本文へ移動

15 July 2008

EDSとシーメンスPLMソフトウェア、クラス最高のDefense Logistics Solutionを共同で提供

【2008年7月15日シーメンスPLMソフトウェアの本社(米国テキサス州PLANO)およびEDSの本社(英国FARNBOROUGH)より発表】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアと、各種のテクノロジ・サービスを提供しているグローバル企業のEDSは本日、EDSが航空宇宙/防衛(A&D)業界向けに提供している広範なロジスティックス・サービス(軍需物品の流通・備蓄、補給網整備など)や世界有数のITインフラ・サービスと、シーメンスPLMソフトウェアが提供している業界随一のTeamcenter®製品ポートフォリオとを組み合わせたクラス最高のDefense Logistics Solutionを共同で提供することになったと発表しました。

航空宇宙/防衛業界のOEMメーカー、サプライヤ、および国防軍/防衛省庁に向けたこのユニークなDefense Logistics Solutionを活用すれば、国防兵站やPerformance-based Logistics契約(PBL:信頼性や稼働率を保証する包括的な契約)の履行に伴う時間、リスク、コストを大幅にカットすることができます。例えば、製品構成を製品ライフサイクルの稼動状況に応じて決定し、製品や部品のパフォーマンスを追跡し、その稼動状況を分析して次世代の改良製品を開発するなどして製品品質を向上したり、このソリューションが提供するルール(規則)やロール(役割)を適用して最新の運用情報を提供・保護したり、また世界60ヵ国以上でサポートを受けられるなど、数多くのメリットを享受することができます。

「当社はA&D業界のメーカーのパートナーとして、国防兵站やMRO(保守・整備・修理)に関する各種サービスの提供と管理に豊富な実績を持っています。今回シーメンスPLMソフトウェアと業務提携することによって、PBLプログラムの履行に関わるサプライ・チェーン、サポート・プロセス、資産、達成目標などの管理に最適なクラス最高のソリューションを提供できるようになりました。このソリューションはすぐに導入して運用を開始できるだけでなく、顧客のさまざまな要望に合わせて調整できるフレキシビリティも兼ね備えています」と、EDSの航空宇宙/防衛セグメントの責任者であるJoan Davies氏は述べています。

EDSはPBLプログラムの履行を支援する戦略的で効率的なソリューションを顧客が迅速に導入できるよう、国防兵站やA&D業界における豊富な経験を基に、各国でのローカル・サポート、人とシステムとプロセスを統合するITソリューションを提供していきます。

このソリューションはシーメンスPLMソフトウェアの包括的なPLMソリューションであるTeamcenter for MROをベースにし、航空機や兵器システム、艦船、発電プラントなどの寿命の長い複雑な製品をサポートする組織に向けて最適化されています。

「PBL契約を迅速に履行して利益を最大化したいとする防衛関連のお客様にとって、本日の発表は大きなニュースです。当社は、PBL契約の履行に必要なITインフラやセキュリティ要件を効率的に計画・構築し、しかもその管理業務を大幅に簡素化できるフレキシブルで包括的なソリューションをEDSと共に開発しました。当社は世界中の航空宇宙/防衛業界にPLMソリューションを提供しているトップ・サプライヤとして、引き続きこの業界を支援する最新のソリューションを提供できる運びとなったこと、そして製品の要件決定から廃棄に至る製品ライフサイクル全体を対象にしたPLMソリューションをさらに進化させることができたことを嬉しく思っています」と、シーメンスPLMソフトウェアのTeamcenterアプリケーション担当バイスプレジデントであるSteve Bashadaは述べています。

PBL契約では、メーカー、システム・インテグレータ、それらのサプライヤに対してパフォーマンスの達成目標が設定されています。請負業者がPBL契約を滞りなく履行して利益を最大化するためには、運用開始までの期間をできるだけ短縮し、同時にPBL契約に定められた達成目標に照らして進捗状況を追跡、測定、管理できる必要があります。Defense Logistics Solutionは、最近発表したTeamcenter for MROのサービス・データ管理機能やロジスティックス・レコード管理機能とEDSのグローバルな各種サービスとが最適に組み合わさったソリューションであり、PBL契約の確実な履行を強力に支援します。

EDSとシーメンスPLMソフトウェアはファーンバラ国際航空ショーに参加します。EDSはホール1Aの“Exhibitor’s Club Restaurant & Bar”に、シーメンスPLMソフトウェアはホール4のブースE17にそれぞれ出展します。

EDSについて

EDSは各種のテクノロジ・サービスをグローバルに提供している大手ビジネス・ソリューション企業です。ITのアウトソーシング企業として46年以上もの歴史を持ち、今や、世界中の製造、金融、医療、通信、エネルギー、輸送、消費財、小売の各業界から政府機関に至る多様な顧客に広範な情報技術やビジネス・プロセスの受託サービスを提供しています。詳細についてはwww.eds.comをご覧ください。 EDSは特に航空宇宙/防衛、自動車、ハイテク、産業機械の各業界に特化した豊富な知識を有し、これらのメーカーと30年以上もの間パートナーシップを築いています。従業員数25,000人以上、世界40ヵ国220社以上のメーカーを顧客に持っています。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万1,000社のお客さまにサービスを提供し、550万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.の登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。