本文へ移動

製品データ管理(PDM)

製品データ管理(PDM)は、ソフトウェアを使用して、製品データとプロセス関連情報を一元管理します。この情報には、コンピューター支援設計(CAD)データ、モデル、部品情報、製造に関する指示書、要件、注記、ドキュメントなどが含まれます。

理想的なPDMシステムは、組織内の複数のアプリケーションや複数のチームがアクセスでき、ビジネス固有のニーズをサポートします。適切なPDMソフトウェアを選択すると、どの業界の企業も、PLMプラットフォーム全体に容易に展開できる強固な基盤を備えることができます。

その中核として、PDMシステムは、安全なデータ管理、プロセスの承認、構成管理のためのソリューションを提供します。

関連製品

安全なデータ管理

製品情報の取得、管理、提供

PDMシステムは製品情報を取得および管理して、情報が製品ライフサイクルを通して適切なコンテキストでユーザーに提供されるようにします。

ファイルの所有権、バージョン管理(ファイルのチェックインとチェックアウト)、リビジョンの管理、リリース状態はすべてPDMシステムによって管理されます。

セキュリティと管理機能は、役割管理、プロジェクトベースのセキュリティ、および関連するアクセス権限を通して知的財産を保護します。

プロセスの承認

主要な関係者が製品ライフサイクルに参加できる

ワークフローとプロセス機能により、社内製品チームと外部のパートナーの両方が製品ライフサイクルに参加できます。

PDMシステムを活用すると、変更計画(what-if解析)、変更内容の組み込み(実行)、変更の検証コミュニケーションに対する企業固有のベストプラクティスを反映する自動ワークフロー駆動型プロセスを確立して管理し、実行することができます。

また、PDMシステムは位相ゲートの標準など、確立されたその他のプロセスもサポートできます。

構成管理

BOMおよびライフサイクル情報を連携および同期する

PDMシステムは、完全な部品表(BOM)を管理および表示するために必要な可視性を提供します。PDMシステムはライフサイクルの全段階(設計、計画、構築、保守の各段階)におけるBOMデータの全ソースの連携および同期を促進します。 

PDMシステムには、変更前と変更後のBOMを確認できる変更管理機能が備えられています。

ライフサイクル・ビジュアライゼーションにより、製品とその基礎のアセンブリと部品を共有し、オンデマンドで表示できます。そのためのCADオーサリングツールや特別な技術知識は必要ありません。デジタルモックアップ機能により、コストのかかる物理的なプロトタイプの必要性を低下させることができます。

PDMの利点

プロジェクトマネージャー、エンジニア、販売担当者、購買担当者、品質管理チーム全員が、PDMシステムのナレッジの管理機能とレポート作成機能を活用し、そのメリットを享受できます。これらの機能により、企業では以下が可能になります。
  • 適切なデータの迅速な検索

  • 生産性の向上、開発サイクルの短縮

  • 誤った開発をなくし、コストを削減

  • バリューチェーンを改善

  • ビジネス要件や法令への対応

  • 運用リソースの最適化

  • グローバルチーム間の連携の強化

  • ビジネス上のより良い意思決定を実現するための可視性の提供

ご質問はありますか?