本文へ移動

30 July 2008

ボーイング社、シーメンスPLMソフトウェアのTeamcenterを追加購入し、同製品の利用範囲を拡大する契約を締結

【この資料は2008年7月30日にシーメンスPLMソフトウェアの本社(米国テキサス州PLANO)およびボーイングの本社 (米国イリノイ州CHICAGO)より発表されたプレスリリースを翻訳したものです。】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、世界の航空宇宙業界をリードするボーイングがシーメンスPLMソフトウェアのデジタル・ライフサイクル管理ソリューションであるTeamcenter®を追加購入し同製品の利用範囲を拡大する、という新しいソフトウェア・ライセンス契約を締結したと発表しました。

ボーイングでは、場所・時間を問わずに最新かつ正確なデジタル情報にアクセスするため、シーメンスPLMソフトウェアのテクノロジをすでに使用しています。いくつもの重要なプロジェクトにTeamcenterを使用してコラボレーションを促進し、ワークフロー管理を改善しています。

従来のシステムに取って代わるTeamcenter

今回の契約を通して、ボーイングはシーメンスPLMソフトウェアの協力を得ながら、既存システムの一部をTeamcenterに置き換えていく予定です。部品表(BOM)、製品構成、設計変更、各種ドキュメントの管理にTeamcenterを使用していくことになります。

「当社の製品データ管理(PDM)機能を強化するためにシーメンスの協力を仰ぐことにしました。シーメンスの製品とサービスは当社が提供する製品とサービスのさらなる向上を引き続きサポートしてくれるからです」と、ボーイングのIT製品システム担当バイスプレジデントであるNancy Bailey氏は述べています。

「ボーイングのような業界をリードする大企業が自社のPDMプラットフォームにTeamcenterを採用しその利用範囲をさらに拡げようとしていることを大変光栄に思います。Teamcenterが従来のシステムに取って代わってその利用範囲が拡がるということは、Teamcenterの地位をさらに高めることとなります」と、シーメンスPLMソフトウェアの会長兼CEOのTony Affusoは述べています。

Teamcenterは、製品ライフサイクル全体を通して人とプロセスをナレッジにシームレスに結び付けることによって、イノベーションの創出と生産性の向上を強力に支援します。数多くの実績を持つ各種デジタル・ライフサイクル管理ソリューションからなるTeamcenterの包括的な製品ポートフォリオは、オープンなPLM基盤上に構築されています。Teamcenterは各種の統合アプリケーションからなる、世界で最も広く利用されているPLMソリューションであり、3D表示、コラボレーション、サプライヤ管理、そして現在、PLM業界で急成長を遂げているコラボレーティブな製品データ管理(cPDM)などのための高度なテクノロジを提供して、製品ライフサイクルの至るところで飛躍的な生産性の向上を実現します。

航空宇宙・防衛業界におけるシーメンスPLMソフトウェアのリーダーシップ

シーメンスPLMソフトウェアは航空宇宙・防衛業界のトップ15社のOEMメーカーを顧客とし、航空宇宙・防衛業界のミッション・クリティカルな業務支援においてどのPLMソフトウェア・ベンダーよりも豊富な経験と実績を積んでいます。ミッション・クリティカルな業務支援において延べ100万人年を超える経験と実績は他の追従を許さず、シーメンスPLMソフトウェアは今やPLMソリューションのデファクト・プロバイダであり、航空宇宙・防衛業界の企業変革を促進するファシリエータとなっています。

詳細については、http://www.ugs.jp/industries/aerospace_defense/index.html をご覧ください。

ボーイングについて

ボーイング社は世界有数の航空宇宙会社であり、世界最大の民間旅客機および軍用機メーカーです。また、同社は、ロータリークラフト,電子 防衛システム、ミサイル、衛星、打ち上げ機、高度情報通信システムの設計および生産を行っています。NASAの主要サービスプロバイダーとして、スペースシャトルおよび国際宇宙ステーションの運営にも携わっています。さらに、ボーイング社は、軍事と民間航空会社向けに、数々のサポートサービスを提供しています。同社は世界90カ国以上に顧客を有し、売上高では米国最大の輸出企業のひとつです。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万1,000社のお客さまにサービスを提供し、550万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plm にてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。NX、JTおよびTeamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。