本文へ移動

Siemens PLM Connection Americas 2015 – Dallas, 米国テキサス州, 18 May 2015

Solid Edgeの最新バージョン、より高度な柔軟性を提供して、設計のさらなる加速化を支援

シーメンスのSolid Edge®ソフトウェアの最新バージョン、Solid Edge ST8(Solid Edge ST8)は、設計のさらなる加速化、シンクロナス・テクノロジーの使い易さの改善、柔軟に選べるプラットフォームと購入オプションの提供など、数多くの拡張機能や新機能を搭載してリリースされます。さらにSolid Edge ST8のフルバージョンをMicrosoft Windows® 8.1搭載タブレットにもインストールできるようになり、時間と場所を問わないより自由な設計環境を提供します。またSolid Edge ST8のリリースに合わせて、新しいモバイルアプリ・ストア、Solid Edge App Marketplacesmも開設しました。このワンストップ・ストアからSolid Edgeの機能を拡張するアドオン・ソリューションを購入すれば、製品開発の生産性をさらに高めることができます。

Kimball InternationalのR&Dエンジニアリング・マネージャーのRicardo Espinosa氏は、「Solid Edge ST8でシンクロナス・テクノロジーのインターフェイスが機能拡張されて大変嬉しく思います。この改良により、より短期間で操作を習得できるようになり、インターンや派遣社員の研修期間が短縮され、すぐに実践に入れるようになります。これは、Solid Edgeの開発チームがユーザーを大切にし、これからも最先端の製品開発ツールを提供し続けるというコミットメントの証しに他なりません」と述べています。

Solid Edge ST8では他にも、設計意図の同期管理、複雑なスケッチング、3Dフィーチャーの認識などの各機能が改善されているため、ユーザーは設計ツールの操作方法に煩わされることなく、設計そのものに集中できるため、モデリング・プロセスを速めることができます。シンクロナス・テクノロジーを内包した柔軟なモデリングにより、ユーザーを操作の呪縛から解放し、直感的な操作によるリアルで正確、かつ迅速な設計が可能となり、製品の市場投入期間を短縮することができます。シンクロナス・テクノロジーは、ダイレクト・モデリングのスピード感と柔軟性に加え、寸法駆動設計による精密な制御性を提供します。

さらに、Solid Edge ST8では、大規模で複雑なアセンブリの操作を単純化し、加えて運動学的条件を正確にシミュレートして予測できる機能が実装されているため、アセンブリの設計プロセスを大幅に短縮し、物理プロトタイピングの必要性を極限まで削減します。また、Solid Edge ST8では、同梱の学習ツールのほかにも、オンライン・コミュニティーや新設のSolid Edge App Marketplaceも広く利用できるようになっています。これらのツールやサイトはすべて、設計プロセスを加速化してユーザーのパフォーマンスと生産性の大幅な向上を目的にしています。また、ユーザーのさまざまなビジネス・ニーズや資金的な柔軟性に応えるため、月単位のサブスクリプション・モデルをはじめとする柔軟な購入オプションも用意されています。

Solid Edge ST8はWindows 8.1のマルチタッチ・インターフェイスを完全サポートし、フィンガー入力とスタイラス入力を認識するため、さらに直感的な設計が可能となります。またモバイル・プラットフォームからも設計プロセスに完全アクセスできるため、場所を問わない柔軟性を提供し、イノベーションとコラボレーションの強化を図ることができます。

Lifecycle Insightsのリサーチ・アナリストのChad Jackson氏は、「タブレットでSolid Edgeを使って設計したことがあるユーザーの話を聞くと、シーメンスが単にSolid Edgeをタブレットに移植しただけではないことがはっきり分かります。シーメンスがマルチタッチとスタイラスのインタラクションの利点を生かしてSolid Edgeをいかにモバイル環境に適合させたらいいかについて、多くの時間と努力を費やしたことが分かります。ユーザーの話から分かることは、外出先でのサプライヤーとのコラボレーションや顧客ニーズへの対応を考え抜いて、ユーザーに本当の利益を享受してもらうためのアプリケーションになっているということです」と述べています。

シーメンスPLMソフトウェアのメインストリーム・エンジニアリング・ソフトウェア担当シニア・バイスプレジデントのJohn Millerは、「Solid Edge ST8は利便性と使い易さを大幅に向上させました。またSolid Edgeの購入オプションと導入オプションをさまざまに用意することもお客様にとって重要なことと考えました。お客様が恒久ライセンスあるいはサブスクリプション・ラインセンスを選択しようと、またデスクトップ・ワークステーションあるいは完全モバイル・プラットフォームの環境であろうと、シーメンスはあらゆる規模のお客様にそれぞれのビジネス・ニーズに最適なソリューションを提供することができます。これにより、Solid Edgeのお客様はより良い設計を通してイノベーションを実現できるようになります」と述べています。

Solid Edge ST8は今年夏の出荷を予定しています。詳細については、www.siemens.com/plm/st8にてご覧いただけます。

シーメンスPLMソフトウェアについて, シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンスデジタルファクトリー事業本部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)とMOM(製造オペレーション管理)のソフトウェア、システムおよび関連サービスにおいて世界をリードするグローバル・プロバイダーです。これまで世界77,000社以上のお客さまにサービスを提供し、900万ライセンス以上のソフトウェアの販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地とし、数多くのお客様と協働して各種産業向けソフトウェア・ソリューションを提供しています。これによりお客様がイノベーションを実現し、世界中で競争優位性を常に確保 できるよう支援しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンスAG について シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、165年以上もの間、卓越したエンジニアリングとイノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバルなテクノロジー企業であり続けています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に世界200カ国以上で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界でもっとも多く提供している企業のひとつであり、海洋風力発電の建造では世界一、コンバインドサイクル発電では主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。さらにシーメンスは、コンピューター断層撮影や磁気共鳴画像診断システムなどの医用画像診断装置の大手サプライヤーでもあり、また臨床診断および臨床情報技術のリーダーでもあります。2014年9月30日を期末とする2014年度における継続事業からの売上は719億ユーロ、営業利益は55億ユーロでした。2014年9月末現在の全世界の社員数は357,000人です。シーメンスに関する詳細はwww.siemens.comにてご覧いただけます。

注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。Solid Edgeは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。WindowsはMicrosoft Corporationの登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。