21 June 2006

UGS、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアのプロバイダとして初めてMac OS Xのネイティブ・サポートを発表

【2006年6月21日 米国ニューヨーク発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、NXデジタル製品開発ソフトウェア・ソリューションおよびTeamcenterデジタル製品ライフサイクル管理ソフトウェア・ソリューションのサポート環境にMac OS Xバージョン10.4"Tiger"のネイティブ・サポートを追加する計画を発表しました。既にWindows、UNIX、Linux環境をサポートしているUGSは、これで業界で最も多くのオペレーティング・システム・プラットフォームをサポートすることになり、さらにPLMにおけるオープン性の新たな標準を打ち立てます。

UGSは、6月21日にニューヨークで開催された同社の年次業界アナリスト会議でこの発表を行いました。

「UGSのオープン・ビジネス・モデルに沿って、当社の製品をMac OS X上で提供し、さらに多くの企業のイノベーション・プロセスの変革を支援できることを光栄に思っています。UGSは、大手PLMプロバイダとして初めてMac OS X対応のソフトウェア製品を提供することにより、Apple社の革新的なハードウェアとソフトウェアの強みである卓越した性能と安全性、そして安定性を生かす最高のPLMソリューションを世界のMacユーザに提供できるようになります。」

UGS社
製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Chuck Grindstaff

UGSは、Early Adopter Program(早期導入プログラム)として、PowerPCベースのMac向けに、限定バージョンのNXを本日発売しました。日本でのEarly Adopter Programについては、現在検討中です。UGSは今後の製品リリースの一環として、IntelベースのMacのサポートも追加する予定です。さらに2007年には、Teamcenter Engineering Integration for NXもMac OS X対応になる予定です。

NXとTeamcenterについて

NXは、企業の製品ライフサイクルに変革をもたらす次世代型のデジタル製品開発システムです。業界で最も豊富で完全統合されたCAD/CAM/CAEアプリケーション・セットを備えたNXは、製品設計、製造、およびシミュレーションにおけるすべての開発プロセスに貢献します。NXは『NASA Tech Brief』誌の読者が選ぶ2005年「Product of the Year」賞を受賞しました。

UGSのTeamcenterソフトウェア・ポートフォリオは、ユーザとプロセスをナレッジで結んで、イノベーションの推進と生産性の向上を実現します。実績に裏付けられたデジタル製品ライフサイクル管理ソリューションからなるTeamcenterの総合製品ポートフォリオは、オープンなPLMプラットフォーム上に構築されています。『INDUSTRYWEEK』誌の2005年「Technology of the Year」賞を受賞したTeamcenterは、業界随一の導入実績を誇るUGSが提供するPLMのデファクト・スタンダードになっています。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Teamcenter、NX、およびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。Apple、Mac OS、Macintosh、iLife、iPod、およびiTunesは、米国およびその他の国におけるApple Computer, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。Windowsは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。Linuxは、Linus Torvaldsの商標または登録商標です。UNIXは、The Open Groupの商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。

ご質問はありますか?