本文へ移動

21 May 2007

UGS PLM SOFTWARE、UGS NX CAM EXPRESSバージョン5をリリース

【2007年5月21日 米国テキサス州PLANO発】


シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)のグローバルな一部門であり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするUGS PLM Softwareは本日、UGS NXTM CAM Expressの最新バージョンV5日本語版を、9月25日に出荷開始したことを発表しました。この最新バージョンでは、一層使い易くなったユーザー・インターフェースに自動設定された切削/旋削複合加工プログラミング環境、及び新型マシン・ツールに対応するMachine Tool Kitや画期的なFree Flow Machiningテクノロジーなどが大きな特徴となっています。

UGS NX CAM ExpressはUGS Velocity SeriesTM製品ポートフォリオに含まれている、フル機能搭載で特定のCADに依存しないNC(数値制御)プログラミング用のアプリケーションです。プログラミング環境が最適化されるため、使用のマシニング・ツールの作動効果を高めることができます。

特許出願中のFree Flow Machiningテクノロジー

UGS NX CAM Express V5にはツールパスを作成するFree Flow Machiningテクノロジーが新たに組み込まれました。この特許出願中のテクノロジーは、部品の自然なトポロジーに追従して機械加工するため、各サーフェスの基本ジオメトリのみを基準とした従来の方法と比べ格段に進歩した技術です。

プロセスの効率化を推進する新しいStreamline仕上げツールパス機能

Free Flow Machiningテクノロジーが組み込まれた新しいStreamlineツールパス機能は仕上げツールパスを作成するものです。仕上げツールパスは、複数のサーフェスに対してシステムが自動認識するフローカーブに基づいて作成されます。Streamline仕上げツールパス機能は、これらのフローカーブを自動的に補間して、最初のジオメトリから最後のジオメトリまでスムーズなマシニングを可能にします。このようなスムーズで連続的な切削パターンは高速マシニング、切削時間の短縮、仕上げ面の品質向上にとって理想的なソリューションとなります。

インタラクティブな操作性を向上させたユーザー・インターフェース

UGS NX CAM Express V5ではユーザー・インターフェースが大幅に改善され、グラフィカル・フィードバック、プロセス・ガイダンス、コマンド・アシスタンスなどの充実によりNCプログラミングを効率的に行うことができます。さらに使い易くなったこのユーザー・インターフェースにより、ユーザーはすぐに操作を覚えることができ、繰り返し学習することなく、最適なツールパスを作成できます。

自動設定された切削/旋削複合加工のプログラミング環境    

UGS NX CAM Expressには自動設定されたプログラミング環境があらかじめ組み込まれていますが、V5では切削/旋削複合加工機に対応するプログラミング環境が拡充されています。この環境を活用すれば、特に新しいユーザーはソフトウェア操作を効率化でき、生産性を向上させることができます。ユーザーは複合旋盤や切削/旋削複合加工機の適切なプログラミング・タスクに集中できるため、プログラムを迅速かつ効率的に作成することができます。

新型のマシン・ツールにも対応するMachine Tool Kit

UGS NX CAM Expressには、各種のポスト・プロセッサとマシン・シミュレーション機能が搭載されています。さらに、豊富なMachine Tool Kitが用意されているため、一般的な切削/旋削複合加工機に高度なソリューションを迅速に配備することができます。V5には、森精機のNTシリーズ、ヤマザキマザックのINTEGREXシリーズのサポート・キットが追加されました。これらのキットを使用すれば、複雑なモーションのビジュアライゼーションとシミュレーション、ターレット回転の干渉チェック、切削/旋削複合加工の完全プログラムのポスティングなどが実行できる環境をすぐに活用することができます。
詳細については、www.ugs.com/nxcamexpressをご覧ください。

UGS Velocity Seriesについて         

UGS Velocity SeriesTM製品ポートフォリオは、製品ライフサイクル管理(PLM)に対するミッドマーケットのニーズを満たすモジュール型の統合ソリューションです。製品のデジタル設計、解析、製造、データ管理のためのソフトウェアがあらかじめパッケージされ、かつ業界のベスト・プラクティスが組み込まれているため、簡単な操作と展開を通して、大きなブレークスルーを実現することができます。中規模製造企業はUGS Velocity Seriesを活用することによって、イノベーションのプロセスを変革し、総所有コストを抑制することができます。UGS Velocity Series製品ポートフォリオに含まれているすべてのソフトウェア製品は、業界トップのエンタープライズ向けの完全なPLMソリューションへと拡張することができます。

UGS PLM Softwareについて

UGS PLM Softwareは、世界全体でおよそ440万本の販売ライセンス数と47,000社の顧客数を誇り、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。本拠地は、米国テキサス州プラノ。企業やそのパートナーがUGS PLM Softwareのオープンなエンタープライズ・ソリューションを活用し、グローバルなイノベーション・ネットワーク内でコラボレーションを行うことで、世界仕様の製品やサービスの提供を実現していくことを、ビジョンとして掲げています。またプロセス・イノベーションの促進をミッションとしています。
UGS PLM Softwareの製品やサービスに関する詳細は、http://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)について

シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)(ドイツ・ニュルンベルク)は産業オートメーション分野における世界の主要メーカーです。A&Dの製品には、製造業とプロセス産業および電気設備産業向け汎用製品、工作機向けシステムソリューション、自動車工場・化学プラント全体の自動化などの産業向けソリューションが含まれます。この製品群とサービスに加え、A&Dは、製造と管理(横と縦のIT統合)を繋ぎ、製造過程を最適化するためのソフトウェアを提供しています。A&Dは世界におよそ7万600人の従業員を擁し、2006年度(9月30日終了)の営業利益(米国会計基準)は15億7,200万ユーロ、売上高は128億4,800万ユーロ、受注高は141億800万ユーロでした。A&Dに関する詳細は、www.siemens.com/automationにてご覧いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。UGSは、米国およびその他の国におけるUGS Corp.またはその子会社の商標または登録商標です。