本文へ移動

Nuremberg, 11 February 2014

シーメンスのLMSソフトウェア、エアバスのA350 XWBの構造解析に活用される

世界中で50社以上のサプライヤーの2,000名を超す応力解析のエンジニアがA350-900の構造開発と検証にLMS Samtech Caesamを活用 

シーメンスのビジネスセグメントであるLMSが提供するソフトウェアは、エアバスのA350-900の構造解析プロセスに大きな役割を果たし、その結果エアバスの他のプロジェクトへと利用が拡大しています。エアバスは、シーメンスのCAEソフトウェア・ソリューションのひとつであるLMS Samtech Caesamをベースとした共通の応力解析環境を構築しています。LMS Samtech Caesamは、世界の50社以上のサプライヤーの2,000名を超える応力解析エンジニアに対し、A350-900の構造開発とその検証のためのエアバスの統一したメソッドを提供する基盤となりました。LMS Samtech Caesamは従来の400種類以上のツールに代わり、エアバスの全プロセス、メソッド、ツール、データ・ライブラリを統合する単一環境を提供しています。

A350 XWBシリーズのひとつであるA350-900は、ISAMI(Improved Structural Analysis through Multidisciplinary Integration)と呼ばれるエアバスの共通開発環境を使って開発されたエアバス初の航空機です。ISAMIの環境はA350の構造解析と検証プロセスに一貫性をもたらしてくれました。このISAMIは、LMS Samtechのシミュレーション・ソリューション群のひとつであるLMS Samtech Caesamの環境をベースにしています。

LMS Samtech Caesamの環境は、エアバスの構造解析における3つの主要な課題、すなわち、調和、自動化、展開への取り組みを支援しました。この環境を通じて、安全域の計算におけるエンジニアリングプロセスを管理し自動化したことにより、設計サイクル全体における時間とコストの大幅な改善をもたらしました。さらにこの環境は調和のとれたサイジング・プロセスとツールの統合、企業ノウハウのフル活用を可能にしています。LMS Samtech Caesamの環境は、拡大するグローバル・サプライチェーンを含む構造解析作業のフローを航空宇宙業界のメーカーが管理できるよう構築されています。

LMS Samtech CaesamのプラットフォームがISAMI環境で成功したことを受けて、エアバスではA350-1000およびA320neoの詳細な構造サイジングと検証に同環境を利用しています。さらに、エアバスはシーメンスのビジネスセグメントであるLMSと共同し、開発プロセスの早い段階で、航空機の重量を予測できる新しいツールを開発しました。このツールにおいても、LMS Samtech Caesamの環境をベースにしたPRESTO(Pre-sizing of Structures for Trade-Offs)が航空機の予備サイジングに活用されています。PRESTOはA350-1000機の開発において従来のメソッドを大きく上回るコスト削減をすでに実現しています。

LMSは2013年1月にシーメンスによって買収され、現在シーメンスPLMソフトウェアのビジネスセグメントになっています。
詳細については、Webサイトをご覧ください。.siemens.com/plm/lms

Follow us on Twitter at www.twitter.com/siemens_press.

シーメンス インダストリーセクターについて シーメンス インダストリーセクター(ドイツ・エアランゲン)は、産業向けに革新的で環境にやさしい技術とソリューションを提供している世界的なサプライヤーです。統合オートメーション技術と産業用ソフトウェア、各産業に特化した豊富な専門知識、技術に基づく各種サービスを提供して、お客様の生産性、効率性、柔軟性の向上に貢献しています。シーメンス インダストリーセクターは、産業オートメーション事業部、ドライブテクノロジ事業部、カスタマー・サービス事業部、金属テクノロジーのビジネスユニットからなり、全世界で100,000人を超える従業員を擁しています。詳細は http://www.siemens.com/industry

シーメンス産業オートメーション事業部についてシーメンスインダストリーセクターに属する産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション技術、工業用制御技術、産業用ソフトウェアを相互に組み合わせた多岐にわたる取り扱い品目を提供し、製品の設計から製造、サービスに至る製造企業のバリューチェーン全体を支援しています。産業オートメーション事業部が提供するソフトウェア・ソリューションを活用することにより、新製品の市場投入期間を最大で約50%も短縮させることができます。産業オートメーション事業部は、産業オートメーションシステム、制御機器とシステムエンジニアリング、センサと通信、シーメンスPLMソフトウェア、水処理技術の5つのビジネスユニットから構成されています。詳細はwww.siemens.com/industryautomation.

Note: Siemens and the Siemens logo are registered trademarks of Siemens AG. LMS is a trademark or registered trademark of Siemens Product Lifecycle Management Software Inc. or its subsidiaries in the United States and in other countries. All other trademarks, registered trademarks or service marks belong to their respective holders.