本文へ移動

インダストリー4.0

ドイツで生まれたコンセプトであるインダストリー4.0 (ドイツでは「Industrie 4.0」として知られる) は、しばしば第4次産業革命の到来を告げるとされるデータ駆動型・AI搭載のネットワーク化された「スマートファクトリー」を表すものとして使われます。インダストリー4.0が実現すると、製造プロセスと技術に次の変化が起こると考えられています。 

  • 物理的領域と仮想領域で人、機械、モノを広範囲にネットワーク化 (IoT: Internet of Things)
  • データの価値を掘り起こすツールやシステムを通じてデータを活用し、生産効率と柔軟性を向上 (デジタル・トランスフォーメーション)
  • 生産開始前の仮想テストで製品品質を向上させ、市場投入期間を短縮 
  • AIを使ったデータ駆動型の計画、生産、製造、保守管理 
インダストリー4.0

インダストリー4.0とは何か

スマートファクトリーの技術

インダストリー4.0の定義は1つではありませんが、インダストリー4.0にしばしば関連付けられるコンセプトとして、IoT (Internet of Things) やアディティブ・マニュファクチャリングデジタライゼーション、データとワークフローの融合、遠隔監視、複数領域にまたがるエンジニアリング、機械学習と予測解析による制御の自動化などがあります。

デジタル・イノベーション

Today Meets Tomorrow

デジタル・イノベーション

次世代のスマート製品は、現在の開発プロセスでは対応できない複雑な統合システムです。製造業のデジタル・ディスラプションを乗り越える鍵はインダストリー4.0にあります。