本文へ移動

品質管理システム (QMS)

メーカーは、製品が許容誤差内で製造されており、適用されるすべての規格に準拠し、不良が含まれていないことを保証するため、品質管理システム (QMS) を使用して品質プロセスをデジタル形式でモニタリング、管理、ドキュメント化します。品質管理システム (QMS) ソフトウェアは、高いコスト効率で品質の問題を管理しつつ、製造とERPのオペレーションを合理化するのに必要な手順、プロセス、構成、リソースを提供します。品質管理システム (QMS) を効果的に統合し、エンタープライズのあらゆるところで発生する事象をプロアクティブに監視するクローズドループの品質プロセスの一部とすることで、品質的な問題が顕在化する前に特定できます。発生する事象としては、サプライヤーの問題、製造不適合、クレーム、サービス、監査など、ローカルなものとグローバルなものの両方があります。

品質管理システム (QMS)

品質管理システム (QMS) をクローズドループの品質システムの一部として効果的に統合することで、品質的な問題が顕在化する前に特定できます。

品質管理システム (QMS) とクローズドループの品質向上

品質管理システム (QMS) を製造実行システム (MES) などのインテリジェントな製造管理システムと直接連携すると、単なるプロセスの監視とアラートにとどまらず、リーンやシックスシグマなどの品質プログラムを適用させて、社内または業界の規制に確実に準拠させることができます。つまり、品質管理システム (QMS) は製品品質の持続的な向上と有害事象の発生を防ぎます。製造管理、品質管理、情報管理を一元化するアプローチを採用した品質管理システム (QMS) は、製品とプロセスの品質を高めるクローズドループソリューションの一部として機能します。 

より一元化された品質管理システム (QMS) は、リアルタイムでの監視をしやすくするだけでなく、グローバルな製造拠点や非製造拠点で発生しそうな事象を予期し、予防することさえ可能になります。品質管理システム (QMS) を製造実行システム (MES) などのインテリジェントな製造管理システムと直接連携させて、リスクの迅速な特定、封じ込め、評価、是正、予防に活かすことにより、リコール件数、範囲、影響を最小化します。

品質管理システム (QMS) でできること

品質管理システム (QMS) を使用すると以下のことが可能です。 

  • 世界各地に分散するオペレーションのグローバルな可視化
  • コンプライアンスを遵守したプロセスの徹底
  • 事象の監視と傾向の早期エスカレーション
  • グローバルなリスク管理
  • 不審なアイテムの自動封じ込め
  • インテリジェントな根本原因解析
  • 品質保証の自動化
  • ベストプラクティスの適用
  • エンタープライズ規模への拡張性 

品質管理システム (QMS) と製造実行システム (MES) の統合で以下のことが可能です。

  • 社内および業界の規則への確実な準拠
  • リーンやシックスシグマなどの品質プログラムの適用
  • 有害事象件数の削減
  • 工数の簡素化と有害事象に対する有効な解決策の確実な実施
  • 廃材の削減、付加価値を生まない活動の排除

品質管理システム (QMS) の利点

品質管理システム (QMS) と製造実行システム(MES) の統合は、製造、製造、出荷後の用途、サービス情報を完全に可視化できるため、メーカーの事業戦略にとって重要です。こうした情報をナレッジとして得ることで、将来の製品設計に反映したり、製造立ち上げを早期化したりなど、製造手法を最適化できます。つまり、品質管理システム (QMS) の統合に成功したメーカーは、市場投入期間の短縮、製品リスクのリアルタイム評価、リコールやブランド力低下のリスクを最小化、品質とプロセスの向上、廃棄率の低下による製品単価コストの削減といったメリットを得られます。

そのほかの利点

  • 品質に関して社内外で発生する問題を削減する
  • 高品質の製品を一貫して生み出す
  • 品質管理オペレーションコストを大幅に抑える
  • 問題検知から問題予防に転換する
  • 内規および業界規則にスマートに準拠させる

ユーザー事例

業界標準への遵守で信頼されるSchlote GmbH & Co. KG

QMS

IBS QMSで製品開発、承認、試験および製造におけるコスト削減を実現

ご質問はありますか?