本文へ移動

07 September 2011

BAE Systems Submarine Solutions社、潜水艦開発プログラム効率の最適化にTeamcenterを採用、シーメンスPLMソフトウェアと数百万ポンドに及ぶ契約を締結

【2011年9月7日 米国テキサス州PLANO発】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、潜水艦の設計・製造の世界的大手メーカーであるBAE Systems Submarine Solutions社(以下、BAE Systems)が次世代潜水艦の開発に、Teamcenter®を同社の標準システムとして導入する契約を今年3月に締結したことを発表しました。本契約により、BAE Systemsはこの重要な新規プログラムのライフサイクルを通して、生産性の向上、共通プロセスの確立、グローバルなコラボレーションの強化を図っていきます。

世界で最も広く利用されているPLMシステムであるTeamcenterは、BAE Systemsの製品開発プロセスの情報バックボーンとして、原子力潜水艦の設計、製造、就役、サポートにわたって作成されるすべての必要情報を管理することになります。BAE SystemsはTeamcenterを活用し、安全かつスケジュール通りに、またコストを抑えた形で潜水艦をイギリス海軍に納入するというビジネス戦略を加速させていきます。イギリスでは先ごろ、将来の核抑止力計画における全体の設計作業の開始を決定しました。

「当社は、製品納入の統合環境(IPDE)を構築する一環として、将来の核抑止力に向けた潜水艦開発プログラムに対しPLMアプローチを採用し、設計プロセスをより効率的かつ予測可能な形で管理していくことにしました。このプログラムは、現在のイギリスの産業界で最もチャレンジングな新製品開発プログラムのひとつです。PLMアプローチの採用にあたり、当社は徹底した選定プロセスを実施し、その結果、戦略的なPLMツールとして最終的にシーメンスPLMソフトウェアのTeamcenterを導入することに決定しました。シーメンスPLMソフトウェアは当社のパートナーとして最高のベンダーであり、さまざまなPLMツールセットに関する同社の技術と経験を活用できることを大変嬉しく思っております。この開発プログラムに大きな効果がもたらされるものと期待しています」と、BAE Systemsの次期潜水艦担当ディレクタのTony Johns氏は述べています。

「PLMに関してBAE Systemsと大型契約を締結し、同社の戦略的パートナーになれたことを大変嬉しく思っています。Teamcenterは、BAE Systemsのグローバルなコラボレーション・プラットフォームとして、すべてのエンジニアリング・データと製品データを単一のシステムで管理できるようにし、世界で最も高度な潜水艦の開発において、生産性の向上、イノベーションの創出、卓越性の追求という目標達成を支援していくことになります」と、シーメンスPLMソフトウェアのイギリス法人バイスプレジデント兼マネージング・ディレクタのRobin Hancockは述べています。

シーメンスPLMソフトウェアの造船業界におけるリーダーシップ

シーメンスPLMソフトウェアの業界随一のテクノロジは、数多くの造船メーカーとそのサプライヤによって、船舶や潜水艦の開発から製造、保守に至るコラボレーション、プランニング、設計、検証などに利用されています。シーメンスPLMソフトウェアの各種ソリューションは、複雑なエンジニアリング・チームと拡張サプライチェーンにわたってコラボレーションを管理し強化していきたいという大手造船メーカーの重要なニーズを満たします。シーメンスPLMソフトウェアは、製品ライフサイクルに関わるエンジニアリング・チームと他のすべての部門との垣根を取り払い、設計、解析、シミュレーションのデータにリアルタイムにアクセスできるようにして、造船業界における効率性の向上と大きなイノベーションの創出を支援しています。

BAE Systemsについて

BAE Systemsは、空軍、陸軍、海軍にあらゆる種類の製品とサービスを提供するとともに、高度なエレクトロニクス、セキュリティ、情報技術ソリューション、カスタマ・サポート・サービスまでも提供する、国防、セキュリティ、航空宇宙関連で業界トップのグローバル企業です。全世界で約105,000人の従業員を擁し、売上高は185億ポンド(344億米ドル)を超えています。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界6万9,500社のお客さまにサービスを提供し、約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約33,000人の従業員を擁し(9月30日現在)、2010年度の総売上高は62億ユーロを達成しています。詳細はwww.siemens.com/industryautomationをご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。Teamcenterは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

ご質問はありますか?