ジェネレーティブ・デザイン

ジェネレーティブ・デザインとは何か。

ジェネレーティブ・デザインの考え方そのものは比較的単純です。CADアプリケーションが提供する機能の1つであり、決められた制約条件に基づいて、アプリケーションが自動的に多数の設計案を提示してくれます。その間、エンジニアの指示や操作は不要なため、エンジニアは別の作業に時間を割くことができます。完了すると、エンジニアは複数の候補から精査する設計案を選びます。つまり、エンジニアが細かく注意を払わなくても、設計プロセスは迅速に進みます。

ジェネレーティブ・デザインの事例

シーメンスのNXで生成したジェネレーティブ・デザインの事例

ジェネレーティブ・デザインとトポロジーの最適化

ジェネレーティブ・デザインは、構造シミュレーションを実行し、材料の空き領域から荷重 - 重量を除去する トポロジー最適化などの主要機能に対応しています。シーメンスNX12は、 コンバージェント・モデリング技術に基づくトポロジー最適化を組み込んだ唯一のジェネレーティブ・デザイン・ソフトウェアです。コンバージェント・モデリングは、ファセットデータとB-repデータの組み合わせで統合3Dモデリング機能を実現します。このため、設計意図や完全性を犠牲にすることなくコンポーネントを軽量化できます。

エンジニアに力を与えるジェネレーティブ・デザインとファセットモデリング

ジェネレーティブ・デザインは、設計者と人工知能アルゴリズが連携し、製品のアイデアから数百もの設計案を生成して評価するCADエンジニアリングソフトウェアの機能です。ジェネレーティブ・デザインのプロセスは、プロジェクトの目標と制約を定義するところから始まります。以下のような設計パラメーターが含まれます。

  • 製品のサイズまたはジオメトリの寸法
  • 許容荷重と動作条件
  • 目標重量
  • 材料
  • 製造手法
  • 単価

ジェネレーティブ・デザイン・プロセスで構築する利点

ジェネレーティブ・デザインを使用することにより、エンジニアは通常よりもはるかに短い時間で数千にのぼる設計 (その多くは設計者だけでは考えつかなかったもの) を作成、シミュレーションできます。さらにもう1つの利点として、ジェネレーティブ・デザイン・プロセスは、高解像度アディティブ・マニュファクチャリングで鋳造または処理できる、高度にカスタマイズされた複雑な形状を最適なソリューションとして生成します。

Black Diamond Equipment Ltd.

境界のない製品設計

Black Diamond Equipment

スキーブーツ事業に新規参入したBlack Diamond Equipmentは、NXを使用して、50年以上の経験を持つ企業の製品よりも優れたフリーライドブーツを開発しました。