20 October 2010

シーメンスPLMソフトウェア、世界に通用する製品開発のさらなる生産性向上を目指したFemap最新バージョンをリリース

【2010年10月20日 米国テキサス州PLANO発 】 

シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットであり、製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェアや関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダである、シーメンスPLMソフトウェア は本日、PCベースの各種PLMソリューションから構成される Velocity Series™ 製品ポートフォリオ の有限要素モデリング・コンポーネントである Femap™ の最新バージョンをリリースすることを発表しました。Femapバージョン10.2は、25年に及ぶ卓越した実績からくる高性能を誇りながら、操作を簡単に覚えることができます。

Femap バージョン10.2は、エンジニアがメッシュ・モデルを迅速かつ簡単に作成して、有限要素解析(FEA)による製品性能のシミュレーションと解析を簡単に実行できるようにします。最新バージョンには、モデルの精度を上げ、解析結果をビジュアルで評価できるユニークな機能が搭載されています。また、複雑な工業用部品、アセンブリ、システムの構造的、動的、熱的性能の解析に必要な高精度モデルの作成プロセスを効率化して、生産性のさらなる向上を目指しています。

「Femapは、その高度な有限要素モデリング機能と、業界随一のNastranソルバーとのクラス最高の統合性で世界中のエンジニアから高く評価されています。最新バージョンでは、ユーザビリティがさらに改善され、インタラクティブなモデリング機能と解析機能が拡張されており、製品開発の生産性を向上させることができます。Femapは、業界標準ソルバーである NX Nastran との統合により、簡単に使える世界屈指の解析ソリューション、すなわち、私たちが呼ぶところの“真のFEAを簡単に実行できる”ソリューションになっています」と、シーメンスPLMソフトウェアのVelocity Series製品開発担当バイスプレジデントであるBill McClureは述べています。

迅速で簡単、高精度なモデリングと解析機能

Femap バージョン10.2には、ユーザの声を直接反映させた数多くの機能拡張をはじめ、プリプロセッシング・モデルの作成からソルバーとの連携、ポストプロセッシング・データの処理、表示、解析に至るCAEプロセス全体を改善する独自の新機能が各種搭載されています。Femap バージョン10で初めて導入されたインタラクティブなメッシング・ツールボックスにも、有限要素モデルを迅速かつインタラクティブに作成できる機能が追加されています。また、穴やサーフェスなどのフィーチャを移動すると、それに応じてメッシュ・モデルが自動的に更新される、新しいフィーチャ編集機能も追加されています。

さらに、新しいトポロジー最適化機能では、利用可能な設計包絡線全体を包含する材料に荷重や拘束を掛けて、不要な材料を取り除き、形状を最適化して、その結果、重量を最小化し、剛性を最大化することができます。この機能で作成された形状はその後の操作の基準形状となり、最終設計に辿り着くまでの時間を大幅に短縮します。

Femap バージョン10.2には、ビーム要素を操作するための強力な新機能や、ポストプロセッシングの解析プロセスのスピード化と精度向上を実現させるいくつもの機能拡張も行われています。たとえば、ビーム断面に応力境界を迅速かつ簡単に表示できるようになるなど、時間を掛けて解析を繰り返す必要もなくなり、問題領域を実に簡単に特定できるようになります。さらに、リカバーされた出力データを短時間で処理できるなど、データ処理速度もさらに高速になりました。また、ユーザ・インターフェースに新しく導入されたポストプロセッシング・ツールボックスには機能的要素がまとめられており、操作性がさらに向上します。

シーメンスPLMソフトウェアのオープンなビジネス・モデルに基づいたFemapは、業界主流のすべての有限要素解析ソルバーと互換します。Femap バージョン10.2では、すでに確立したNastran®との比類ない統合性をさらに推し進め、NX Nastranの新しい「エッジとフェース間の接触フィーチャ」をサポートするようになりました。ソルバーとのこうした高度な統合や機能のサポートによって、Femapは、どんなエンジニアリング環境であろうと、高精度な解析と相互運用性を実現します。

シーメンスPLMソフトウェアについて

シーメンスPLMソフトウェアは、シーメンス産業オートメーション事業部のビジネスユニットで、PLM(製品ライフサイクル管理)ソフトウェアおよび関連サービスにおいて世界をリードするPLMプロバイダです。これまで世界6万3,000社のお客さまにサービスを提供し、約670万ライセンスにおよぶソフトウェア販売実績を上げています。米国テキサス州プラノを本拠地として、数多くの企業と協働して、豊富なアイデアを価値ある製品に変えるオープンなソリューションを提供しています。シーメンスPLMソフトウェアの製品やサービスに関する詳細は www.siemens.com/plmにてご覧いただけます。

シーメンス産業オートメーション事業部について

シーメンスインダストリーセクターに属するシーメンス産業オートメーション事業部(ドイツ・ニュルンベルク)は、オートメーション・システム、工業用制御機器、産業用ソフトウェアの分野で世界をリードしています。製造・加工業界向けの標準製品から、自動車生産設備や化学工場全体の自動化を含む全産業、全システムに向けたソリューションまで、その取り扱い品目は多岐にわたっています。産業オートメーション事業部は業界屈指のソフトウェア・サプライヤとして、製品の設計、開発、製造、販売、各種保守サービスに至るまで、製造企業のバリューチェーン全体を最適化します。シーメンス産業オートメーション事業部は全世界で約39,000人の従業員を擁し(2009年9月30日現在)、2009年度の総売上高は70億ユーロを達成しています。詳細は www.siemens.com/industryautomationをご覧ください。


注意:SiemensおよびSiemensのロゴは、Siemens AGの登録商標です。Velocity Series、NX、およびFemapは、米国およびその他の国におけるSiemens Product Lifecycle Management Software Inc.またはその子会社の商標または登録商標です。NASTRANは、National Aeronautics and Space Administrationの登録商標です。その他の商標、登録商標、サービス・マークはそれぞれ各所有者に帰属します。

【お客様からのお問い合わせ先】
シーメンスPLMソフトウェア お問い合わせ窓口
Tel:03-5354-6700
E-Mail:jp_marcom.plm@siemens.com
URL:http://www.siemens.com/plm
Twitter:http://twitter.com/SiemensPLM_JP

 

ご質問はありますか?