本文へ移動

Erlangen, Germany, 09 May 2019

HPとシーメンス、デジタル・マニュファクチャリングを進展させるため、アディティブ・マニュファクチャリングで提携を深化

HP and Siemens announced an expansion of their strategic alliance to help customers transform their businesses with industrial additive manufacturing (AM). The extended partnership was announced at an event to celebrate the addition of a new Polymer Competency Center to the Siemens Additive Manufacturing Experience Center (AMEC) in Erlangen, Germany. Picture from right to left: Klaus Helmrich, Member of the Managing Board of Siemens AG and CEO Digital Industries, and Christoph Schell, President, 3D Printing and Digital Manufacturing, HP Inc.

  • HPの最新産業用3Dプリンティング・システムのHP Jet Fusion 5200シリーズとシーメンスのデジタル・エンタープライズ・ソリューションを統合
  • 製品、製造、パフォーマンスのデジタルツインをMindSphere上で実現することで、プラスチック部品の中規模レベルの連続生産が可能に
  • 自動車メーカーや産業機械メーカーが高品質な3Dプリント部品を迅速に製造できるよう両社が協業。ユニークな製品設計、新しいアプリケーション、そしてデジタル・ファクトリーの実現を支援
  • シーメンス、工業規模の3Dプリンティングに適した新しいアプリケーションを開発・促進するためにAdditive Manufacturing Experience CenterにPolymer Competency Centerを新設
シーメンスAGの取締役兼Digital IndustriesのCEOであるKlaus Helmrichは、「当社はHPとの協業拡大を非常に喜んでいます。様々な業界の企業にとって革新的なパートナーシップとアディティブ・マニュファクチャリングのような最先端技術は、デジタル・トランスフォーメーションの実現に欠かせません。シーメンスとHPは将来を見据えて両社の最高技術を持ち寄り、産業用アディティブ・マニュファクチャリングの導入を加速させ、デジタル・マニュファクチャリングの柔軟性、効率性、迅速性を向上させる、業界に特化した完全ソリューションを共に提供してまいります」と述べています。
 
HPの3Dプリンティング&デジタル・マニュファクチャリング担当プレジデントであり、エグゼクティブリーダーシップチームのメンバーのChristoph Schell氏は、「高性能部品やパーソナライズ製品、3D連続生産を実現するため、シーメンスとパートナーシップを組めることを光栄に思います。HPとシーメンスは、デジタル・マニュファクチャリング・システムは変化を促進するものであるというビジョンを共有しています。拡張したソフトウェアやデータ、サービス、産業用生産ソリューションは、新しい生産能力、革新的なアプリケーション、そして画期的なビジネス成果をお客様にもたらします」と述べています。
 
シーメンスとHPが進める拡張アディティブ・マニュファクチャリング・システムは、ハードウェアとソフトウェア、データ・インテリジェンス、サービスを統合し、設計からシミュレーション、製造計画、実行、品質、管理にわたる製造プロセス全体の効率性を最適化しようというものです。それぞれの業界をリードする両社が手を携えて実現しようとするこの統合クローズドループ環境は、設計から3Dプリンターによる部品の連続生産に至るあらゆる局面を効率化します。しかもこれまで以上に大規模かつ高品質で、廃棄物も削減します。
 
「シーメンスはソリューションとサービスのプロバイダーとして、3Dプリンティング・システムの構築を支援する材料や製造プロセスに関する専門知識を持った強力なパートナーとの協業を求めていました」とKlaus Helmrichは説明しています。
 
新しいソリューションの構成内容は、HP Jet Fusion 5200を含むHPの3Dプリンティング/3Dデータ・プラットフォームに加え、Siemens Digital Industries SoftwareのNX CAD/CAEソフトウェア、ダイレクト・プリンター・インターフェースを備えるNX AM for HP Multi JetFusionソフトウェア・モジュール(HP MJF 5200対応認証をHPより取得し、今年後半リリース予定)、さらにTeamcenter for PLM、Tecnomatix Plant Simulation、Simatic IT製造実行システム、パフォーマンス・アナリティクスや産業用IoTのためのMindSphereとなります。HPとシーメンスは、両社が推し進めるデジタル・マニュファクチャリング・イノベーションをユーザーが確実に利用できるよう、今後の技術ロードマップを調整していきます。
 
HPのChristoph Schell氏は、「HPとシーメンスは2016年に策定したビジョンに基づいて活動しており、今日、HPの3Dプリンティング・システムとデータ・インテリジェンス、ならびにシーメンスのアディティブ・マニュファクチャリング・ソリューションが進展したことから、これらを統合したエンド・ツー・エンドのソリューションが、高品質な部品を3Dプリンターで効率的に大量生産できるレベルに達したと判断しました」と述べています。
 
両社の協業には、新設されたシーメンスのPolymer Competency Centerが大きな役割を担うことになります。このセンターを拠点とし、両社は自動車メーカーや産業機械メーカーと協力し、ユニークな製品設計を行い、3Dプリント部品を迅速に市場投入し、アディティブ・マニュファクチャリングの可能性を最大限に引き出すデジタル・ファクトリー環境を構築します。
 
フォルクスワーゲンの技術計画・開発部門の責任者であるMartin Goede氏は、「当社はHPともシーメンスともパートナー関係にあり、産業用アディティブ・マニュファクチャリングのパワーを解き放つために両社のマーケットリーダーたちが力を合わせて取り組んでくれることを楽しみにしています。当社は世界最大の自動車グループのひとつとして、デジタル・マニュファクチャリングの技術がイノベーション・サイクルを短縮させ、新製品の市場投入を加速させ、製造効率と持続可能性を向上させる絶大な機会を提供してくれるものと見ています。HPとシーメンスが協業して、3Dプリンティングの数多くの用途を探求し、優れたエクスペリエンスを当社のお客様にご提供できることを楽しみにしています」と述べています。
 
HPとシーメンスは両社の顧客と共に、当初はパーソナライゼーションや流体力学の最適化、エネルギー吸収などの分野でエキサイティングな新しいアプリケーションを探求していく予定です。
 
Siemens Digital Industries Softwareについて
Siemens Digital Industries Softwareは、製造業がイノベーションを実現するための新たな機会を創出し、産業のデジタル変革を牽引するソフトウェア・ソリューションを提供して世界をリードするグローバル・プロバイダーです。米国テキサス州プラノを本拠地とし、これまで世界140,000社以上のお客さまにサービスを提供しています。Siemens Digital Industries Softwareは、あらゆる規模のお客様と協働して、アイデアの実現方法、製品の実現方法、稼働中の製品や設備資産の有効活用と状況把握の方法を変革できるよう支援しています。Siemens Digital Industries Softwareの製品やサービスに関する詳細はwww.siemens.com/plmにてご覧いただけます。
ご質問はありますか?