米国テキサス州PLANO, 14 October 2014

シーメンス、Camstarを買収し、「ものづくりのデジタル化」におけるリーダーシップを強化

主要な業界での製造実行システムにおけるリーダーシップを強化。グローバルなサプライチェーンにおける製品性能に関するビッグデータの分析機能を追加

シーメンスは、エンタープライズ向け製造実行システム(Manufacturing Execution Systems: MES)の市場で高い実績を持つCamstar Systems, Inc.を買収する契約を締結しました。この買収は、エレクトロニクス、半導体、医療機器などの業界向けに製品開発と製造自動化の統合ソリューションを拡充して「ものづくりのデジタル化」を推進するというシーメンスの戦略に基づくものです。本日の発表は、企業が真の統合デジタル・エンタープライズを推進してイノベーションを創出できるよう支援するための新たなステップです。Camstarのクラス最高のMESはシーメンスの既存の業界別ソリューションを補完するものとなります。Camstarはシーメンスの製品ライフサイクル管理(PLM)ビジネスユニットの傘下に入ります。買収の最終手続きは2014年11月後半に終了する予定です。買収の諸条件は開示されない予定です。

Camstarのエンタープライズ向けMES製品ポートフォリオは、集約型または分散型のマルチサイト製造環境に対応する拡張性と柔軟性を備えた各種エンタープライズ・ソリューション群から構成されています。今日、製品開発の環境は複雑化しており、各業界の製造企業でエンタープライズ向けMESソリューションの需要が高まっています。Camstarの製品ポートフォリオには、複雑なグローバル・プロセスの業務について洞察を得るための次世代型の高性能な分析機能が組み込まれています。この分析機能はクラウド型で、企業の全業務だけでなく、グローバルなサプライチェーンに対応する最先端のビッグデータ技術が使われています。

「Camstarの人材と製品が加わることは、お客様がデジタル・エンタープライズを推進するための支援に必要な業界屈指の包括的な機能と深い専門知識の提供に当社が集中する新しいステップとなるものです。Camstarのソリューションが加われば、製品ライフサイクル管理(PLM)と製造オペレーション管理(Manufacturing Operations Management: MOM)の統合をさらに加速させることができます。統合デジタル・エンタープライズでは、PLMとMOM、さらに産業オートメーションとが統合され、バリューチェーン全体で製品とプロセスにイノベーションをもたらすことができます。Camstar独自の価値と産業に特化したアプローチはシーメンスのMOM対応の戦略を補完するものであり、当社のプレミアムMESブランドであるSIMATIC ITとともに歓迎されるソリューションとなります」と、シーメンスPLMソフトウェアのプレジデント兼CEOのChuck Grindstaffは述べています。

「Camstarは長年にわたって、医療機器、半導体、エレクトロニクスの業界に向けたMES機能と価値の提供において業界標準を確立しているとの評価を得てきました。当社がこれらの業界に価値を提供し、各業界の戦略に添っていることをシーメンスは明確に理解してくれています。この買収は当社の既存のお客様にとっても大きなベネフィットになるものであり、当社がシーメンスの一員になることで、チャンスがさらに大きく開けていくものと期待しています」と、CamstarのCEOであるScott Toney氏は述べています。

「シーメンスによるCamstarの買収は、シーメンスの産業向け戦略に合ったスマートな流れです。この買収は重要な市場セグメントにおける同社の能力を強化し、強力なテクノロジーと専門性をさらに高め、顧客にイノベーションの実現を可能にさせるものとなります」と、ARC Advisory GroupのバイスプレジデントであるGreg Gorbach氏は述べています。

Camstarは1984年設立、本社はノースカロライナ州シャーロットで、米国、シンガポール、マレーシア、中国、オランダに拠点を持ち、250人の従業員を擁しています。


シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。米国テキサス州プラノを本拠地として、これまで世界77,000社のお客さまにサービスを提供し、900万ライセンスに及ぶソフトウェアの販売実績を上げています。製品のプランニングから開発、製造、サポートに至る製品ライフサイクルのプロセスを最適化することで、数多くの企業のより良いものづくりを支援しています。シーメンスPLMソフトウェアは、ものづくりに関わるすべての人に必要な情報を必要な時に提供して、スマートな意思決定を支援するというHD-PLMビジョンを推進しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンスAG について

シーメンスAG(本社:ベルリンおよびミュンヘン)は、165年以上にわたり、卓越したエンジニアリング、イノベーション、品質と信頼性、そして国際性を象徴するグローバル企業でありつづけています。電化、自動化、デジタル化の分野を中心に、世界200カ国以上で事業を展開しています。シーメンスはエネルギー効率に優れた省資源技術を世界で最も多く提供している企業のひとつであり、洋上風力発電の建造においては世界一、コンバインドサイクル発電ではタービンの主要サプライヤー、送電ソリューションでは大手プロバイダー、そしてインフラストラクチャー・ソリューションならびに産業向け自動化ソリューションとソフトウェア・ソリューションのパイオニアです。さらにシーメンスは、コンピューター断層撮影装置(CT)や磁気共鳴画像診断装置(MR)などの医用画像診断装置の大手サプライヤーでもあり、臨床検査および医療情報テクノロジーのリーダーでもあります。2013年9月末に終了した2013年度の継続事業からの売上高は759億ユーロ、営業利益は42億ユーロでした。2013年度の全世界の社員数は36万2,000人です。詳しい情報は、www.siemens.comにてご覧いただけます。