本文へ移動

18 October 2007

Siemens PLM Software、東京でUGS CONNECTION JAPAN 2007を開催し、Teamcenter 2007を初公開

【2007年10月18日 東京発】

シーメンス オートメーション&ドライブの一部門であり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、毎年開催のユーザ・カンファレンスであるUGS Connection Japanを10月30日、31日の2日間、東京のホテル日航東京で開催することを発表しました。

1日目のジェネラル・セッションでは、経済ニュース番組でTVコメンテータとして活躍中の千葉商科大学大学院教授であり、NTTデータ経営研究所所長である斎藤精一郎氏による基調講演を予定しています。また、日産自動車株式会社エンジニアリングマネージメント本部プロセス・情報マネージメント部部長の福士敬吾氏と株式会社リコー開発革新センター副センター長の佐藤敏明氏による特別講演も予定され、それぞれのイノベーション事例を紹介していただきます。

2日目は、業界随一のPLMデジタル・プラットフォーム/ソフトウェア・ポートフォリオであるTeamcenterの待望の最新バージョン、Teamcenter 2007の詳細を初公開します。Teamcenterは人とプロセスをナレッジで結ぶことによって、イノベーションの創出と生産性の向上を強力に支援します。

UGS Connection Japan 2007の詳細については、http://www.go-event.info/ucj2007をご覧ください。

UGS PLM Softwareについて

UGS PLM Softwareは、シーメンス オートメーション&ドライブの一部門であり、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界4万7,000社のお客さまにサービスを提供し、430万ライセンスに及ぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。
UGS PLM Softwareの製品やサービスに関する詳細はhttp://www.ugs.jphttp://www.ugs.com/(英文)にてご覧いただけます。

シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)について

シーメンス オートメーション&ドライブグループ(A&D)(ドイツ・ニュルンベルク)は産業オートメーション分野における世界の主要メーカーです。A&Dの製品には、製造業とプロセス産業および電気設備産業向け汎用製品、工作機向けシステムソリューション、自動車工場・化学プラント全体の自動化などの産業向けソリューションが含まれます。この製品群とサービスに加え、A&Dは、製造と管理(横と縦のIT統合)を繋ぎ、製造過程を最適化するためのソフトウェアを提供しています。A&Dは世界におよそ7万600人の従業員を擁し、2006年度(9月30日終了)の営業利益(米国会計基準)は15億7,200万ユーロ、売上高は128億4,800万ユーロ、受注高は141億800万ユーロでした。A&Dに関する詳細は、www.siemens.com/automationにてご覧いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。Microsoft、Windows、Windows Server、およびSQL Serverは、Microsoft Corporationの商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

ご質問はありますか?