27 March 2006

UGS、Tecnomatix 7.6を発表、製造エンジニアリングの生産性を大幅向上、ワークフロー・サポートで業界をリード

【2006年3月27日 米国テキサス州PLANO発 日本語抄訳】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、総合的なデジタル・マニュファクチャリング・ソフトウェア・ポートフォリオの最新版、「TecnomatixO バージョン 7.6」の発売を発表しました。Tecnomatix 7.6は、多くの製造企業にとって一般的な、共通ワークフローと工程の定義と最適化を促進し、同時に、時間のかかる作業を自動化する新しい機能を搭載しており、工程の設計と検証における生産性向上を支援します。Tecnomatix 7.6は使い勝手もさらに向上しています。

UGSはまた本日、別のプレスリリースにおいて、TecnomatixのTeamcenter( PLMソフトウェア・ポートフォリオ)との統合を強化し、UGSのPLM Openビジネス・モデルとの整合性をより密にすることで、世界の製造業界に向け、デジタル・マニュファクチャリングのPLMへの影響力を強め、また、製品設計と工程設計の間のギャップを埋める大幅な進歩を遂げたと発表しました。

「製造業の経営幹部の大半の方々は常に、製品の迅速な市場投入をビジネス課題の上位にランク付けしています。UGSは、製造業のワークフローをTecnomatixデジタル・マニュファクチャリング・ポートフォリオでサポートすることにより、生産エンジニアの『実務』についてバーチャルなシナリオを作り、生産開始の加速化と市場投入期間の短縮という製造業にとっての重大なビジネス目標の達成を支援しています。」

IDC社
PLMソリューション分析担当ディレクタ
Gisela Wilson

業界をリードするワークフロー・サポートにより生産時間を短縮

Tecnomatix 7.6でのワークフロー・サポートの強化目的は、一貫性ある、明確でエラーのない生産工程を定義し、効率向上に向けて生産工程を最適化することです。業界をリードする本機能には、種々の共通するワークフローと工程のサポートが含まれています。

  • 新しいRobotic Process Simulationを活用することにより、ホワイト・ボディ組立工程において複雑なロボット工程の正確なシミュレーションと検証を実行し、正確なサイクルタイムを把握、バーチャルな工程検証の質を向上させることが可能です。
  • 新しい見積りツールは、ベスト・プラクティスの工程を再利用して、最善の見積案を選択することで、サプライヤが見積要請に迅速かつ正確に対応できるように支援します。
  • ユーザ・インタフェースの大幅な改善などの新しい技術伝達機能を活用することにより、あらゆる業界で帳票作成や工程の伝達が改善されます。

「フォルクスワーゲン社のような大企業は、膨大なビジネス・プロセスが並行に、または連続して、互いに連係して進行しています。その結果、膨大なデータが様々な部門で作られ、系統立てて管理されなければなりません。生産において1分でも節約できれば、それが製品コストや生産性に劇的な影響を及ぼすことを理解することが重要です。ビジネス・プロセスを支援するためにデジタル手法を導入する上での課題は、デジタル・マニュファクチャリング・ソフトウェアの技術活用と同様に、エンジニアの生産性を向上させることす。そのためには、ビジネス・プロセスが合意され、それに対応した組織的サポートを得ることが不可欠です。デジタル手法の活用で、弊社のプロセス・チェーンにおける重要な要素ではあるけれども、時間のかかるプランニング業務の自動化を促進させることができます。Tecnomatix 7.6の導入により、実際の生産立上のずっと以前に生産工程をプランニングし、生産工程における無駄な作業とミスを回避できます。その結果、収益の向上も実現します。」

フォルクスワーゲン社
ホワイト・ボディにおけるデジタル・ファクトリ導入とプランニング担当リーダー
Tino Reichel氏

自動化と使い勝手の強化による生産性向上

Tecnomatix 7.6では、工程の設計および検証作業に必要な時間の短縮と使い勝手の強化によって、製造エンジニアリングの生産性向上を実現することに焦点を当てました。

  • 新しい溶接打点自動配分ツールは、工程設計において溶接打点の配分を設定、検証、報告し、単調な手作業に替わり、製造エンジニアリング作業の時間を節約します。
  • ミラープロセス機能により、組立工程のモデル化に必要な時間を50%まで短縮します。
  • パスの自動プランニング機能は、ロボットや組立のパスを、数時間ではなく、数分で定義します。
  • 新しい分散処理型のフロー・シミュレーション機能は、"what if"のシミュレーションと最適化に必要な時間を大幅に短縮します。
  • 新しいカラー・ツリー・インジケータ、自動ノート・プレースメント、Windowsに類似したアプリケーション・フレームワーク、インタラクティブなパラメトリック・レポート作成をはじめとする、さまざまな使い勝手の強化は、よりユーザに優しい効率的な作業環境を構築します。

「Tecnomatixの最新版は、製品のライフサイクル全般にわたって効率と革新の最適化を支援するソフトウェア・ツールを、世界の製造企業に提供するというUGSの責務に合致しています。Tecnomatix 7.6は、共通ワークフローと工程のサポートを強化すること、また、製造エンジニアリングの生産性を重視することで、世界に通用するデジタル・マニュファクチャリングを活用した企業の革新プロセスの変革を支援します。」

UGS社
マニュファクチャリング・ソリューション担当バイス・プレシデント
Ziyon Amram

Tecnomatixについて

プランニングから生産管理、製品設計へのフィードバックまで、広大な領域をカバーしています。Tecnomatixは、デジタル・マニュファクチャリングの要件の深さと大きさに対応する唯一のソリューションです。業界をリードする多数の企業が、類似する他のデジタル・マニュファクチャリング・ソリューション以上にTecnomatixを採用しています。

Tecnomatixは以下により、革新的なソリューションを提供します。

  • 生産工程情報の取り込み、管理、活用
  • 効率的で再利用可能な方法での生産工程の計画と設計
  • 生産工程の検証と最適化
  • 生産工程の伝達、コラボレーション、実行

Tecnomatixの詳細については www.ugs.com/products/tecnomatixをご覧ください。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、NX、 TeamcenterおよびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。SolidWorksは米国およびその他の国におけるSolidWorks Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。Autodesk Inventorは米国およびその他の国におけるAutodesk Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。