本文へ移動

モーダル解析

モーダル解析とは、構造試験または有限要素解析によるシミュレーションに基づいた、線形構造の動的特性の解析です。このような動的特性には、共振周波数(「固有振動数」とも呼ばれます)や、構造モード(「固有モード」)があります。動的特性は、構造の質量、剛性、減衰分布に依存し、運用荷重が作用したときの構造振動動作を決定します。線形構造システムのすべての変形は、構造モードの線形結合で表すことができます。構造モードは直交ベクトル基底を構成します。

モーダル試験は、データ収集と解析を組み合わせたものです。産業アプリケーションでは、プロセス全体をモーダル試験および解析、あるいは実験モーダル解析(EMA)と呼ぶことがあります。

モーダル試験および解析の結果は、振動応答計算、振動の問題の原因分析と損傷検出など、さまざまなシミュレーションおよびテストアプリケーションに使用されるだけでなく、マルチボディ解析の柔軟性の向上や、耐久性および振動音響シミュレーションの高速化にも役立ちます。モーダルベースの計算は非常に効果的であり、あらゆる種類の応答に対する構造の変化を効率的に評価できます。

モーダル解析の利点

構造試験または有限要素分析を通じて実行するモーダル解析
構造試験または有限要素分析を通じて実行するモーダル解析には、次のような効果があります。
  • 構造の振動方法の理解

  • シミュレーションモデルの相関とアップデート

  • 構造、振動音響、耐久性計算の高速化

  • マルチボディ・シミュレーション・モデルへの柔軟性

ご質問はありますか?