本文へ移動

製品ライフサイクル管理(PLM)ソフトウェア

製品ライフサイクル管理(PLM)は、エンタープライズにおけるデータ、プロセス、ビジネスシステム、そして究極的には人材を統合する役割を果たす情報管理システムです。PLMソフトウェアを使用することで、構想、設計、製造からサービス、廃棄に至るまでの製品ライフサイクル全体を通じて、この情報を効率よく高いコスト効果で管理できます。

PLM戦略

PLMは、情報戦略であると同時に、企業戦略であるとも見なせます。

情報戦略としては、PLMはシステムを統合することで、一貫したデータ構造を実現します。企業戦略としては、PLMは製品の設計、製造、サポート、販売終了を通じてグローバル企業を1つのチームにまとめ、その過程で得たベストプラクティスや教訓を共有できます。PLMにより企業は、製品ライフサイクルのあらゆる段階で、統一された情報駆動型の意思決定を実現できます。

シーメンスPLMソフトウェアは、プロセスのデジタル化だけでは不十分だと考えています。それでは、プロセスをデジタル方式で模倣し、段階的改良が可能になるだけだからです。必要なのはデジタライズです。それは、構想、実現、そして実用化といった各フェーズ間をデジタル・スレッドでつなぎ、そのデジタルな知識のスレッドにビジネスを先導する役割を果たさせることです。完全に最適化されたデジタル企業は、イノベーションを始める能力もイノベーションに対応する能力も優れています。

PLMソフトウェアのアプリケーション

PLMソリューションは、次の機能を持つ統合されたデジタル・プラットフォームを構築します。

  • 製品ライフサイクル全体にわたる組織全体での関係の最適化

  • さまざまなデータニーズをサポートする単一の記録システムを構築することにより、適切な人が適切な情報を適切なタイミングで、適切なコンテキストで参照可能

  • 製品ポートフォリオのライフタイム・バリューの最大化

  • 再現性の高いプロセスによる売上の増加