本文へ移動

15 June 2011

シーメンスPLMソフトウェア、Solid EdgeをはじめとするVelocity Seriesユーザに新しいアカデミック・プログラムへの参加を呼びかけ

【2011年6月15日 米国テキサス州PLANO】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェアは本日、優秀な次世代エンジニアの育成を目指して、Solid Edge® をはじめとするVelocity Series™ 製品ポートフォリオのユーザに新しいアカデミック・プログラムへの参加を呼び掛けていることを発表しました。この新しいアカデミック・プログラムは、製造業でますます必要とされる優秀な理工学系卒業生の人材確保のニーズに応えるものであり、シーメンスPLMソフトウェアは同社のユーザに実社会におけるエンジニアリングのベストプラクティスの提供を呼び掛けています。このプログラムを通して、最先端の製品設計ソフトウェアを使用して実社会に通用する実践的なエンジニアリング経験を積んだ学生の安定的な社会輩出が期待されます。

「当社のSolid EdgeやVelocity Seriesを使用しているお客様の中には、世界屈指のイノベーティブな製品を開発しているところが数多くあります。こうしたお客様は、製品設計プロセスですぐに役立つ適切なスキルと経験を有した理工学系の新卒者を発掘し、採用することがどれほど難しいかを知っています。だからこそ、最先端の製品設計テクノロジの使い方だけではなく、このテクノロジを実社会の問題解決に効果的に応用して、お客様に価値を提供できる独創的なソリューションの見つけ方も熟知しているユーザの密接な協力を仰ぐことが重要であると考えています。こうした豊富なナレッジを中心とした新しいエンジニアリング・カリキュラムを作成することは、教育機関、学生、製造業、そして当社のお客様にとっても真に大きなメリットとなることでしょう」と、シーメンスPLMソフトウェアのVelocity SeriesおよびSolid Edgeビジネス担当シニア・バイスプレジデント兼ジェネラル・マネージャのKarsten Newburyは述べています。

「エンジニアリングとテクノロジは、われわれの将来の鍵を握っています。シーメンスPLMソフトウェアと共に取り組んでいこうというこのプログラムは、若者の心に宿る創造力を駆り立て、今後数十年にわたって直面する優秀な人材の育成・確保という、まさにグローバルな製造業が抱えている大きな課題の解決に欠かせないものです」と、英国工学技術学会(IET)教育部会長のGareth James氏は述べています。

「David Brown社はギア製品と関連サービスを提供する大手メーカーとして、150年以上にわたってエンジニアリングの専門ノウハウを世界中の市場に提供してきました。当社には明確な将来ビジョンがあり、これまで蓄積してきたギアに関する豊富なノウハウを持続可能なものとし、将来を形作るテクノロジと人にそれを応用して広めることに努めています。社内の人材研修開発プログラムであるGear Academyをはじめ、地元の学校や大学と共同して、実社会の実情やデータに基づく確かなエンジニアリング・カリキュラムを積極的に提供するなど、企業の将来への投資を大きく行っています。当社はSolid Edgeの長年のユーザとして、この新しいSolid Edgeアカデミック・プログラムの可能性に大いに刺激されています」と、David Brown社のグループ・テクノロジ担当ディレクタであるGraham Penning氏は述べています。

本日発表されたアカデミック・プログラムは、ソフトウェア供与の総額で業界トップを誇るシーメンスPLMソフトウェアの定評ある GO PLM™イニシアティブの枠組みで展開されます。GO PLMイニシアティブは、世界で約11,000ヵ所の教育機関で毎年学ぶ100万人以上もの学生にPLM技術を提供しています。小学校から大学院工学研究課程まで、あらゆる教育レベルに提供しています。

Solid Edgeをはじめ、Velocity SeriesのFemap™、Teamcenter® Express、CAM Express などのソリューションを使用しているユーザは、http://www.plm.automation.siemens.com/ja_jp/products/velocity/academic-programs/solidedge.shtmlで詳細をご覧になるか、各地域のSolid Edgeアカデミック・プログラム・チームに直接電子メールを送付してお問合せください。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界6万9,500社のお客さまにサービスを提供し、約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約33,000人の従業員を擁し(9月30日現在)、2010年度の総売上高は62億ユーロを達成しています。詳細はwww.siemens.com/industryautomationをご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴはSiemens AGの登録商標です。Femap、GO PLM、Solid Edge、TeamcenterおよびVelocity Seriesは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:03-5354-6700
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm
Twitter:http://twitter.com/SiemensPLM_JP