19 June 2007

XIAMEN Overseas Chinese Electronic社、コラボレーティブな製品データ管理の基盤としてUGS PLM SoftwareのPLMソリューションを導入

【2007年6月19日 中国北京および米国ニューヨーク発】

シーメンス オートメーション&ドライブの一部門であり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダUGS PLM Softwareは本日、XIAMEN Overseas Chinese Electronic社(XOCECO)が今回初めて導入するPLMのバックボーンとしてTeamcenterTM 製品データ管理ソリューションを選択したことを発表しました。

この発表は、UGS PLM Software主催の業界アナリスト・イベントに合わせて行われました。このイベントはUGS PLM Softwareが推進しているPLMや生産の自動化に関するビジョンを広く共有してもらうことを目的に毎年開催されています。

中国の電子機器メーカーをリードするXOCECO社は、オーディオ・ビジュアル機器や通信機器など高精度な製品群を幅広く製造しており、PRIMAのブランド名で知られる同社製品は中国国内で販売されているほか、世界100ヵ国以上に輸出されています。競争の激しい電子機器産業にあって数々の難題に立ち向かうためには、戦略的なアプローチを取り入れることが何よりも不可欠と判断し、MES(製造実行システム)などの製造システムをPLM環境に統合することでビジネス成果を総合的に高めていくことを視野に入れています。

XOCECO社では、PLMの導入により新製品開発の効率化と市場投入期間の短縮を実現し、一方では製造コストの削減にもつなげたい考えを明らかにしています。Teamcenterを選択したことで、製品ライフサイクルを通してさまざまな担当者間、業務システム間のコラボレーションとコーディネーションを強化できるとしています。

「中国の製造業界は過去数年間で目覚しい発展を遂げ、『世界の工場』と呼ばれるまでに成長しました。特にここ数年は、国内外の市場で競争力を維持していくために効率的で効果的なイノベーションが不可欠との認識が広まりを見せています。競争優位性の維持とコア・コンピタンスである製造能力の向上を目指す製造企業にとっては、PLMが戦略的に重要な選択肢となっています。」と、UGS PLM Softwareのアジア太平洋地域担当シニア・バイスプレジデントであるHans-Kurt Lubberstedtは述べております。

UGS PLM Softwareの中国における事業展開は今年で20年の節目を迎えます。1987年に中国市場へ参入して以来、1990に北京に初の現地法人を設立、2004年には上海にR&Dセンターを開設しました。市場参入当初より、“made in China”から“made with China”への脱却を目指す中国企業を一貫してサポートしています。

UGS PLM Software Chinaは、『Manufacture Information Engineering of China』誌(中国MIE)主催の“Best 10 Product Provider of 2006”(2006年製品プロバイダ・ベスト10)に入選しています。この入選基準は、市場におけるイノベーション、コミットメント、影響力、牽引力などで、さまざまな点が審査されます。この他にも、UGS PLM Software ChinaはERPWorld.netから“Best PLM Vendor”賞を受賞し、同社のChuck YuanはERPWorld.netから“Top 10 People in the News in 2006”(2006年話題のトップ10人)に選出され、Teamcenter Expressは『E-Manufacturing』誌から“Editor’s Choice”賞を授与されています。

UGS PLM Softwareについて

UGS PLM Softwareは、シーメンス オートメーション&ドライブの一部門であり、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界4万7,000社のお客さまにサービスを提供し、440万ライセンスに及ぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。
UGS PLM Softwareの製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)について

シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)(ドイツ・ニュルンベルク)は産業オートメーション分野における世界の主要メーカーです。A&Dの製品には、製造業とプロセス産業および電気設備産業向け汎用製品、工作機向けシステムソリューション、自動車工場・化学プラント全体の自動化などの産業向けソリューションが含まれます。この製品群とサービスに加え、A&Dは、製造と管理(横と縦のIT統合)を繋ぎ、製造過程を最適化するためのソフトウェアを提供しています。A&Dは世界におよそ7万600人の従業員を擁し、2006年度(9月30日終了)の営業利益(米国会計基準)は15億7,200万ユーロ、売上高は128億4,800万ユーロ、受注高は141億800万ユーロでした。A&Dに関する詳細はwww.siemens.com/automationにてご覧いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。UGS、NX、およびTeamcenterは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。