06 October 2009

FiberSIM®ソフトウェアを利用して SpaceX社のDragon宇宙船の開発期間を70%削減

2009年10月6日(火)— 業界に特化したエンジニアリングソフトウェアやサービスのリーディングプロバイダーであるVISTAGY, Inc.(米国、マサチューセッツ州ウォルサム)は、政府機関や商業利用のロケットおよび宇宙船などの開発を手がけるSpace Exploration Technologies Corporation (SpaceX)社がVISTAGYのコンポジット設計支援ソフトウェアであるFiberSIM®を導入したことを発表します。今回のFiberSIM導入の目的は、Dragon宇宙船のコンポジット開発プロセスにおける設計期間の短縮と効率の向上です。NASAは、国際宇宙ステーションや他の低高度軌道の人工衛星(low Earth orbit)において、信頼性に優れ、効果的に乗務員や貨物の輸送を実現するFalcon9ロケットの打ち上げと、Dragon宇宙船の選定をしました。SpaceXは、Falcon 9ロケットの打ち上げの目標を、2009年後半としています。

FiberSIMは、ファイバープレースメントのダイアグラムやレーザー投射ファイルを開発するために利用され、ロケットや宇宙船の熱シールド・外装パネル・絶縁層などの断熱システムやエンジンまわりのパネル類に関するファイバープレースメントを支援します。FiberSIMは、SpaceX社で新しいコンポジットのプロジェクトから利用され、5メートルのフェアリング船尾型パネルを7日から2日に短縮するなど、コンポジット部品の設計・製造時間の削減を実現します。

「時間は、いつも重要になります。よって、迅速に最先端技術を取り込むために、実績のあるFiberSIMの能力が、ソフトウェア購入の決め手となりました。FiberSIMは、製造現場で正確な設計情報を利用することで、製品品質を改善することができます。また、製造プロセスの繰り返し作業においても支援してくれます。
これらが、このツールで実現すれば、部品同士がうまくフィットすることを断言できます。また、SpaceXのレーザープロジェクションシステムとの優れた連動を実現します。」とSpaceX社の構造エンジニアリング担当副社長 クリス トンプソン(Chris Thompson)氏が述べています。

「VISTAGYとしては、宇宙旅行において最先端のコンポジットの設計・製造技術にFiberSIMが貢献し、SpaceX社と協業することができて嬉しく思います。本協業により、コンポジットの開発プロセス全体の効率や生産性の向上、宇宙旅行のコストを低減することや信頼性を向上させることなど、SpaceXの目標を達成する支援をさせていただきます。」とVISTAGY 製品・マーケット戦略担当ディレクターのジョン オコナー(John O’Connor)が述べています。

SpaceXについて

Space Explorations Technologies Corporation(SpaceX)社は、信頼性の向上および低コストの有人・無人宇宙輸送を目的として、打ち上げロケットや宇宙船の開発を行っています。Space X社は、軌道の高度や傾斜に宇宙船が入るように、高品質でコスト効果の高い機能を提供しています。2010年からSpaceX社のDragon宇宙船が国際宇宙ステーションへの補給も含め、与圧や非与圧貨物の低高度軌道の輸送を行います。SpaceX社は、2002年に創業し、現在本社はホーソーン(Hawthorne/カルフォルニア州)に置かれ、従業員は700人。 さらに詳しい情報は、http://www.spacex.comをご覧ください。


VISTAGYについて

VISTAGYは、業界をリードするエンジニアリングソフトウェアやサービスのグローバルプロバイダーです。業界に特化したソリューションのパイオニアとして20年間にわたり、完全なバーチャル製品定義を利用した情報のやり取り、エンジニアリング情報の再利用の促進、サプライチェーンも含む企業内外の効率的なコミュニケーションなどを支援するソリューションの開発・販売・サポートを行って参りました。VISTAGYの提供するエンジニアリングソフトウェアやサービスは、主要な3D CAD システムの機能を拡張させ、製品開発プロセスを最適化することができます。そして、生産性を向上させ、製品のライフサイクル全体において製品情報のやり取りを改善し、設計の早い段階で最良の意思決定を行うことができます。VISTAGYのソリューションは、航空、自動車、船舶、風力エネルギー、医療機器、スポーツ用品、輸送機器の内装などの分野で全世界の200を超える企業に導入されています。さらに詳しい情報は、弊社ウェブサイト( www.vistagy.com/jp/ )をご覧ください。

このプレス・リリースは、シーメンスPLMソフトウェアによる買収(2011年12月6日)以前に、Vistagy,Inc. が発表しました。