本文へ移動

11 January 2007

UGS、Solid Edge 2次元設計ソフトウェアを無償提供、中堅・中小企業の2次元設計ユーザを3次元へと移行させるための新たなミッドマーケット戦略

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、同社のSolid Edge 2D Draftingソフトウェア(995米ドル相当)を全世界向けにて無償提供することを9月7日に発表しました。このソフトウェアは新たに開設したオンライン・ダウンロード・ページ(www.solidedge.com/free2d)にアクセスして誰でも入手することができます。今回の発表は、2次元ソフトウェアをコモディティ化して、管理可能な3次元モデリングの価値を強調することで市場を再定義しようというものです。このソフトウェアのダウンロードやライセンス取得には一切費用はかからず、サポートや製品の自動アップグレードなどのオプションもわずかな費用で利用することができます。


日本語版のダウンロードサービスは、1月11日(木)より
https://plmapps.ugs.com/2dform/index_japan.jsp において開始されました。


「UGSは、業界をアッと言わせることに長けています。今回UGSが無償提供する2次元製図ソフトウェアは、製図ソフトウェアを確実にコモディティ化するものです。しかし、この2次元製図ソフトウェアは、過去に無償提供されてきた"思わせぶりな"製品ではなく、最高レベルの製品です。今回の無償提供は、最大手のベンダーがその市場認知度を高めるための大胆かつ見事な手法であり、競合各社がにわかに慌しくなることは間違いありません。」

CPDA社
パートナー兼PLMリサーチ・ディレクター
Ken Versprille博士

Solid Edgeは、UGSの新しい製品ポートフォリオであるVelocity Seriesに含まれているCADコンポーネントです。Solid Edge 2D Draftingは、すでに生産現場でその価値が実証されている数多くの2次元ドキュメンテーション機能を提供します。例えば、レイアウト作成、ダイヤグラム作成、さまざまな注記の記入をはじめ、ISO、ANSI、BSI、DIN、JIS、UNIなどの製図規格に準拠した寸法記入機能などがあります。さらに、強力なトランスレーション機能により、2D AutoCADなどの製図アプリケーションからの移行を容易にする直感的なウィザードも用意されています。

「これで、AutoCADからSolid Edge 2D Draftingへの移行が可能になります。今回のSolid Edge 2D Draftingの無償提供は、当社にとって最高のタイミングです。当社では現在、3つのシステムをサポートしていますが、Solid Edge 2D Draftingを使えば、必要なシステムは1つだけになり、時間とコストを節約できます。」

Maschinenfabrik Reinhausen社
CADシステム・マネージャ
Juergen Niesner氏

Solid Edge 2D Draftingの特長のひとつに、エンジニアリング・スケッチパッドがあります。設計者はこのデバイスに手書きでアイディアをスケッチするだけで、正確な2次元ドライブ(バリエーショナル)図面を作成することができます。ユーザはオフィスやオンサイト、生産現場などで、この汎用性の高い2次元スケッチパッドを無償で利用することができます。さらに、専用の作図ソフトウェアを使用せずに、業界標準の記号(ブロック)を使用して、電気回路図や配管図、計装図のレイアウトを自動作成するドラッグ&ドロップ方式の作図機能も搭載されています。ユーザは、これまでのすべての2次元データを保持しながら、図やレイアウト、その他の2次元ドキュメントを作成することができ、アップグレード費用を支払う必要もありません。


「これは、UGSの戦略的な活動であり、2次元ソフトウェアを市場でコモディティ化するというものです。今でも2次元設計や2次元ドキュメンテーションを行っている数多くの企業にとっては、今回の無償提供によって大きな恩恵を受けることになります。さらに、最先端の2次元製図機能の利用をすべてのユーザに提供することによって、数多くのユーザがミッドマーケット向けPLMソリューションのリーダーである私たちと共に、3次元展開への第一歩を踏み出すことができるようになります。」

UGS社
グローバル・マーケティング担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Dave Shirk

今回の発表により、企業がUGSのEvolve to 3Dプログラムを採用する理由がさらに増えました。Evolve to 3Dは、シンプルな4つのステップで構成される移行プロセスで、移行に伴う混乱を最小限に抑えつつ、2次元設計から完成度の高い3次元デジタル・モックアップへの移行を可能します。無償の2D Draftingにより、ユーザは、日常の業務を遂行しながら、一切の費用をかけずにEvolve to 3Dプログラムの最初のステップを完了することになります。

AutoCADなどの2次元製図ツールに費用をかけているUGSの顧客は、今回の無償提供により、Solid Edge 2D Draftingを無償で入手して、2次元設計プロセスを合理化し、コストを削減しながら、シングル・ソースのサポートによるメリットも享受することができます。ユーザは、トランスレーション工程を必要としないデータの整合性を確保しながら、設計レビューや実際の製造のためにネイティブ図面をサプライヤと共有することができます。また、定評のあるSolid Edgeサポート・プログラムに申し込めば、わずかな費用でアプリケーション・プログラミング・インターフェース(API)を利用することができます。

Solid Edge 2D Draftingは、英語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語、日本語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)、ロシア語の10カ国語で提供される予定です。詳細については、www.solidedge.com/free2dをご覧ください。

UGS Velocity Seriesについて

UGS Velocity Series 製品ポートフォリオは、製品ライフサイクル管理(PLM)に対するミッドマーケットのニーズを満たすモジュール型の統合ソリューションです。製品のデジタル設計、解析、データ管理のためのソフトウェアがあらかじめパッケージされ、かつ業界のベスト・プラクティスが組み込まれているため、簡単な操作と展開を通して、大きなブレークスルーを実現することができます。中規模製造企業はUGS Velocity Seriesを活用することによって、イノベーションのプロセスを変革し、総所有コストを抑制することができます。UGS Velocity Series 製品ポートフォリオに含まれているすべてのソフトウェア製品は、業界トップのエンタープライズ向けの完全なPLMソリューションへと拡張することができます。

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、Teamcenter、Solid Edge、Velocity Series、およびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。AutoCADは、米国およびその他の国におけるAutocad, Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。