本文へ移動

13 November 2006

UGSとMicrosoft、再販契約を締結し戦略的提携を強化

【2006年11月13日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、Microsoftと新たに再販契約を締結したと発表しました。両社は今年の上半期に戦略的提携を発表していましたが、今回の提携はそれを一層強化するものとなります。今回の新しい合意に基づき、UGSはMicrosoftのプラットフォームを完全にサポートする包括的なPLMソリューションを検討している企業に対しMicrosoft SQL Server 2005を直接販売できる権利をPLMプロバイダとして初めて取得しました。Microsoft SQL Serverはデータベース・ソフトウェア市場における代表的な製品です。

「MicrosoftとUGSの長年にわたる関係があったからこそ、昨年SQL Server 2005を完全にサポートする業界唯一のフルスケールなPLMソリューションの発表に至りました。この両社の関係は5月の戦略的提携の発表でさらに強化されましたが、本日の発表はその次のステップとして理に適ったものです。これで、Microsoft環境を採用している顧客に対して、業界で最も完成度の高いPLMソリューションをすぐに販売開始できるようになりました。」

UGS社
製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Chuck Grindstaff

UGSのグローバルな専門性と世界をリードするPLMパフォーマンス

本日発表された合意により、Microsoft SQL Server 2005はUGSの公式プライス・ブックに記載されることになりました。UGSの世界に広がるすべての販売チームは顧客との直接的な価格交渉が可能になり、PLM全体の提案にこのデータベース・ソフトウェアを含めることが可能になります。

「今回の合意により、顧客ニーズに基づいたイノベーティブな新製品の市場投入を目指している製造企業には、業界をリードするPLMソリューションの導入がより一層容易になりました。SQL Server 2005と連携したUGSのPLMソリューションは、サプライヤや顧客も含めたエンタプライズ全体にわたって拡張性のあるシームレスなコラボレーションが可能になり、高水準の生産性を実現できるようになります。」

Microsoft社
データストレージ・プラットフォーム部門シニア・バイスプレジデント
Paul Flessner氏

UGSは、PLMソリューションの世界随一のサプライヤとしてPLMの専門技術を投入し、最新のベンチマーク・テストで実証されているようにSQL Server 2005環境においても世界水準のPLMパフォーマンスを提供します。UGSはパフォーマンスに関し徹底的なベンチマーク・テストを実施し、2005年11月に、世界で最も広く利用されているPLMポートフォリオであるTeamcenterソフトウェアをSQL Server 2005に完全対応させたことを発表しました。このベンチマーク・テストは、TeamcenterをSQL Server環境で徹底的に検証した最大規模のテストで、SQL Server 2000と比較してパフォーマンスが5倍も向上することが確認されました。

具体的には、SQL Server 2005上でTeamcenterの5,000ユーザの同時使用をシュミレートできました。これはコラボレーション環境における約50,000ユーザーに相当します。その他、CPU使用率が平均15%未満で応答時間が平均1.1秒となり、データベースに関わるエラーは一切発生しませんでした。TeamcenterとSQL Server2005はビジネスで必要な高いパフォーマンスと可用性を備え、業界で最も要求の厳しいPLM環境をサポートすることが確認されています。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Teamcenter、およびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。Microsoftは、米国およびその他の国におけるMicrosoft Corporationまたはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。