19 June 2007

UGS PLM SOFTWARE、GM社とのPLM契約を拡大、GM社に対しPLMテクノロジーを活用した設計・製造能力の強化を支援

【2007年6月19日 米国ニューヨーク発】

シーメンス オートメーション&ドライブの一部門であり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGS PLM Softwareは本日、General Motors Corporation(NYSE: GM、以下GM社)とのPLMソフトウェアに関する現行のライセンス契約を拡大すると発表しました。契約内容は公表されていません。

この発表は、UGS PLM Software主催の業界アナリスト・イベントに合わせて行われました。このイベントはUGS PLM Softwareが推進しているPLMや生産の自動化に関するビジョンを広く共有してもらうことを目的に毎年開催されています。

GM社の製品開発、製造、およびサプライヤ担当の各チームは現在、UGS PLM Softwareのテクノロジーを利用して、同社の世界中に広がるエンジニアリング・センター、工場、1,000社を超えるサプライヤの製品に関するデジタル情報にアクセスして、設計の定義、作成、検討をリアルタイムで行っています。今回の契約により、GM社ではUGS PLM SoftwareのPLMテクノロジーと関連サービスの利用範囲の拡大、および、工場レイアウトやシミュレーション、プロセス・プランニングのためのクラス最高のデジタル製造ソリューションであるTecnomatixTMソフトウェアの利用範囲も拡大します。

デジタル・マニュファクチャリング技術は、製品の製造方法をあらゆる面で向上させることに的を絞ったPLM戦略です。世界で最も先進的な製造企業の多くがこの技術の採用を進めており、資産の有効活用、市場投入期間の短縮、プロセスの予測精度の向上、収益性の向上といった数多くのメリットを享受していると報告しています。GM社では、デジタル・マニュファクチャリング技術によって、工場で行われるあらゆるプロセスを検証できるため、新たな工場を建設する前にすべてのオペレーションを把握することができます。

「GM社は、世界で展開しているすべての自動車およびパワートレインの開発プログラムにUGS PLM Softwareの商用アプリケーションのみを共通使用しています。これにより、IT環境の管理の改善、システムのアップグレード、リアルタイムでのコラボレーションが可能となりました。GM社では、30,000シートを超えるUGS PLM SoftwareのPLMソフトウェアをインストールしており、グローバルな自動車開発と製造プロセスを統合する重要なコンポーネントになっています。」と、General Motors Information Systems & Services社のグローバル製品開発担当プロセス・インフォメーション・オフィサーのTerry Kline氏は述べています。

「今日のグローバルな自動車業界では、ローカル・プログラムを動かしているだけでは明らかに不十分です。競争力を維持するには、世界規模で各種のプログラムと分散する組織の統合を図る必要があります。UGS PLM Softwareは、この重要な市場ニーズを理解しており、そのPLMテクノロジーは、世界規模で拡張でき、かつ製造の現場においても実証された製品開発・製造システムを実現し、GM社のニーズに応えています。」と、Kline氏は付け加えています。

「GM社は、UGS PLM Softwareのスケーラビリティとコラボレーション機能を最大限に活用して、PLMプラットフォームのグローバル化において自動車業界をリードしています。GM社はPLMによってイノベーションのプロセスを絶えず変革しており、非常に高品質な自動車とパワートレインを短期間で世界市場に投入しています。リアルな世界とバーチャルな世界をリンクさせようとするシーメンスとUGS PLM Softwareの方向性は、製品開発コストの削減、ならびに製品品質とイノベーションの向上を世界にもたらすものと確信しています。」と、UGS PLM Softwareの会長兼CEOのTony Affusoは述べています。

世界で最も広く利用されているUGS PLM Softwareのデジタル・ライフサイクル管理ソリューションのTeamcenterTMソフトウェアは、GM社が共通のエンジニアリング・プロセスと製造プロセスを実行、維持するための基本となるプラットフォームです。GM社は、グローバルで複雑な製品開発・製造プログラムをうまく活用していることで広く知られており、その戦略を支えているのがUGS PLM Softwareの製品です。UGS PLM Softwareは、GM社にソフトウェアの高度な相互運用とナレッジベースの機能を提供し、これにより、GM社はいつでもどこでも必要であれば、データを変換することなくすぐに最新で正確なデジタル情報へのアクセスを可能にしています。

UGS PLM Softwareについて

UGS PLM Softwareは、シーメンス オートメーション&ドライブの一部門であり、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界4万7,000社のお客さまにサービスを提供し、440万ライセンスに及ぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。
UGS PLM Softwareの製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)について

シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)(ドイツ・ニュルンベルク)は産業オートメーション分野における世界の主要メーカーです。A&Dの製品には、製造業とプロセス産業および電気設備産業向け汎用製品、工作機向けシステムソリューション、自動車工場・化学プラント全体の自動化などの産業向けソリューションが含まれます。この製品群とサービスに加え、A&Dは、製造と管理(横と縦のIT統合)を繋ぎ、製造過程を最適化するためのソフトウェアを提供しています。A&Dは世界におよそ7万600人の従業員を擁し、2006年度(9月30日終了)の営業利益(米国会計基準)は15億7,200万ユーロ、売上高は128億4,800万ユーロ、受注高は141億800万ユーロでした。A&Dに関する詳細はwww.siemens.com/automationにてご覧いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。UGS、NX、TeamcenterおよびTecnomatixは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。