本文へ移動

コンバージェントモデリング

コンバージェント・モデリング・テクノロジーTMにより、ファセットデータとB-Repモデルを同じ3Dモデリング環境で利用できます。 この2つのデータフォーマットは異なる幾何学的な特性を持ち、用途に応じて使い分けられています。 ファセットデータは、三角形のメッシュによってサーフェスを近似します。生成されるデータセットが大容量になりがちであるという側面を持っています。 ファセットデータは、デジタルモックアップ、ゲーム、アニメーションなどのアプリケーションで利用されています。 B-Repデータでは、サーフェスを数学的に表現し、その結果、小さなデータで正確な形状を作れます。 B-Repデータは、エンジニアリングや製造用の3Dモデリングで使用されます。

3Dスキャン、位相最適化、3Dプリンティングのようにファセットデータを使用する技術が急速に普及してきています。それに伴い、ファセットデータをB-repを使っている3Dモデリングで使わなくてはならなくなることも増えています。 コンバージェント・モデリング・テクノロジーにより、これら両方のデータを1つの環境でまとめて3D製品モデリングすることで、データ変換に伴う複雑性、エラー、遅延は起きなくなります。

コンバージェントモデリングによるファセットデータとB-Repモデリングの統合

コンバージェントモデリングによるファセットデータとB-Repモデリングの統合

ソフトウェアアプリケーション

ソフトウェアアプリケーションでのコンバージェントモデリング
スキャン、3Dプリンティング、位相最適化などからのファセットデータを3Dモデリング環境に取り込む必要のある場合、NXやSolid Edgeなどのコンバージェント・モデリング・テクノロジーに基づくアプリケーションが有効です。

ソフトウェア開発キット

ソフトウェアコンポーネントとしてのコンバージェントモデリング
独立系ソフトウェアベンダーが自分の3Dモデリングアプリケーションでコンバージェントモデリングを利用する場合には、コンバージェント・モデリング技術が付属したParasolid(形状モデリングコンポーネント)のライセンスが必要になります。