08 January 2007

UGS、世界の製造業にとって共通の3次元言語への道を切り開くJTデータ・フォーマットを公開

【2007年1月8日 米国テキサス州PLANO発】

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGSは本日、「JTデータ・フォーマットの最新バージョンに関する参考資料を公開し、これにより世界の製造業が製品の3Dデータをシームレスに共有・保持できる共通言語の確立に向け、画期的な第一歩を踏み出した」と発表しました。

10年以上前に発表したJTは、大容量のCADファイルを閲覧するための軽量なデータ・フォーマットから、製品のビジュアライゼーション、コラボレーション、さらに製造などの多種多様な目的に使用できる柔軟な仕様のデータ・フォーマットへと進化してきました。現在、JTは製品のビジュアライゼーションとコラボレーションを促進する3Dデータ・フォーマットとしてPLM業界で最も広く利用されており、今回のJT仕様の公開により、データの長期保持用フォーマットとしての利用にも注目を集めています。

「JTデータ・フォーマットが公開されたことで、3Dデータの揺るぎない標準フォーマットとしてのJTのオープン性と将来性がさらに強固に確立されました。今回の発表は当社がJTを3Dのマスター・フォーマットとして使用し、製品のビジュアル・レビューやサプライヤ間のグローバルなコラボレーション、長期間のデータ・アーカイブを含め、PLMワークフローにおける製品のデジタル表示への道を切り開きます。」

DaimlerChrysler社
ITグループ・リサーチ兼メルセデス・カー・グループ開発担当ディレクタ
Alfred Katzenbach氏

コラボレーションによるイノベーションの強化

世界中の製造企業は、多種多様な製品ライフサイクル・ソフトウェアが混在する異種なPLM環境を作り上げています。JTは、こうした環境で製品の3Dデータの共有を可能にして、生産性を向上させるための共通言語です。JT仕様の公開は、JTフォーマットに対するユーザーの信頼性を高めるものであり、コラボレーションを強化して製品のイノベーションを推進させるJT対応ソフトウェアの開発を加速化させます。

「当社の調査では、JTのようなコラボレーションを促進する技術を導入すれば、企業の製品開発においてコラボレーション、イノベーション、および開発スケジュールの管理が飛躍的に改善することが示されています。JT仕様の公開は業界全体のコラボレーションを改善するための画期的な第一歩であると同時に、UGSにとっても目覚しい躍進であると言えます。」
Daratech社
CEO
Charles Foundyller氏

包括的な参考資料

2006年12月に正式公開されたUGSの『Version 8.1 - JT File Format Reference』は、JTのファイル構造やデータ・セグメントの完全な説明から、JTデータ圧縮、エンコーディング、ベスト・プラクティスに関する詳細な記述を含め、JTファイル・フォーマットについて詳述した250ページからなる包括的な参考資料です。

「このドキュメントを評価したところ、JTファイル・フォーマットの取り込み/作成を必要とするすべての人にとって非常に良く構成された完全な参考資料であると思います。UGSは、JT公開の公約を果たしたことで、顧客に対し今後も変わらぬオープン・ビジネス・モデルを推進していくことが明らかになったと言えます。」
ダルムシュタット工科大学
Reiner Anderl教授

JT Openプログラム・メンバー、JTのメリットを広く享受するためにリーダーシップを発揮

JTの持続的な開発、普及および促進は、大手製造企業、独立系ソフトウェア・ベンダー(ISV)、学術機関からなる世界的組織のJT Openプログラムによって支援されており、これらのメンバーは製品の3Dデータのデジタル表示を可能にする広範でオープンな標準規格の策定に寄与しています。2005年11月、JT Open Management Review Board(MRB)は、JTの技術的な成熟度と業界における高い支持に基づき、JTフォーマットを公開する機が熟したことを満場一致で決定しました。JT Openメンバーは、JTフォーマットの発展に寄与したり、UGSが開発した技術を利用してJTの読み取り/書き込みが行えるなど、メンバーならではのメリットを継続的に享受することできます。

さらに広範なPLM業界が最大限のメリットが得られるように、将来の適切な時期にJTを公開することをUGSの顧客ならびにJT Openメンバーに公約しました。本日、その公約を果たすことができたことを誇りに思うとともに、世界中の製造企業がPLMの共通言語を通じてイノベーションのプロセスを変革できるように尽力してくれたJT Openプログラムのメンバーの強力なリーダーシップに感謝致します。」
UGS社
製品担当エグゼクティブ・バイスプレジデント
Chuck Grindstaff

UGSについて

UGSは、世界全体でおよそ400万本の販売ライセンス数と46,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。UGSは、本社をテキサス州Planoに置き、顧客とそのパートナーがUGSのオープンなエンタープライズ向けソリューションを活用して、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことを通して、世界クラスの製品やサービスの提供を可能にする世界の実現をそのビジョンに掲げ、イノベーションのプロセスを変革するという使命を果たしています。UGS製品やサービスに関する詳細は http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

注意:UGS、JT、およびTransforming the process of innovationは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

このニュース・リリースの記載内容のうち、歴史的事実でない部分については、製品の新規導入および継続的なイノベーションによって予想される顧客の利点に関する記述、または「可能です」、「します」、「期待されます」、「予定しています」、「予想されます」、「計画しています」といった予測的な言葉を伴う記述は、予測の記述に該当します。これらの予測的な記述は、数多くのリスク要因や不確実性の影響を受けるため、実際の結果は予測と異なる可能性があります。そうしたリスク要因や不確実性には、例えばPLM業界における開発、競争、イノベーションの失敗、知的財産などに関連するものが考えられます。UGSは米国証券取引委員会(SEC)に提出している最新のForm S-4の登録届出書において、上記および上記に関連するリスク要因について見解を記載しています。UGSは、新しい情報が判明した場合や何らかの出来事が生じた場合であっても、このニュース・リリースの予測的な記述を更新または修正する義務を負いません。