02 October 2006

UGS、モーション・シミュレーションとアニメーションに関する拡張機能をSolid Edgeに新たに追加

【2006年10月2日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、Solid Edgeバージョン19にモーション・シミュレーションとアニメーションに関する拡張機能を追加すると発表しました。これらの拡張機能は、UGSが所有するD-CubedテクノロジをベースにしたAssembly Engineering Manager(AEM)コンポーネントによって実現されるものであり、アセンブリやメカニズムのモーションをリアルにシミュレートすることができます。

Solid Edgeは、UGSの新しいUGS Velocity Seriesポートフォリオに含まれているCADコンポーネントです。今回、Solid Edgeに組み込まれるD-CubedテクノロジをベースにしたAEMコンポーネントは、正確なモーション・スタディを迅速かつ効率的に実行します。分解、レンダリング、アニメーションができる新機能だけではなく、モーション・シミュレーション・ツールを使って、例えば、モータに動きを持たせて、ギアやプーリ、油圧シリンダなどのコンポーネントを動かすなど、製品全体の機能をSolid Edge内でアニメートすることができます。

「Solid Edgeユーザーは、分解、レンダリング、アニメーションできるだけでなく、完全なモーション・シミュレーションが行えるため、高価な試作機を作製することなく、設計ミスを事前に回避することができるようになります。さらに、このテクノロジは、設計レビュー・チーム、プロジェクト・エンジニア/リーダー、製造エンジニア、プロセス・プランナー、サービス・チームなどとのコラボレーションをさらに推進させます。」

UGS社
Solid Edgeマーケティング・ディレクタ
Adrian Scholes

Solid Edgeのモーション・ツール、分解ツール、レンダリング・ツールを一緒に使用すると、これまでにないアニメーションとプレゼンテーションのためのデータを作成することができます。例えば、ダイナミックな3Dモーション・ファイルを作成すれば、設計アイデアの交換や、保守・修理マニュアルに使用するテクニカル・イラストの作成、アセンブリの製造説明やトレーニングのための分かり易いビデオの製作などが行えます。

UGSが所有するD-Cubedテクノロジをベースにし、UGSのPLMポートフォリオに含まれるAEMコンポーネントは、数多くのCADベンダーが提供しているさまざまなCADシステムの統合を促進するために設計されています。UGSは、Solid EdgeにD-Cubedテクノロジを活用し続けることによって、CAD/CAM/CAE/PLMアプリケーションの開発ベンダーに各種のソフトウェア・コンポーネントを提供する世界的なリーダーの地位をさらに押し上げていきます。

Solid Edgeのアセンブリ環境においてAEMコンポーネントが実現するモーション・シミュレーションは、2つの非常に重要なワークフローを支援します。ひとつは、設計チーム間のアイデアの交換や、大規模で複雑なアセンブリの表示、保守・修理マニュアルに使用するテクニカル・イラストの作成などの支援です。もうひとつは、標準のAVI形式でリアルなアニメーションを取り込んで、アセンブリの製造説明やトレーニングのためのビデオを製作できることです。

AEMコンポーネントは、以下のような重要な特長を提供して、Solid Edgeに求められているエンジニアリング設計プロセスの厳しいニーズに応えます。

  • シンプルなファセットによる近似モデルではなく、ソリッド・モデルに対して正確なソリューションを直接提供します。
  • あらかじめ定義されたモータなどのエレメントを用いたり、またはインタラクティブなマウス操作によって、モーションを生成することができます。
  • ジオメトリのタイプを問わず、3Dの接触挙動を自動的にシミュレートします。
  • 接触し合う部品の相対運動を別々に計算します。
  • インタラクティブ操作で結果を迅速に提供します。
  • 組立て/分解の検証が可能です。
  • これまでのCADシステムでは完全にシミュレートすることが困難であった、接触し合うメカニズムもサポートします。

D-Cubedテクノロジには、AEMコンポーネントの他にも、スケッチング、パーツ/アセンブリのモデリング、モーション・シミュレーション、隠れ線の可視化など、CAD/CAM/CAE/PLMアプリケーションに欠かせない重要な機能を搭載したジオメトリ・ベースのソフトウェア・コンポーネントがあります。詳細については、こちらをご覧ください。

Solid Edgeの詳細については、こちらをご覧ください。

UGS Velocity Seriesについて

UGS Velocity Series製品ポートフォリオは、製品ライフサイクル管理(PLM)に対するミッドマーケットのニーズを満たすモジュール型の統合ソリューションです。製品のデジタル設計、解析、データ管理のためのソフトウェアがあらかじめパッケージされ、かつ業界のベスト・プラクティスが組み込まれているため、簡単な操作と展開を通して、大きなブレークスルーを実現することができます。中規模製造企業はUGS Velocity Seriesを活用することによって、イノベーションのプロセスを変革し、総所有コストを抑制することができます。UGS Velocity Series製品ポートフォリオに含まれているすべてのソフトウェア製品は、業界トップのエンタープライズ向けの完全なPLMソリューションへと拡張することができます。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Solid Edge、およびTransforming the process of innovationは、米国 およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。 その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。

ご質問はありますか?