Derek Roos

Mendix CEO 兼 共同設立者


ディレック・ルーシュは2005年にMendixを共同設立しました。CEOとして、ビジネスとITのコミュニケーションの隔たりを無くすという使命を掲げ、ソフトウェア業界のエキスパートからなる先駆的なチームを率いてビジネスアプリケーション開発を大幅に容易化、高速化し、連携を可能にしました。著しい成長を収めたMendixは、可視性に優れたローコードソフトウェア開発環境をエンタープライズに提供することで、世界を牽引する企業が革新と差別化を実現する方法に破壊的な変化をもたらしています。

ルーシュ率いるMendixは2019年、世界最大の産業製造企業であるSiemens AGによって730百万ドルで買収されました。買収によって、世界中に広がるシーメンスの膨大なリソースと顧客フットプリントを手にしたMendixはさらに成長を加速させています。Mendixは、ルーシュのもとで世界水準のアプリケーション開発するためのプラットフォームとエコシステムを拡張してきたほか、エンタープライズ型ローコード開発を通じて最先端のソフトウェアを開発する先見的な開発者 (シチズンデベロッパーを含む) の顧客ベースを拡充してきました。Mendixは今日、シーメンスのすべてのクラウドソリューションに対応した主要アプリケーションプラットフォームに位置付けられています。また、Gartner Magic Quadrantのアナリストが選ぶローコード開発パイオニアに何年にもわたって選出されるなど、先見性のあるリーダーシップが高く評価されています。Mendixプラットフォームは4,000社超のエンタープライズのお客様と100,000名の開発者に使用され、2019年の経常収益は$100Mを突破しました。

ルーシュは、エラスムス・ロッテルダム大学の経営管理学を専攻し、理学修士号を取得しました。ITカンファレンスの講演者や複数の大学における客員教授も務めます。2012年にはアーンスト・アンド・ヤング主催の起業家オブザイヤー、2019年にはオランダで最も著名なIT賞であるコンピュータブルアワードのCxOオブザイヤーを受賞しました。


About シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア

未来のエンジニアリング、製造、そして電気・電子設計の形を今実現するデジタル・エンタープライズへの変革を可能にすること。それことが、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアが推進しているトランスフォーメーションです。Xceleratorは、あらゆる規模の企業がデジタル・ツインを構築して活用できるよう後押しすることで、新たな知見と機会を獲得し、さまざまなレベルの自動化とイノベーションの実現を推進します。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの製品とサービスについての詳細は、 sw.siemens.com をご覧ください。または、 LinkedInTwitterFacebookInstagramをフォローするうと、最新情報をご確認いただけます。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア – Where today meets tomorrow

ご質問はありますか?