26 February 2008

フォルクスワーゲンとアウディ、全世界の車両開発プラットフォームにシーメンスPLMソフトウェアのTeamcenterを標準採用

【2008年2月26日(米国テキサス州PLANOおよびドイツ・ケルン発)】

シーメンスインダストリオートメーション部門のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、フォルクスワーゲン社(Volkswagen AG)がシーメンスPLMソフトウェアの製品データ管理(PDM)ソフトウェアであるTeamcenter®を全世界に導入・展開する、という大型案件を受注したと発表しました。

ヨーロッパの大手自動車メーカーであるフォルクスワーゲンは、すべての車両設計・製造プロセスにTeamcenterを使用してプロセスの透明化を図り、製品開発の進捗や生産性、コストなどの必要情報にいつでもどこからでもアクセスできるようにします。この全社規模の製品データ管理(K-PDM)プロジェクトは今後数年をかけて展開し、最終的には45,000ユーザーに配備される予定です。最終目標は、K-PDMをフォルクスワーゲングループ全体の製品開発プロセスの中心に据えて、製品開発やプランニングのグローバル・ネットワークにおける製品開発プロセスの効率性と一貫性を高めることとしています。

この大型案件の受注に至った要因はいくつもあります。すべてのブランド、地域、部門、そしてサプライヤや開発パートナーを含むすべてのレベルでデータの精度を維持できることや、サプライチェーンの同期化が図れることなどが挙げられます。また、K-PDMプロジェクトでは既存のITインフラをそのまま利用することから始まり、その後このインフラを統合強化してコストを最適化していきます。これらの目標も、全社的に統一された製品データ管理ソリューションをベースにした同社独自の移行プロジェクトを通して達成されることと期待されます。

フォルクスワーゲンがTeamcenterを標準プラットフォームに採用した理由は、このソフトウェアが製品ライフサイクル管理(PLM)の将来をも視野に入れた一貫した統合ソリューションを提供していること、市場での高い評価、そしてこの分野におけるシーメンスPLMソフトウェアの豊富な経験でした。

フォルクスワーゲンのK-PDMプロジェクトは、グループ全体のさまざまなレベルで予定されている車両開発プロジェクトに数年をかけて実施されていきます。2007年11月にフェーズ0というプロジェクトの立上げを首尾よく終え、今後フォルクスワーゲンとアウディの車両プロジェクトにTeamcenterを本格導入していきます。

「フォルクスワーゲンのような世界的企業にサービスを提供し、業界屈指のテクノロジーを搭載する当社のソフトウェアが今後すべての車両プロジェクトに使用されていくことを大変嬉しく思います。シーメンスPLMソフトウェアが提供するTeamcenterテクノロジーは、フォルクスワーゲンが継続的に取り組んでいるイノベーションとコラボレーションの促進、そして車両開発サイクルのスピード化の課題にきっと大きく貢献することでしょう。」と、シーメンスPLMソフトウェアの会長兼CEOのTony Affusoは述べています。

フォルクスワーゲン社(Volkswagen AG)について

フォルクスワーゲングループはドイツ・ヴォルフスブルクに本社を置く世界有数、ヨーロッパ最大の自動車メーカーです。2007年の自動車販売台数は618万9,000台でした(2006年は573万4,000台)。ヨーロッパの13ヵ国、南北アメリカ、アジア、アフリカの6ヵ国に48の生産工場を有します。自動車の生産や関連サービスに従事する従業員数は世界で32万5,000人。自動車の販売先は世界150ヵ国に及びます。ヨーロッパの6ヵ国から8種類のブランドを展開しています:フォルクスワーゲン、アウディ、ベントレー、ブガッティ、ランボルギーニ、SEAT、 koda、Volkswagen Commercial Vehicles。詳細についてはwww.audi.comまたはwww.volkswagen.comにてご覧いただけます。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンスインダストリオートメーション部門のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万1,000社のお客さまにサービスを提供し、460万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンスインダストリオートメーション部門について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンスインダストリーオートメーション部門(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。インダストリオートメーション部門は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。