx/cae.htmlをご覧ください。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、NX、 TeamcenterおよびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。SolidWorksは米国およびその他の国におけるSolidWorks Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。Autodesk Inventorは米国およびその他の国におけるAutodesk Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。