本文へ移動

10 April 2012

シーメンスPLMソフトウェア、ゼネラルモーターズから4度目となる「サプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞

~「新生GMの目覚ましい復活とその高まる勢いに今後も貢献していく」 - シーメンスPLMソフトウェアのCEO、Chuck Grindstaff~

【2012年4月10日 米国デトロイト発】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェア は本日、3月13日にデトロイト美術館で開催された式典において、栄えある「2011年ゼネラルモーターズ・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞」を受賞したことを発表しました。世界最高の自動車の設計、製造、販売における自動車業界の取り組みに対し、シーメンスPLMソフトウェアが果たしている重要な役割が評価されました。この賞は、品質、サービス、テクノロジー、価格など広範なカテゴリーにわたってサプライヤーを評価するものであり、シーメンスPLMソフトウェアは製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアのグローバル・サプライヤーとして、今回で4度目の受賞となります。

「シーメンスPLMソフトウェアとのパートナーシップと常に期待以上の成果を挙げてきた同社の献身が、両社の成功をもたらしました。GMのチーム全員がシーメンスPLMソフトウェアのチームの尽力に感謝しており、シーメンスPLMソフトウェアのパフォーマンスの高さを称賛したいと思います」と、GMのエグゼクティブであるTimothy Cox氏は述べています。

「GMの素晴らしいチームと密に連携して、彼らが求めていることを真に理解し、世界最高の自動車やトラック開発に必要なソリューションを提供してきたことが、今回の「2011年ゼネラルモーターズ・サプライヤー・オブ・ザ・イヤー賞」受賞につながったものと、心から嬉しく思っています。お客様を理解し、お客様の業界を理解していく中で、当社独自の実践的なPLMビジョンが形成されてゆき、今日、こうして世界中の自動車業界において他の追従を許さない成長と快進撃につながっているものと思います。本賞の受賞、ならびにこれまでのパートナーシップに対して、ゼネラルモーターズに心から感謝申し上げます。名立たるITサプライヤー・リストから当社が選ばれたことは非常に大きな誇りであり、新生GMの目覚ましい復活とその高まる勢いにこれからも貢献してまいります」と、シーメンスPLMソフトウェアのCEO兼プレジデントであるChuck Grindstaffは述べています。

シーメンスPLMソフトウェアは、ゼネラルモーターズに対して、製品ライフサイクルの全プロセスの自動化を支援する統合ソフトウェア、サービス、そして専門知識を包括的に提供しています。ゼネラルモーターズでは、CAD、CAM、CAEにNX™を、デジタル・ライフサイクル管理にTeamcenter®を、デジタル・マニュファクチャリングとシミュレーションにTecnomatix®をそれぞれ活用しており、それ以外にもシーメンスPLMソフトウェアのソリューションを数多く活用しています。

自動車業界における広範なリーダーシップと快進撃

シーメンスPLMソフトウェアは、ここ数年の間に、世界有数の自動車メーカーとサプライヤーを顧客リストに加え、世界中の自動車業界において他の追従を許さない快進撃を続け、広範なリーダーシップの地位を獲得しています。シーメンスPLMソフトウェアのテクノロジーは、世界の自動車メーカー上位15社の90%以上に、またサプライヤー上位25社のうち約90%に活用されています。世界自動車工業会(International Organization of Motor Vehicle Manufacturers:OICA)がランク付けした世界の自動車メーカー上位47社の世界自動車総生産台数の80%以上の開発にシーメンスPLMソフトウェアのテクノロジーが活用されています。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界71,000社のお客さまにサービスを提供し、700万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、スマートな意思決定による、より良いものづくりを支援するオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属する産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション技術、工業用制御技術、産業用ソフトウェアを相互に組み合わせた多岐にわたる取り扱い品目を提供し、製品の設計から製造、サービスに至る製造企業のバリューチェーン全体を支援しています。産業オートメーション事業部が提供するソフトウェア・ソリューションを活用することにより、新製品の市場投入期間を最大で約50%も短縮させることができます。産業オートメーション事業部は、産業オートメーションシステム、制御機器とシステムエンジニアリング、センサと通信、シーメンスPLMソフトウェア、水処理技術の5つのビジネスユニットから構成されています。詳細は www.siemens.com/industryautomationをご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。NX、TecnomatixおよびTeamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

この資料は2012年4月10日にデトロイトより発表されたプレスリリースを翻訳したものです。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:03-5354-6700
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm
Twitter:http://twitter.com/SiemensPLM_JP  

 

ご質問はありますか?