本文へ移動

14 July 2008

Saab Aerosystems、カスタマ・サポート用にTeamcenter for MROを追加導入

【2008年7月14日シーメンスPLMソフトウェアの本社(米国テキサス州PLANO)およびSaab Aerosystemsの本社(スウェーデン)発】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、Saab Aerosystemsがカスタマ・サポート用にすべての製品データを再利用することを目的に既存のTeamcenter®環境内にTeamcenter for MRO(保守・整備・修理)を追加導入したと発表しました。

SaabグループのビジネスユニットであるSaab Aerosystemsは4年前、開発期間の短縮と年間コストの削減を目的にJAS Saab 39 Gripen戦闘機の製品データ管理にTeamcenterを既に導入しています。今回、Teamcenter for MROを追加導入したことにより、同社の既存のTeamcenter環境はさらにその価値を高め、アクティブ・ユーザ数も合計で2,200シートに増加しました。

「Saab Aerosystemsとの協力関係が続いていることを非常に誇りに思っています。今回の追加導入はTeamcenterの品質の高さを改めて実証するものであり、PLMソフトウェアをフル活用しているSaab Aerosystemsとの揺るぎない関係を表しています」と、シーメンスPLMソフトウェアの北欧・ロシア地域担当バイスプレジデント兼マネージング・ディレクタであるArie van Essenは述べています。

Saab ABについて

Saabは軍事防衛から民間セキュリティまで多種多様な製品、サービス、ソリューションを提供しているグローバル企業です。世界中に営業拠点と人員を配し、目まぐるしく変化する顧客ニーズに対応するため、新技術の開発、適用、改善を日夜続けています。従業員数13,700人、年間売上230億スウェーデン・クローネ(25億ユーロ)。売上の約20%を研究開発費に当てています。詳細についてはwww.saab.seをご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界5万1,000社のお客さまにサービスを提供し、550万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、オープンなエンタープライズ・ソリューションの提供を通じてグローバルなイノベーション・ネットワーク環境を実現し、企業間・パートナー間のコラボレーションを促進させ、ワールドクラスの製品・サービスの供給・普及に貢献しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、低圧制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.の商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

ご質問はありますか?