本文へ移動

04 September 2012

シーメンスPLMソフトウェア、Teamcenter性能試験の最新結果を発表

【2012年9月5日 米国テキサス州PLANO発】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、 Siemens PLM Software は本日、Teamcenter® をMicrosoft SQL Server 2012データ・プラットフォームとWindows Server 2008 R2 Enterpriseオペレーティング・システム上で動作させた性能および拡張性試験において、卓越した測定結果を記録したことを発表しました。 Intelの協力とサポートを受け、Microsoftと共同で実施したこの性能試験において、Microsoft SQL Server 2012データベースのエンタープライズ・レベルの能力がPLM環境で十分発揮されることが実証されました。

この性能試験では、10,000人の同時ユーザー・セッションをシミュレーションしました。同時ユーザー数は実際のユーザー数のほんの一部に過ぎないため、この数字は世界最大のPLM実装環境を実質的にサポートできることを示すものです。またパフォーマンステストでは、拡大していく企業全体に対しTeamcenterの継続的な拡張をサポートするための、大規模展開能力についても実証されました。 TeamcenterとMicrosoft SQL Server 2012は実質上すべての実装環境をサポートし、低総所有コストで高性能なPLMシステムの構築が可能な究極の拡張性を備えていることが確認されました。

「Microsoft SQL Server 2012とシーメンスPLMソフトウェアのテクノロジーは、相互運用性、拡張性、さらにコスト効率性に優れたPLM展開のためのIT基盤を提供します。PLMをすべてのデスクトップに展開し、コラボレーションの障害を取り払い、ITの複雑性を簡素化し、最終的にはユーザーの生産性を高めるIT基盤を構築することができます」と、Microsoftのワールドワイド・ディスクリート・マニュファクチャリング・インダストリー部門のマネージング・ディレクタであるSanjay Ravi氏は述べています。

「Microsoftとの強力なコラボレーションにより、お客様のPLM投資効果を最大化できる包括的なエンタープライズPLMシステムを共同で提供することができます。小規模な実装環境から何万人ものグローバル・ユーザーからなる大規模な実装環境まで、高いコスト効率で対応可能な唯一のシステムであるTeamcenterは、お客様の将来を約束し、決して裏切ることはありません。Teamcenterのこうした能力と両社がそれぞれITとPLMのリーダーシップを発揮しているからこそ、共通のお客様に“スマートな意思決定による、より良いものづくり”の実現を可能にするPLMテクノロジーの統合システムを提供できるのです」と、シーメンスPLMソフトウェアのライフサイクル・コラボレーション・ソフトウェア担当ジェネラル・マネージャー兼シニア・バイスプレジデントのEric Sterlingは述べています。

シーメンスPLMソフトウェアとMicrosoftはそれぞれ最新のソフトウェア製品を使用して、この性能試験を共同で計画し実施しました。TeamcenterをMicrosoft SQL Server 2012およびWindows Server 2008 R2上で稼働させ、ハードウェアには Intel® Xeon® プロセッサを使用し、共通のPLMアクションを実行する標準的な試験メソッドにより、10,000人のTeamcenter同時ユーザー・セッションをシミュレーションしました。 この性能試験の詳細は下記のWebサイトにてご覧いただけます。
www.plm.automation.siemens.com/en_us/partners/simplify.shtml.

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界71,000社のお客さまにサービスを提供し、700万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、スマートな意思決定による、より良いものづくりを支援するオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は www.siemens.com/plm.にてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属する産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション技術、工業用制御技術、産業用ソフトウェアを相互に組み合わせた多岐にわたる取り扱い品目を提供し、製品の設計から製造、サービスに至る製造企業のバリューチェーン全体を支援しています。産業オートメーション事業部が提供するソフトウェア・ソリューションを活用することにより、新製品の市場投入期間を最大で約50%も短縮させることができます。産業オートメーション事業部は、産業オートメーションシステム、制御機器とシステムエンジニアリング、センサと通信、シーメンスPLMソフトウェア、水処理技術の5つのビジネスユニットから構成されています。詳細は www.siemens.com/industryautomationをご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。IntelおよびXeonは、米国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。



【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:03-5354-6700
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm
Twitter:http://twitter.com/SiemensPLM_JP

ご質問はありますか?