本文へ移動

27 July 2006

Ford Motor、Ford Global Technologies、UGSの3社、製品ライフサイクル管理(PLM)の新たな技術の共同開発を目指し、ソフトウェア製品のイノベーションとマーケティングでアライアンスを締結

【2006年7月27日 米国ミシガン州DEARBORNおよびテキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGS、そしてFord Motor Company(以下、Ford)とその完全子会社で同社の知的所有権と技術商品化に関する全業務を管理しているFord Global Technologies, LLC(以下、FGT)は本日、自動車開発プロセスに革新をもたらすPLM製品の開発促進に焦点を当てたアライアンスの締結を発表しました。この新しいPLMソリューションの目的は、Fordをはじめ、UGSの顧客にイノベーションの創出を加速させることにあります。UGSはPLMの商用ソフトウェア・プロバイダとしては初めて、Fordのイノベーション促進センター(Innovation Acceleration Center)に協力することになります。

FordとFGTは、ミシガン州Dearbornを拠点とするFordのイノベーション促進センターにおいて、サイクルタイムの短縮と優れた自動車の迅速な製品化に取り組んでいます。今回の3社間のアライアンスは、UGSが自動車産業向けにイノベーティブな顧客志向のPLMソリューションを世界中に迅速に製品化するために、顧客と共に取り組んでいるUGSの姿勢を示しています。

それ自体がイノベーティブな今回のアライアンスにおいて、UGSに協力するFordとFGTは、新しいPLMソリューションの早い開発段階から参加して、新技術をすぐに利用できるようになります。一方、UGSは新しい商用PLMソフトウェアをより迅速に製品化することができます。これら3社は、各社の持つ貴重な技術ノウハウを持ち寄り、新しい商用技術の開発と製品化に向けて継続的に協力していきます。

「世界で最もイノベーティブな企業に数えられるFordとその子会社のFGTが、Fordのイノベーション促進センターで共に協力する初めてのPLMソフトウェア・プロバイダにUGSを選んだという事実には、FordとUGSが共に献身的に協力して、すばらしい成果を上げてきたことに対するFordの信頼と自信が示されています。Fordに深く根ざしているイノベーションへの取り組み姿勢を分かち合うUGSだからこそ、Fordのイノベーション促進センターでFordとFGTに協力する初めてのPLM技術プロバイダとしてふさわしいのです。」

UGS社
Fordグローバル・アカウント担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Tony Hemmelgarn

UGSは1996年以来、Fordの主要PLMサプライヤであり、現在は、全Ford®製品の製品開発部門、パワートレイン・システム部門、パワートレイン・オペレーション部門、車両製造オペレーション部門、顧客サービス部門にPLMソリューションを提供しています。UGSの包括的なデジタル製品開発ソリューションであるNX™ソフトウェア、デジタル製品ライフサイクル管理ソリューションであるTeamcenter®ソフトウェア、デジタル製造ソリューションであるTecnomatix™ソフトウェアが世界中のFordで導入されています。

UGSは先月、Fordから「Ford Q1認証」を授与されました。この認証によって、UGSは、エンジニアリング・ソフトウェアおよびサービスの優良サプライヤに指名され、また、高性能システム、継続的改善、持続的パフォーマンス、そして顧客満足の4分野において、その卓越性が認められました。「Q1認証」は、Fordがサプライヤに授与する最高レベルの賞です。

Fordについて

Ford Motor Companyは、ミシガン州Dearbornに拠点を置く自動車業界の世界的リーダーで、6大陸にまたがる200の市場で自動車の製造と販売を手がけています。世界で約30万人の従業員を擁し、108ヵ所に工場を展開しています。同社の中核ブランドと提携ブランドには、Aston Martin、Ford、Jaguar、Land Rover、Lincoln、マツダ、Mercury、Volvoなどがあります。同社の自動車関連サービス会社には、Ford Motor Credit Companyなどがあります。

Ford Global Technologiesについて

Ford Global Technologies, LLCは、ミシガン州Dearbornに拠点を置くFord Motor Companyの完全子会社で、Ford Motor Companyの知的所有権と技術商品化に関する全業務を管理しています。同社は世界各国にオフィスを有し、全Fordブランドと自動車関連サービスをグローバルに支援しています。FGTおよびライセンス供与可能な技術に関する詳細は、 www.fordbetterideas.comをご覧ください。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Transforming the process of innovation、Tecnomatix、Teamcenter、およびNXは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。FORDは、米国およびその他の国におけるFord Motor Companyまたはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。

ご質問はありますか?