05 October 2006

UGS、"Magic Quadrant for Product Lifecycle Management"レポートで"Leaders Quadrant"に選出される

【2006年10月5日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、米国の大手調査会社Gartner社が、同社の発行する"Magic Quadrant for Product Life Cycle Management, 3Q06(2006年第3四半期における製品ライフサイクル管理の業界リーダー)"(以下、Magic Quadrant)レポートにおいて、UGSを"Leaders Quadrant"(業界リーダー)に選出したと発表しました。"Magic Quadrant"レポートは、PLMベンダーのビジョンと実行力を徹底的に調査し、その評価をグラフで表したものです。このレポートは、2006年9月29日、Gartner社から発行されています。

「UGSがGartner社からPLM業界のリーダーに選ばれたことを大変喜ばしく思っています。私たちは、このレポートが顧客の声を直接反映したものであり、『お客様を決して裏切らない』という当社のスローガンの重要性を強調するものであると思います。」

UGS社
会長、社長兼CEO
Tony Affuso

Gartner社によると、業界リーダーとは、現在優れた業績を上げ、市場の方向性について明確なビジョンを持ち、市場におけるリーダーシップを維持するために競争力を積極的に強化しているベンダーのことです。企業の存続性、製品の特長や機能、販売後のサービスとサポート、コア・テクノロジーなどが評価されて決定されます。さらに、Gartner社は、戦略、プランニング、経営、実行力など、ライフサイクル・プロセス全体についての対応力についても評価の対象にしています。

同レポートは、Gartner社のウェブサイト www.gartner.comから購入できます。

Magic Quadrantについて

Magic Quadrantは、2006年にGartner社が版権を取得して、再掲しています。Magic Quadrantは、特定の時期や期間における市場動向をグラフで表しています。同レポートでは、Gartner社の定める市場の基準に照らして、特定のベンダーに関する調査結果と分析結果を掲載しています。Gartner社は、Magic Quadrantにおいて選出された特定のベンダー、製品、サービスを支持するものではなく、"Leaders Quadrant"に選出されたベンダーのみを選択するようにテクノロジー・ユーザーに推奨するものでもありません。Magic Quadrantは調査ツールとしての利用をその目的にしており、行動のための具体的な指針を示すものではありません。Gartner社は、同レポートの中で明示または暗示した内容について、市場性や特定の目的に対する適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGSおよびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。