Martin O’Brien

統合電装システム担当シニア・バイスプレジデント


マーティン・オブライエンは2001年にメンター・グラフィックスに入社後、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアに移籍しました。統合電装システム事業の立ち上げに携わり、現在は同部署のシニア・バイスプレジデントに就任しています。複雑な車載システムを設計・製造・保守するためのソフトウェアの製品ビジョン、開発、マーケティングの責任者を務めます。オブライエンが手掛けたソフトウェアは、航空宇宙および自動車市場における主力製品として、世界中の大手自動車メーカーやTier 1サプライヤー各社に採用されているほか、多数の周辺業界でも存在感を発揮しています。

オブライエンは、Tyco Electronicsでグローバル営業ディレクターを務めた後、メンターに入社しました。それ以前は、Raychemにて研究開発、製品管理、マーケティングのディレクターを歴任し、製品の立ち上げから製品化 / 市場開拓にいたる製品成熟プロセスの深い経験を有しています。英国に拠点を置き、ブルネル大学で材料科学の博士号を取得しました。


About シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア

未来のエンジニアリング、製造、そして電気・電子設計の形を今実現するデジタル・エンタープライズへの変革を可能にすること。それことが、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアが推進しているトランスフォーメーションです。Xceleratorは、あらゆる規模の企業がデジタル・ツインを構築して活用できるよう後押しすることで、新たな知見と機会を獲得し、さまざまなレベルの自動化とイノベーションの実現を推進します。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの製品とサービスについての詳細は、 sw.siemens.com をご覧ください。または、 LinkedInTwitterFacebookInstagramをフォローするうと、最新情報をご確認いただけます。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア – Where today meets tomorrow