本文へ移動

04 April 2011

米CRN誌、シーメンスPLMソフトウェアのチャネル・パートナー・プログラムとリーダーシップを高く評価

【2011年4月4日 米国テキサス州PLANO発】

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、 シーメンスPLMソフトウェア は本日、米 CRN誌より「5-Star Partner」を5年連続取得し、さらにシーメンスPLMソフトウェアのグローバル・ソリューション・パートナー・セールス担当バイスプレジデントであるKerry Grimesが「Channel Chief Award」を4年連続受賞したことを発表しました。

エンドユーザに製品とサービスを直接販売しているソリューション・プロバイダ向けのチャネル・パートナー・プログラムに関して、シーメンスPLMソフトウェアは北米トップITベンダーの1社に選ばれました。シーメンスPLMソフトウェアは、ITインテグレータ、販売代理店、コンサルタント会社に提供しているチャネル・パートナー・プログラムへのコミットメントとその強化が評価され、「5-Star Partner」を取得しました。これにより、シーメンスPLMソフトウェアの チャネル・パートナー・プログラム はエンタープライズ向けソフトウェアのトップ・ベンダーの中でも最上位にランキングされたことになります。

Everything ChannelのCRN誌の「5-Star Partner」の格付けは、チャネル・プログラムを通してソリューション・プロバイダと優れたパートナー関係を構築しているベンダーに付与されます。「5-Star Partner」の格付けは、選ばれたベンダーの中から総合評価が最も高いチャネル・プログラムに授与されます。この表彰により、ソリューション・プロバイダは最高のプログラムを提供しているベンダーとその際立った特長を知ることができます。

「2011 Partner Programs Guideにリストされた企業は今日最も優れたチャネル・プログラムを提供している企業ばかりですが、チャネル・プログラムへのコミットメント、プログラムの内容とサービスの充実度において5つ星を獲得できた企業はほんの数社です。シーメンスPLMソフトウェアのような5つ星を獲得した企業は、テクノロジだけではチャネル・プログラムを成功させることはできないと認識しています。包括的なパートナー・プログラムの提供にフォーカスすることでベンダーとプロバイダは共に協力し合い、ビジネスチャンスを創出し、収益を上げることができるのです」と、Everything ChannelのCRN誌編集長兼バイスプレジデントのKelley Damore氏は述べています。

シーメンスPLMソフトウェアが「5-Star Partner」を取得したポイント

今回の評価の一環として、Everything ChannelはシーメンスPLMソフトウェアの2010年におけるチャネル・パートナー・プログラムの活動を評価し、チャネル・パートナーにインタビューして、パートナーのニーズをどれだけ満たしているかを調査しました。

2010年、シーメンスPLMソフトウェアはグローバルな行動基準を作成・発表し、パートナー各社と社内のチャネル・マネージャを対象に広範なトレーニングを実施しました。また優秀な成績を収めたパートナーを称える、新しい シーメンス・パートナー報酬プログラム も導入しました。さらに、グローバル・チャネル・マネージャを対象に包括的な生産性向上計画を始動して、チャネル・マネージャの職務の効率性向上に努めているほか、Everything ChannelのInstitute for Partner Education and Development(IPED)と共同して、業界のベスト・プラクティスをパートナーのマーケティング活動に採り入れる地域別のマーケティング・トレーニング・ワークショップも開催しています。

シーメンスPLMソフトウェアのチャネル・パートナーとして、業界屈指の設計、製造、テクニカル・コミュニケーションのソフトウェアを顧客の業務プロセスに実装し、顧客の生産性の向上、イノベーションの創出、競争優位性を支援して急成長を遂げている VMH International 社は、Everything Channelのインタビューを受けたパートナー企業の1社です。

「シーメンスPLMソフトウェアのチャネル・パートナー・プログラムは、競争の激しい今日の環境で力を付けていくためのさまざまな実践的なリソースを提供してくれます。シーメンスPLMソフトウェアは、これまでにない数多くの方法で数多くの市場の顧客を獲得するには、チャネル・パートナーを活用することが重要であることを十分認識しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品はどれも実践的でコスト・パフォーマンスに優れ、顧客の製品開発プロセスに大きな価値をすぐにもたらすことができます」と、ミズーリ州に本社を置くVMH International社のCEOであるVern Heyer氏は述べています。

「シーメンスPLMソフトウェアは、当社の営業活動に資する多種多様なマーケティング・サポートの提供をはじめ、シーメンス・パートナー報酬プログラムのような新しいイニシアチブも導入するなど、常に大きく前進していて、私たちに報いてくれています。当社のマーケティング部門は、包括的で充実したマーケティング・プログラムや、パートナー・ポータルに用意されている多種多様な販促資料を有効活用できるだけでなく、効率的な申請プロセスを通して市場開拓費用をシーメンスPLMソフトウェアと分担することもできるのです。シーメンスPLMソフトウェアの経営陣はパートナー企業を心から大切に思い、その成功を願ってくれており、このことが非常に良好な関係を作り上げているのです。当社のお客様に適した優れた製品群と優れたチャネル・プログラムの組み合わせは、チャネル・パートナーの収益を創出するプログラムと言えます。シーメンスPLMソフトウェアが5-Star Partnerに選出されたことを心から祝福いたします」と、Vern Heyer氏は述べています。

「当社のチャネル・プログラムの成功、チャネル・パートナーの優れた業績、そして、チャネル・パートナーの営業スタッフにインセンティブを与え報酬が上積みされていくというマイレージ・サービスに似た、チャネル・パートナーの営業スタッフ向けプログラムである、シーメンス・パートナー報酬プログラムをはじめとし、昨年実施したパートナー・プログラムの活動強化がこうした賞の受賞につながったことを大変喜ばしく思っています。間接的な売上を伸ばしてくれるチャネル・パートナーの貢献度はますます強まっています。第1四半期における間接的なライセンス収入の総額は昨年比40%以上の増加を見せ、当社のソフトウェア・ライセンス収入の総額の35%以上を占めるまでに成長しています。さらに、2005年以来毎年、間接的な関係から生まれるビジネスも大きく増加し、チャネル・パートナーだけでなく、チャネル・パートナーの顧客にもこのパートナー・プログラムが強く支持されていることを物語っています。これからもチャネル・パートナーの成功に力を注いでいくとともに、この受賞を可能にしてくれた当社のパートナー企業に感謝の意を表します」と、Kerry Grimesは述べています。

Kerry Grimes、Channel Chief に選出

5-Star Partnerの格付けに加え、Everything ChannelはKerry GrimesにChannel Chief Awardを授与しました。 これにより、Kerry Grimesはソリューション・プロバイダの事業推進に欠かせないパートナー・プログラムを主導する選りすぐりのチャネル管理者紳士録に名を連ねることになりました。Everything ChannelのChannel Chief Awardは、チャネル担当エグゼクティブの就任期間、チャネル・プログラムの規模の拡大、2010年度の業績、次年度のチャネル・パートナーに向けた優先事項などをもとに決定されます。

「KerryはシーメンスPLMソフトウェアが進めるビジネスの変革に大きく貢献しています。当社のチャネル・プログラムはKerryのリーダーシップの下、その充実度、機能性、革新性において進化を続けています。現在、世界屈指のチャネル・パートナーと協力して、急成長を続ける巨大なミッド・マーケットへのPLMの普及に尽力しています。PLMが顧客の増加するニーズに応えて進化してきたように、当社のチャネル・プログラムも進化を続けています」と、シーメンスPLMソフトウェアのグローバル・セールス/サービス担当エグゼクティブ・バイスプレジデントのPaul Vogelは述べています。

Everything Channelについて

Everything Channelは、ITチャネルに特化したイベント、メディア、リサーチ、コンサルティング、販売/マーケティング・サービスを提供しているトップ・プロバイダです。30年以上に及ぶ経験と実績を有し、チャネルに関する卓越した専門知識を活かして、パートナーの募集、トレーニング、市場開拓戦略を担うテクノロジ担当エグゼクティブに統合ソリューションを提供し、テクノロジの売上向上を支援しています。Everything ChannelはUnited Business Media Limitedのグループ企業です。Everything Channelの詳細については、 http://www.everythingchannel.comをご覧ください。ツイッターのフォローは、 http://twitter.com/everythingchnlをご覧ください。

United Business Media Limitedについて

United Business Media Limited(UBM)は、世界に向けた情報発信とターゲティング配信およびモニタリングと、B2Bのコミュニティと市場の開拓と事業化を主な事業にしています。これらの事業を通して、医者からゲーム開発者、ジャーナリスト、宝石商、農業従事者、薬剤師に至るまで、それぞれ専門の商業コミュニティを対象に、イベント、オンライン情報、出版、ビジネス情報製品を総合的に提供してコミュニティの事業支援を行っています。世界30ヵ国以上に6,500名のスタッフを配し、専門家チームがこれらのコミュニティの売り手と買い手を結びつける事業支援を行い、効率的な効果的な市場の形成に努めています。詳細については、 www.ubm.comをご覧ください。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界6万9,500社のお客さまにサービスを提供し、約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約33,000人の従業員を擁し(9月30日現在)、2010年度の総売上高は62億ユーロを達成しています。詳細は www.siemens.com/industryautomationをご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:03-5354-6700
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm
Twitter:http://twitter.com/SiemensPLM_JP