本文へ移動

幾何拘束ソルバー

幾何拘束ソルバーとは、寸法や拘束を司り、2D/3Dのジオメトリックフィーチャの位置を表現するためのソフトウェアコンポーネントです。 幾何拘束ソルバーにより、CAD上ではパラメトリックな履歴ベースのモデリングやダイレクト・モデリングが可能になり、設計を素早く行えるようになります。 


2D幾何拘束ソルバーにより、寸法値の変更やジオメトリのドラッグで、スケッチをすばやく修正できるようになります。 2Dソルバーは、フリーハンドのスケッチ中にも「オンザフライ」で動作し、幾何学的関係を正確に定義できます。 ラフなコンセプトスケッチを、すぐにCAD対応の図面にできるのです。 3D幾何拘束ソルバーにより、部品の形状制御や、アセンブリ中での位置決め、3Dのパイプ/配線などが可能になっています。