本文へ移動

09 November 2011

シーメンス、産業用ソフトウェアの拡充を推進 : 米国のVistagy社を買収

【2011年11月9日 シーメンス インダストリーセクター 産業オートメーション部門(ドイツ・ニュルンベルク)発】

シーメンスは、高度な複合材の構造設計と製造に特化したエンジニアリング・ソフトウェアとサービスの大手サプライヤであるVistagy社(米国マサチューセッツ州ウォルサム)を買収し、産業用ソフトウェア製品をさらに拡充します。本買収に向けた契約は11月上旬に締結されました。この買収により、シーメンス インダストリーセクターに属する産業オートメーション事業部は、産業用ソフトウェアで世界をリードするサプライヤとしてその地位をさらに高めることになります。両社は買収条件を開示しないことに同意しています。買収取引は慣例法による承認を経て、2011年末までには完了する予定です。

自社製品に炭素繊維部品のような複合材を使用している企業は、複合材がもたらす競争優位性をさらに強化するため、さらなるコスト削減と製品の市場投入期間の短縮に取り組んでいます。軽量、高強度、高耐久性を兼ね備える複合材構造は、航空宇宙産業や風力タービンの回転翼など、すでに広範な用途に使用されていますが、その開発と製造における複雑性が大きく軽減され、それに要する期間がさらに短縮されれば、自動車産業や造船業を中心に複合材の利用はさらに拡大していくものと予想されています。P>

Vistagy社の業界に特化したエンジニアリング・ソフトウェアをシーメンスの製品ライフサイクル管理(PLM)のための産業用ソフトウェア製品ポートフォリオに追加する目的も、まさにこの課題の解決にあります。シーメンスは、炭素繊維部品の製造ラインの自動化において世界有数のテクノロジー・リーダーです。Vistagy社を買収することで、炭素繊維部品の定義から開発、製造、サービスに至る全体的な価値創造をソフトウェア・ツールでサポートできる世界唯一の企業になります。

「製品のパフォーマンスをさらに上のレベルに押し上げるには、業界固有のニーズに対応する高度なソフトウェア・ソリューションが欠かせません。このように特定の業界ニーズに的を絞ることが、産業用ソフトウェア市場で成功するための差別化要因となります。当社のPLMソフトウェア・ビジネスと、複合材をはじめとするVistagy社の業界に特化した専門的なソフトウェア技術との計画的な統合を実現することにより、お客様は当社をこの市場における現在の、そして将来を約束するパートナーとして選択してくれるものと考えています」と、シーメンス産業オートメーション事業部CEOのAnton S. Huberは述べています。

Vistagy社は米国マサチューセッツ州ウォルサムに本社を置いています。複合材のエンジニアリングから複雑なアセンブリ、大型の航空機体構造の設計・製造をはじめ、輸送機器の座席や内装部品の設計・製造に至る多種多様な用途に、世界で約300社のメーカーがVistagy社のソフトウェア製品を使用しています。シーメンスは、このソフトウェア・サプライヤとその製品、サービス、サポートをシーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであるシーメンスPLMソフトウェアに統合する計画です。シーメンスPLMソフトウェアは、製品ライフサイクル全体を最適化して製品の市場投入期間を大幅に短縮させる各種機能を搭載したソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。使用しているITソリューションやCADプラットフォームの種類に依存することなくすべての顧客に対応できる同社の確立したオープン・ビジネスは、Vistagy社のすべての顧客に対するサポートを継続し、顧客満足度をさらに向上してまいります。

「Vistagy社は20年間にわたって、堅牢な各種ソリューションと優れたサービスを提供してお客様のエンジニアリング作業と製造作業をサポートしてきました。また、当社はシーメンスPLMソフトウェアと長年にわたって良好なパートナーシップを築いてきました。このたび、Vistagy社の製品がシーメンスの包括的な製品ラインに加わることで、現在の顧客基盤をさらに拡大できるものと楽しみにしています」と、Vistagy社プレジデント兼CEOのSteve Luby氏は述べています。

シーメンス産業オートメーション事業部は、米国のUGS(2007年)、ドイツのInnotec(2008年)、フランスのElan Software Systems(2009年)、ブラジルのActive SA(2011年)など、産業用ソフトウェアの各分野をリードしていた企業をここ数年数多く買収してきました。

詳細については、 www.siemens.com/automationをご覧ください。

シーメンス インダストリーセクター(ドイツ・エアランゲン)は、産業向けに革新的で環境にやさしい技術とソリューションを提供している世界的なサプライヤです。統合オートメーション技術と産業用ソフトウェア、各産業に特化した豊富な専門知識、技術に基づく各種サービスを提供して、お客様の生産性、効率性、柔軟性の向上に貢献しています。シーメンス インダストリーセクターは、産業オートメーション事業部、ドライブテクノロジ事業部、カスタマー・サービス事業部、金属テクノロジーのビネスユニットからなり、全世界で100,000人を超える従業員を擁しています。詳細はhttp://www.siemens.com/industryをご覧ください。

シーメンス インダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション技術、工業用制御技術、産業用ソフトウェアを相互に組み合わせた多岐にわたる取り扱い品目を提供し、製品の設計から製造、サービスに至る製造企業のバリューチェーン全体を支援しています。産業オートメーション事業部が提供するソフトウェア・ソリューションを活用することにより、新製品の市場投入期間を最大で約50%も短縮させることができます。産業オートメーション事業部は、産業オートメーションシステム、制御機器とシステムエンジニアリング、センサと通信、シーメンスPLMソフトウェア、水処理技術の5つのビジネスユニットから構成されています。詳細はwww.siemens.com/industryautomationをご覧ください。

Vistagy社は、設計サイクルの初期段階で詳細な製品定義を記述してより適切な情報に基づく意思決定を支援する、業界に特化したエンジニアリング・ソフトウェアとサービスをグローバルに提供しているリーディング・プロバイダです。専門的なプロセス・ナレッジや業界に特化した専門技術を世界で最も複雑な特定の問題の解決に応用して、市販の3D CADプラットフォームを強化しています。これにより、エンジニアリング・データの再利用を大幅に促進し、最終的には、コストの削減、品質の向上、市場投入期間の短縮につなげることができます。Vistagy社は、Bombardier Aerospace、General Motors、Sinomatech Wind Power Blade Co.など、航空宇宙産業、自動車産業、風力エネルギー産業にわたる数百社のメーカーの戦略的パートナーとなっています。Vistagy社は米国マサチューセッツ州ウォルサムに本社を置いています。 詳細はwww.vistagy.comをご覧ください。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:03-5354-6700
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm
Twitter:http://twitter.com/SiemensPLM_JP

This document contains forward-looking statements and information – that is, statements related to future, not past, events. These statements may be identified by words such as "expects," "looks forward to," "anticipates," "intends," "plans," "believes," "seeks," "estimates," "will," "project" or words of similar meaning. Such statements are based on the current expectations and certain assumptions of Siemens' management, and are, therefore, subject to certain risks and uncertainties. A variety of factors, many of which are beyond Siemens' control, affect Siemens' operations, performance, business strategy and results and could cause the actual results, performance or achievements of Siemens to be materially different from any future results, performance or achievements that may be expressed or implied by such forward-looking statements. In particular, Siemens is strongly affected by changes in general economic and business conditions as these directly impact its processes, customers and suppliers. This may negatively impact our revenue development and the realization of greater capacity utilization as a result of growth. Yet due to their diversity, not all of Siemens' businesses are equally affected by changes in economic conditions; considerable differences exist in the timing and magnitude of the effects of such changes. This effect is amplified by the fact that, as a global company, Siemens is active in countries with economies that vary widely in terms of growth rate. Uncertainties arise from, among other things, the risk of customers delaying the conversion of recognized orders into revenue or cancelling recognized orders, of prices declining as a result of continued adverse market conditions by more than is currently anticipated by Siemens' management or of functional costs increasing in anticipation of growth that is not realized as expected. Other factors that may cause Siemens' results to deviate from expectations include developments in the financial markets, including fluctuations in interest and exchange rates (in particular in relation to the U.S. dollar), in commodity and equity prices, in debt prices (credit spreads) and in the value of financial assets generally. Any changes in interest rates or other assumptions used in calculating obligations for pension plans and similar commitments may impact Siemens' defined benefit obligations and the anticipated performance of pension plan assets resulting in unexpected changes in the funded status of Siemens' pension and other post-employment benefit plans. Any increase in market volatility, further deterioration in the capital markets, decline in the conditions for the credit business, continued uncertainty related to the subprime, financial market and liquidity crises, or fluctuations in the future financial performance of the major industries served by Siemens may have unexpected effects on Siemens' results. Furthermore, Siemens faces risks and uncertainties in connection with: disposing of business activities, certain strategic reorientation measures; the performance of its equity interests and strategic alliances; the challenge of integrating major acquisitions, implementing joint ventures and other significant portfolio measures; the introduction of competing products or technologies by other companies or market entries by new competitors; changing competitive dynamics (particularly in developing markets); the risk that new products or services will not be accepted by customers targeted by Siemens; changes in business strategy; the outcome of pending investigations, legal proceedings and actions resulting from the findings of, or related to the subject matter of, such investigations; the potential impact of such investigations and proceedings on Siemens' business, including its relationships with governments and other customers; the potential impact of such matters on Siemens' financial statements, and various other factors. More detailed information about certain of the risk factors affecting Siemens is contained throughout this report and in Siemens' other filings with the SEC, which are available on the Siemens website, www.siemens.com, and on the SEC's website, www.sec.gov. Should one or more of these risks or uncertainties materialize, or should underlying assumptions prove incorrect, actual results may vary materially from those described in the relevant forward-looking statement as expected, anticipated, intended, planned, believed, sought, estimated or projected. Siemens neither intends to, nor assumes any obligation to, update or revise these forward-looking statements in light of developments which differ from those anticipated.

ご質問はありますか?