本文へ移動

20 May 2008

シーメンスPLMソフトウェア、Solid Edge with Synchronous Technologyを発表

【2008年5月20日(米国ボストン発)】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、先月発表したシンクロナス・テクノロジを初めて実装したSolid Edge®の新バージョン、Solid Edge with Synchronous Technologyをリリースすると発表しました。Solid Edge with Synchronous Technologyは、これまでのデジタル製品開発の常識を打ち破る全く新しいノンヒストリ型フィーチャ・ベースの設計環境を提供します。

シーメンスPLMソフトウェアは、本日ボストンで始まった年次業界アナリストイベントに合わせてこの発表を行いました。

シンクロナス・テクノロジを実装したSolid Edgeは、シーメンスPLMソフトウェアのVelocity Series™製品ポートフォリオに含まれるコア・コンポーネントであり、ダイレクト・モデリングのスピートと柔軟性、それに寸法駆動型モデリングの制御性を兼ね備え、迅速で柔軟な設計を可能にします。

「80年代後半にパラメトリック・モデリングが登場して以来、Solid Edge with Synchronous Technologyほどワクワクするイノベーティブな製品は見たことがありません。Solid Edgeは、ダイレクト・モデリング、パラメトリック・モデリング、そして新しいユーザ・インターフェースを提供し、これまでの常識を打ち破りました。シーメンスPLMソフトウェアは、簡単な3Dモデリングとはどういうものかを根本から考え直しました。モデリングのための事前準備が不要で簡単にモデリングして編集できるSolid Edgeには、誰もが飛びつくでしょう。競合他社がSolid Edgeに追い付くには何年もかかるかもしれません」と、Technicom社のプレジデントであるRay Kurland氏は述べています。

「シンクロナス・テクノロジを実装したSolid Edgeは、サプライヤとのコミュニケーションを効率化します。新しい編集ツールを使用すれば、サプライヤから支給された3Dデータをダイレクトに編集できるため、2D図面の作成を大幅に削減することができます。さらに、このSolid Edgeでは部分編集も簡単です。従来のシステムでは、モデルの一部を編集するだけでも多くの時間と努力を注ぎ込んでフィーチャ・ツリーを読み解いていましたが、Solid Edge with Synchronous Technologyならこれが不要です。また、変更作業も、あらかじめ設定された拘束条件の影響を気にすることなく行うことができるのです」と、National Steel Car社のCADアドミニストレータであるCory Goulden氏は述べています。

イノベーションを加速させる迅速で柔軟な設計

Solid Edge with Synchronous Technologyには、インタラクティブな設計環境をはじめ、高速編集ツール、マルチCADデータのネイティブ編集、2D/3Dワークフローの統合など、イノベーションを加速させる重要な新機能が数多く搭載されています。

新しいインタラクティブな設計環境でのモデリング:新しいインタラクティブな設計環境では、事前に計画することなく、3Dモデルの作成を始めることができるため、イノベーションを加速させます。また、「つかんで放す」ダイレクト・ツールが用意されているため、コマンドをほとんど選択することなくモデルを作成し、またフィーチャー履歴を気にすることなく設計を繰り返すことができます。ノンヒストリ型フィーチャ・ベースのモデリング手法では、フィーチャ履歴ではなくコレクションとして取り扱うことでフィーチャの作成順序に縛られることなく変更作業を行うことができます。モデリング前の準備が必要ないため、設計の体感速度は100倍にも向上します。

迅速な編集:新しい編集ツールを使用すれば、設計変更にも迅速かつ柔軟に対応することができます。完成したモデルの任意の部分に3D駆動寸法や拘束を追加することができます。設計サイクルの後半であっても、すでに作成したジオメトリのサイズと位置を制御することができます。さらに、ジオメトリの関係を自動的に認識して維持する「ライブ・ルール」や、穴やパターンなどのフィーチャをパラメータで変更できる「規格フィーチャ」が用意されています。こうしたすべての機能を同時に管理しているのが「シンクロナス手法」であり、変更によるやり直しをなくし、設計変更に要する手間を時間単位から秒単位に短縮します。

マルチCADデータのネイティブ編集:Solid Edgeに搭載されたすべてのツールは、サプライヤなどから支給されたCADデータであってもネイティブ・モデルと同様に使用することができ、変更時でもジオメトリの重要な関係は維持されます。ジオメトリの編集には、ジオメトリを直接選択するか、または、ボスやリブ、カットアウトなどの機能フィーチャを自動認識する「自動要素選択」機能を使用することもできます。サプライヤから支給されたモデルをパラメトリック制御する場合は、3D駆動寸法を追加することができるだけでなく、3D駆動寸法をスプレッドシートにリンクして、エンジニアリング・ナレッジとして活用することもできます。サプライヤから支給されたデータであってもネイティブ・モデルと同じように簡単に編集できるため、編集作業はサプライヤよりもかえって迅速に行うことができます。

2Dの手軽さで3Dのパワーを活用:3Dの操作環境に親しみのある2Dワークフローを組み込んでいるため、誰でもすぐに3Dのエキスパートになることができます。2Dワークフローのように、モデルを選択して希望の位置までドラッグするだけで、部品やアセンブリを迅速に編集することができます。また、ユーザ・インターフェースにはMicrosoft Office 2007の利便性を取り入れており、要素を選択すると頻繁に使用するコマンドが表示されます。

「20年以上もの間CAD業界にいて、2D CAD、3Dワイヤフレーム、パラメトリック・システムの誕生を見てきましたが、私の心をぎゅっと掴んだこのシンクロナス・テクノロジのようなテクノロジは見たことがありません」と、Cutting Edge Solutions社(www.CuttingEdge.co.uk)のマネージング・ディレクタであるAllan Blackwell氏は述べています。

「Solid Edgeに実装された新しいシンクロナス・テクノロジは、CAD業界に20年来の最大の衝撃を与えるテクノロジです。このテクノロジによって、Solid Edgeは迅速で柔軟なノンヒストリ型モデリングとパラメトリック設計を組み合わせた最も完全な2D/3D CADツールになりました」と、シーメンスPLMソフトウェアのVelocity Series製品開発担当バイスプレジデントであるBill McClureは述べています。Solid

販売開始時期

Solid Edge with Synchronous Technologyは今年の夏(注)の出荷を予定しています。詳細については、www.siemens.com/solidedgeをご覧ください。Velocity Series製品ポートフォリオの最新情報については、本日発表された関連のプレスリリースをお読みください。
(注)米国での発売時期になります。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万1,000社のお客さまにサービスを提供し、460万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。Solid EdgeおよびVelocity Seriesは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。