Bob Haubrock

製品エンジニアリング・ソフトウェア担当シニア・バイスプレジデント


ボブ・ハブロックは、シーメンスデジタルインダストリーズのビジネス・ユニットであるシーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの製品エンジニアリング・ソフトウェア担当シニア・バイスプレジデントです。 チーム・メンバーとともに、NX設計ソリューションをはじめとするすべてのNXソリューションの基盤を成すNXプラットフォームの開発と提供に取り組んでいます。
 
ハブロックは製品ライフサイクル管理業界で35年以上の経験を有し、そのキャリアのスタートはStructural Dynamics Research Corporation社 (SDRC)でした。同社は後にUGSに買収され、その後UGSがシーメンスによって買収されました。SDRCでは、CAE製品開発のディレクターを務めた後、アジア太平洋地域における自動車業界担当プレジデントとして東京に赴任し、マツダやGMアジア法人、フォードおよび日産向けのソフトウェア移行プロジェクトを指揮してきました。
 
2002年にNX製品開発、マーケティング、製品定義および事業開発担当バイスプレジデントとして開発部門に戻り、現職に至ります。
 
オハイオ州のシンシナティ大学では機械工学を専攻しました。現在はオハイオ州ミルフォードにあるオフィスを拠点とし、3人の子どもたちと暮らしています。


About シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア

未来のエンジニアリング、製造、そして電気・電子設計の形を今実現するデジタル・エンタープライズへの変革を可能にすること。それことが、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアが推進しているトランスフォーメーションです。Xceleratorは、あらゆる規模の企業がデジタル・ツインを構築して活用できるよう後押しすることで、新たな知見と機会を獲得し、さまざまなレベルの自動化とイノベーションの実現を推進します。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアの製品とサービスについての詳細は、 sw.siemens.com をご覧ください。または、 LinkedInTwitterFacebookInstagramをフォローするうと、最新情報をご確認いただけます。シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェア – Where today meets tomorrow