07 April 2008

シーメンスPLMソフトウェア、歴史的黒人大学の認定工学課程を支えるトップ・サポータとして今年で6年連続ランクイン

【2008年4月9日(米国テキサス州PLANO)】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、U.S. Black Engineer & Information Technology(USBE&IT)誌が米国の歴史的黒人大学(HBCU)の学部長を対象に行った調査において、これらの大学を支援しているFortune 500企業や米国政府機関の中からシーメンスPLMソフトウェアがトップ・サポータとしてランクインしたことを発表しました。トップ・サポータとしてのランクインは6年連続となります。

USBE&IT誌の発行人であるCareer Communications Groupは先月、ABET(Accreditation Board for Engineering and Technology)認定の工学科を持つ歴史的黒人大学の学部長を対象に、各校の教育ミッションをもっとも支援している企業10社を挙げてもらう調査を実施しました。調査項目は、インフラの整備・拡張支援、研究支援、諮問委員会への参加、能力開発機会の提供、学生プロジェクトの支援、奨学金支給、給付金支給、生協支援、就業機会の提供などでした。

また、産学官連携のAdvancing Minorities’ Interest in Engineering(AMIE)に対しても、工学系の歴史的黒人学校をもっとも支援している企業はどこかを尋ねました。こうした調査の結果、上位50の民間企業、35の政府機関とNPOがトップ・サポータに選ばれました。

「シーメンスがAMIE理事会の役員となって活発に活動してくれていることに大変感謝しています。AMIEは民間企業、政府機関、そしてABET認定の工学系の歴史的黒人学校からなる共同組織です。AMIEの主なミッションは会員組織と工学系の歴史的黒人学校との連携強化です。シーメンスPLMソフトウェアが工学系の歴史的黒人学校のトップ・サポータに選ばれたことは、同社がエンジニアや技術者の人材育成に継続的に貢献してきたことの証です」と、AMIEのエグゼクティブ・ディレクタであるMyron Hardiman氏は述べています。

GO PLMイニシアチブ

シーメンスPLMソフトウェアは、Global Opportunities in Product Lifecycle Management(GO PLM™)イニシアチブを通じて、ライセンス正価換算で業界トップの金額に相当するソフトウェアを無償提供しています。このGO PLMイニシアチブは、アカデミック・パートナーシップ、地域経済の生産性向上支援、青少年・求職者向け技能開発、そして、PACE(Partners for the Advancement of Collaborative Engineering Education)の4つの相互補完的なプログラムからなります。GO PLMイニシアチブは、中学校から大学院の工学研究課程に至るまで、世界で約9,300の教育機関で毎年95万人を超える学生に対してPLM技術の学習機会を提供しています。GO PLMイニシアチブとそのパートナーやプログラムの詳細については、http://www.plm.automation.siemens.com/en_us/about_us/goplm/index.shtmlをご覧ください。

「シーメンスPLMソフトウェアは、教育機関、青少年・求職者技能開発プログラム、地域経済の生産性向上のためのパートナーシップ、PACE、そして当社のグローバル・コミュニティに対して高い価値を提供できるよう、パートナーシップの発展と強化に努めています。当社はAMIEと密接に連携して、歴史的黒人学校の学生の技能レベルの向上と一流のエンジニア、技術者の輩出を支援しています」と、シーメンスPLMソフトウェアのグローバル・コミュニティ・リレーション/GO PLMプログラム担当ディレクタであるHulas Kingは述べています。

シーメンスPLMソフトウェアは、ライセンス正価換算で12億ドル相当を超えるソフトウェアを歴史的黒人大学や歴史的スペイン系大学に無償提供しています。大手製造企業や技術系企業が製品の市場投入期間の短縮や製品コストの削減、品質の向上、イノベーションの創出を通して激しい競争に打ち勝つために使用しているものと同じPLMツールを提供し、学生にこれらのツールの学習機会を提供しています。

Career Communications Group, Inc.について

Career Communications Group, Inc.(CCG)は、科学、工学、技術の分野のマイノリティや女性の専門家や学生を対象に、キャリア増進や教育機会の増大を図ることをミッションに掲げて、タレント・マネジメントやキャリア開発を行っている業界大手企業です。CCGは、US Black Engineer & Information Technology誌、Hispanic Engineer & Information Technology誌、Science Spectrum誌、Women of Color誌を発行し、また、米国で開催されているBlack Engineer of the Year Awards Conference、Science Spectrum Magazine Conference on Minorities in Research Science、National Women of Color Technology Awards Conferenceの発起人であり、運営機関となっています。さらに、マイノリティにテクノロジへの関心をもっと持ってもらうための意識高揚キャンペーンであるBlack Family Technology Awareness Week、La Familia Technology Week、Native American Family Technology Journeyの発起人であり、米国内のコーディネータを務めています。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万1,000社のお客さまにサービスを提供し、460万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。GO PLMは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。